« 2009/02/27 更新情報 「今月のオススメ」 | メイン | 数学B 高速トレーニング数列編 »

数学I 高速トレーニング2次関数編



大吉 巧馬 【著】

【出版社】東進ブックス
【ISBN】9784890854387
【定価】本体800円+税
【頁数】128頁+別冊80頁
【判型】A5判
Amazon_logo.gif

message.gif
本書は「2次関数」をはじめて学ぶ人、一からやり直そうとしている人のために書いた本です。
数学は、答えを導き出すために必要な正しい考え方(思考の手順)を学び、その考え方にしたがってトレーニングをすることが必要です。しかし、ほとんどの人は、
1. 正しい考え方が理解できず、とりあえずやり方を暗記する
2. 正しい考え方が理解できても、トレーニング不足でなかなか得点に結びつかない
のどちらかです。

 1のタイプの人は、はじめの方の簡単な問題は解けても、ちょっとひねった問題が出ると解けなくなります。”学校のテストは何とか平均点がとれるけど、模試になると全然解けない”というキミ! 数学はやり方を覚えるだけでは力はつきません。こわいかもしれないけど、いままでのやり方はすべて捨てて、この問題集でゼロから勉強をし直してください。でも、この問題集なら大丈夫!! 本書は正しい考え方が身につけられるよう、スモールステップで進んでいきます。また、その考え方にしたがってトレーニングを積めるよう、多くの問題を掲載しました。正しい考え方を身につければ、いままで解けなくて諦めていた問題がスラスラ解けるようになりますよ。
続きはこちら>>


■本書の構成と利用の仕方
 本書は、1Stepが見開きで構成されています。まず「解説」を読み、そこに書かれていることをしっかりと理解してください。解説が理解できたら、「練習」で理解度を測りましょう。しっかり理解できていれば、スラスラと問題が解けるはずです。ここで大事なのは、”スラスラ解ける”ということです。”公式は何だったっけ”などと考えながら解いているようであれば、もう一度、解説に戻ってください。大切なのは、理解する→すり込むです。
 わからなかったところ、間違えてしまったところにはチェックボックスにチェックを入れておき、一通り終わったあとに解き直してみましょう。また、別冊の「解答・解説編」を見て、正しい答えを導き出すための考え方を身につけてください。苦手なところは何度も解きましょう。それでも繰り返しつまずいてしまう場合は、そのStepを丸ごと復習してください。これが、弱点克服のための一番よい方法です。
 本書は、最低でも1日1Stepを毎日続けてください。いくら正しい考え方が身についたとしても、期間が空けば当然、忘れてしまいます。スラスラ進まない状態におといったときは、勇気を出して、いくつかStepを戻りましょう。小さな壁は、少し助走をつければ乗り越えられます。ときには、戻る勇気も必要です。

■光の見えないキミへ
 この問題集は、「2次関数」の中でも皆さんがよくつまずくところ、苦手としているところを主にとりあげています。私の長年の講師経験から、皆さんのつまずきのポイントを見極め、「2次関数」ができるようになるために、必ず知っておかなければならない項目をスモールステップでとりあげました。Stepをなるべく細かく分けたことで、1つ1つのStepを無理なく、より皆さんが理解しやすいよう工夫をしました。また、「2次関数」に苦手意識をもっている人も、正しい考え方を学び、同じような問題で何度も繰り返しトレーニングをすることで、自然と正しい考え方が体にすり込まれていくため、苦手意識がどんどん克服されていくはずです。もちろん、近年 の入試傾向を踏まえ、最新の入試問題もふんだんに盛り込みました。
 本書をやり終えたとき、”わかるようになった”ことを実感してもらえるはずです。さあ、一緒にはじめの一歩を踏み出しましょう。キミの成功はこの1冊からはじまります。

- Contents -
第1章 平方完成
第2章 x軸との共有点
第3章 方程式と共有点
第4章 判別式と頂点
第5章 不等式
第6章 不等式(応用編)
第7章 軸、頂点、端点
第8章 解に制限

『数学 高速トレーニング』シリーズ!
 →『数列 編』はこちら
 →『漸化式・群数列 編』はこちら
 →『指数 編』はこちら
 →『対数 編』はこちら
 →『三角比 編』はこちら
 →『三角関数編』はこちら
 →『平面ベクトル 編』はこちら
 →『空間ベクトル編』はこちら