« 名人の授業シリーズ 安河内の〈新〉英語をはじめからていねいに @入門編 | メイン | 2009/09/18 更新情報「新刊案内」 »

中高一貫 ハイステージ英語2





青柳良太(開成中学校・開成高等学校教諭) 【著】

【出版社】東進ブックス
【ISBN】9784890854585
【定価】本体1600円+税
【頁数】本冊264+別冊68+CD2枚付
【判型】A5判
Amazon_logo.gif


message.gif
 この本の読者の多くは英語を学び始めて1年ほど経ち、初級から中級へさしかかっていることと思う。どんな外国語の学習でも、最初の段階で強いられることは、その外国語の事実(=表現)を、ある部分、「理屈」(=文法)抜きで頭に入れる作業である。そしてある程度その知識が溜まったところで、今度は「理屈」を学び、それを通して知識を整理し、さらに高みを目指して、足元を踏み固めながら歩みを進めることになる。中2という段階においては、その「理屈」が少し、込み入ってくる。だがその込み入った「理屈」こそがこの先の勉強にとって非常に大切なのだ。助動詞、to 不定詞、動名詞、比較、受動態。本書が扱うこうした重要な文法事項の正確な理解なくして上級への登頂はありえない。込み入った「理屈」を前に、少し英語の勉強に後ろ向きになりがちなこの段階においてこそ、本書が大事にする本質的理解を重視した「理屈」の説明が役に立てれば、と思う。
 英語の勉強というと、定期試験や検定試験などを思い浮かべる人が多かろう。だが、試験とはその理解のための通過点にはなっても、その言語を学ぶ目的にはならない。そういう前提に立って、英語を、試験とは切り離して、どんな外国語を学ぶ時にも通用するような正攻法で学ぼうではないか、というのが本書のとる姿勢である。
続きはこちら>>

開成の先生が書いた! 
総合的な英語学習ができる「参考書+問題集」第2弾!
「単語」「文法」「問題」「CD」の総合的な学習で、本物の英語力が身につく!!
本冊は「単語ノート」→「文法ノート」→「STEP UP」→「型で確認」で構成。英語を無理なく、効率的に学習していくのに最適な順番です。本冊で学んだあとは、別冊の「問題」で実力アップを目指します。
CDには、力が伸びる音読学習の仕掛けがもりだくさん! 
本書で「英語で言いたいことが言え、話したいことが話せ、書きたいことが書ける」ことを目指しましょう!!

■本書の特長
☆総合的な英語学習ができる「参考書+問題集」
☆細かなテーマ分けで、自学自習が可能
☆「単語ノート/型で確認編」
 「基本例文/重要表現」のCD2枚付

■目次
第1課 will(1)
第2課 will(2)/be going to
第3課 would/could/shall
第4課 must/have to
第5課 may/might/should/had better
第6課 助動詞のまとめ
第7課 名詞(1)
第8課 名詞(2)
第9課 冠詞
第10課 代名詞(1)
第11課 代名詞(2)
第12課 形容詞
第13課 副詞
第14課 to 不定詞(1)
第15課 to 不定詞(2)
第16課 to 不定詞(3)
第17課 to 不定詞(4)
第18課 動名詞
第19課 to 不定詞と動名詞のまとめ
第20課 接続詞
第21課 感嘆文
第22課 前置詞
第23課 比較(1)
第24課 比較(2)
第25課 受動態
付録、問題編の解答・解説

☆別冊「問題編/基本例文集」

☆あの開成の先生が書いた! 「中高一貫ハイステージ」シリーズ!!
→『中高一貫 ハイステージ英語@』はこちら
→『中高一貫 ハイステージ英語B』はこちら
→『中高一貫 ハイステージ数学 代数 上』はこちら
→『中高一貫 ハイステージ数学 代数 下』はこちら
→『中高一貫 ハイステージ数学 幾何 上』はこちら
→『中高一貫 ハイステージ数学 幾何 下』はこちら