« 2012/09/25 更新情報「新刊案内」 | メイン | 2012/09/27 更新情報「新刊案内」 »

名人の授業シリーズ 村瀬の地理Bをはじめからていねいに 系統地理編





村瀬哲史 【著】

【出版社】東進ブックス
【ISBN】9784890855513
【定価】本体1200円+税
【頁数】416頁
【判型】A5判
Amazon_logo.gif

本書をお買い上げいただいた方へ訂正のお知らせ

message.gif

◆理解することが大切!
地理には「何でそうなるのか」という理由があります。単に用語や地名などを覚えこむ(丸暗記する)のではなく、しっかりと理解することが大切です。
もちろん、センター試験で出題される最低限の用語や地名を覚えることは必要です。知識が多いほど解答しやすくなることも事実です。しかし、センター試験では、単純な知識が問われる問題は非常に少なく、地図、統計図表、写真などを使用して、それらを読みとる能力や理解力を試す出題が中心となっています。覚えることも大切ですが、「理解」することの方がもっと大切です。
続きはこちら>>


【本書の特長】
(1)「ゼロ」からのセンター地理B講義!
地理の知識が「ゼロ」の人でも大丈夫。センター地理B頻出の知識を村瀬先生がわかりやすくていねいに講義しています。
(2)フルカラー図版と写真を多数掲載!
見やすさにこだわった大きなフルカラー図版と写真を多数掲載しています。視覚から効果的に知識を定着させることができます。
(3)センター地理B受験者必読の1冊!
地理の「なぜ」がわかる記憶に残る講義で、センター地理B頻出の知識が短期間で効率よく身につきます。


【目次】
第1章 自然環境
第1講 地形
01安定陸塊、古期造山帯、新期造山帯
02地域別の安定陸塊、古期造山帯、新期造山帯の分布
03プレートテクトニクス
04山地の地形
05平野の地形〜侵食平野と堆積平野〜
06沖積平野〜扇状地〜
07沖積平野〜氾濫原、三角州〜
08洪積台地、河岸段丘、海岸段丘
09氷河地形、カルスト地形、乾燥地形
10海岸地形〜沈水海岸と離水海岸〜
11海岸地形〜砂嘴、砂州、トンボロ(陸繋砂州)、サンゴ礁〜
第2講 気候、陸水と海洋
01気温
02気圧帯
03風〜恒常風、季節風〜
04風〜地方風、熱帯低気圧〜
05降水量〜多雨地域と少雨地域〜
06ケッペンの気候区分
07熱帯
08乾燥帯
09温帯
10冷帯(亜寒帯)、寒帯
11植生、土壌
12陸水
13海洋

第2章 資源と産業
第3講 農林水産業
01農業の発達条件、農業に関する用語
02自給的農業〜焼畑農業、遊牧、オアシス農業〜
03アジアの農業〜アジア式稲作、アジア式畑作〜
04商業的農業〜混合農業、酪農、園芸農業、地中海式農業〜
05企業的農業
06食料問題
07林業
08水産業
第4講 資源・エネルギー
01エネルギー供給
02石炭
03石油
04天然ガス
05電力
06バイオマスエネルギー
07鉱産資源
第5講 工業
01工業の種類
02工業立地
03繊維工業
04金属工業〜アルミニウム工業〜
05金属工業〜鉄鋼業〜
06機械工業〜自動車工業〜
07機械工業〜造船業、航空機産業、電気機械工業〜
08先端技術産業
09石油化学工業、製紙パルプ工業
第6講 環境問題
01酸性雨
02地球温暖化
03オゾン層の破壊
04砂漠化
05熱帯林の破壊
06環境問題へのとり組み
07日本の環境問題

第3章 生活と文化
第7講 人口
01世界の人口と人口分布
02人口増減
03人口転換、人口構成
04人口問題
05人口移動
第8講 都市と村落
01都市の機能、都市の内部構造
02都市問題
03都市計画
04村落
第9講 消費と余暇活動
01商業
02消費行動の変化
03余暇活動

第4章 国際化の進む現代世界
第10講 交通、通信、貿易
01鉄道交通
02自動車交通
03船舶交通
04航空交通
05通信
06貿易の形態、国際分業
07世界貿易の変遷
08対外援助
第11講 国家と国家群
01国家と領域
02国家群
第12講 人種と民族
01人種と民族
02言語
03宗教
04人種・民族問題

第5章 地理情報と地図
第13講 図法と地図の利用
01図法
02時差
03様々な統計地図
第14講 地形図の読図
01地形図の基本事項〜地形図の解釈、等高線〜
02地形図の基本事項〜地形図記号、土地利用と集落立地〜
03地形図の基本事項〜距離、勾配、面積の計算〜
04扇状地の地形図
05氾濫原の地形図
06洪積台地の地形図
07河岸段丘の地形図
08カルスト地形の地形図


☆地誌編はこちら!
→『名人の授業シリーズ 村瀬の地理Bをはじめからていねいに 地誌編』