2017年08月05日

みなぎるエネルギーを携え帰国

遂に中国を発つ日が来た。朝4時に起床し、ホテルを出発。天候の都合で2時間ほどフライトが遅れ、帰国は日本時間の15時ころだった。羽田空港で解散した後も写真を取り合ったり、語り合ったりする時間はしばらく続いた。名残惜しみながらも「お互いに頑張ろう、また会おう」と固く誓い、それぞれの帰路に就いた。中国での経験と同じくらい大切なものとして参加者が口にするのは、日本全国から集まった仲間の存在だ。「中国清華大学短期留学」で深まった友情は一生ものだ。それぞれの場所で、それぞれの志を持った仲間が夢を実現し、日本のリーダーとして輝く日は、そう遠くないだろう。
朝4時に起床
まだ暗いうちに大学を出発した
8日ぶりの北京空港
フライトの遅れもあったが無事帰国
みんなで記念撮影をして解散