« 2017/2/25 更新情報「新刊案内」 | メイン | 今すぐ話せる!シリーズ いちばんはじめの韓国語会話 »

今すぐ話せる!シリーズ いちばんはじめの広東語会話





山本康宏 【著】

【出版社】東進ブックス
【ISBN】9784890857166
【定価】本体1200円+税
【頁数】本冊168頁+別冊24頁 CD-ROM1枚付
【判型】A5変判
Amazon_logo.gif


message.gif

 国土交通省の発表によると、2016年の来日外国人は2,500万人の大台に迫る勢いであり、訪日外国人数はかつてないほど増えています。国・地域別では中国、台湾、香港からの訪日者数だけでも約1,238万人に達し、人々の往来や文化の受発信も地球規模で活発化しています。
 中国と台湾から来る観光客のほとんどは標準語である一般的な中国語を話しますが、香港やマカオ、広東省、広西省などの一部地域から来る観光客の大部分は方言である広東語で会話します。最近では、銀座や新宿、渋谷などの繁華街でテンションの高い広東語が耳に入ってくることも珍しくありません。
 世界で広東語を話す人は、一説では1億2,000万人以上といわれています。中国から外国への移住者の中では広東系の人々が非常に多く、特に米国・カナダ・豪州・ニュージーランド・欧州・東南アジアなどの地域に移住した広東系の人々も内輪の交流では広東語を使っています。広東語が通じる場所は世界に多く点在し、広がってきているのです。
続きはこちら>>


※本書は1999年10月に発行された『東進ブックス 今すぐ話せる広東語[入門編]』の改訂版です。

【本書の特長】
(1)対話形式だから実践的に覚えられる!
   使いやすい2ページ見開き構成で言葉のやりとりを実感

 各課の基本会話は、左ページの人物と右ページの人物の対話形式になっていますので、キャッチボールのような言葉のやりとりが実感できます。会話文に含まれる重要な表現や語句の説明、文化的背景についての記述をよく読んで、理解を深めましょう。
 本書付属のCD-ROMには、ロールプレイ用のトラックを設けています。基本会話の登場人物になりきって話してみましょう。繰り返し練習し、自然に口から言葉が出るようになれば、発音やリズムも身につきます。

(2)別冊の会話例文集でいつでも練習できる!
   かさばらない別冊でいつでも「会話」を持ち歩ける

 別冊の会話例文集には、各課の基本会話がすべて掲載されています。音声を聞きながら、基本会話を聞いたりロールプレイをしてみたりと、いつでもどこでも会話の練習ができます。
 また、旅先などで「こう言いたい!」と思ったとき、とっさに言葉が出ないときには例文を指さして言葉を伝えることも可能です。

(3)関連するフレーズまで覚えて会話力アップ!
   関連表現や関連語句の音声も収録

 各課のテーマに則した「関連表現/よく使う表現」や「役に立つ常用関連単語」、「役に立つ日本関連単語」を紹介しています。音声も収録しているので、言い回しのバリエーションを増やすのに役立ちます。
 さらにコラムには、基本語彙として基本会話・日常会話に必須の単語をまとめています。音声を聞きながら覚え、会話力と語彙力をさらに向上させましょう。


【目次】
T これだけは覚えておきたい
  基本会話編
U 旅先で役立つ! 親交を深める!
  実践会話編
別冊 会話例文集