数学オリンピック
会員ページ 会員登録 ログイン
講座申込み 資料請求

東大情報

学べる学問

  • 人文言語
  • 社会国際
  • 商 経済
  • 法 政治
  • 教育人間
  • 生命環境
  • 農 水産
  • 情報
  • 医療
  • 体育
  • 芸術

概要

「知のプロフェッショナル」の育成

1877年の創立以来、国内外の様々な分野でリーダーとして活躍する人材を輩出。2年次まで全学生が教養学部前期課程に所属し、特定分野に偏らない視野と総合的な判断力を養う。「知のプロフェッショナル」の育成の原動力とすべく世界的に卓越した学問を追究し、さらなる国際化に力を注ぐ。

アクセス

●駒場キャンパス
・京王井の頭線「駒場東大前駅」下車
●本郷キャンパス
・地下鉄「東大前駅」から徒歩約1分
・地下鉄「本郷三丁目駅」から徒歩約8分
・地下鉄「湯島駅」または「根津駅」から徒歩約8分
・地下鉄「春日駅」から徒歩約10分
●柏キャンパス(学部以外設置)
・JR「柏駅」からバスで約25分、「東大前」下車
・東武野田線「江戸川台駅」から徒歩約30分
・つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」からバスで約13分、「東大前」下車

教員・生徒数

教員数(合計:4758名)
教授:1381名 准教授:1091 講師:367名 その他:1919
生徒数(合計:13960名)
男:11359名 女:2601名

学費・学寮

初年度納入額 817,800円
周辺家賃相場 75,000~93,000円
学寮あり

大学の歌

その他

沿革・歴史1877年
創立
東京開成学校と東京医学校を合併。法、文、理、医の4つの学部を設置して創立
1886年
学部改組、大学院設置
工部大学校を統合し、法、文、工、理、医の5学部体制へ。大学院も設置
1919年
学部改設
農科大学を廃し、農学部を設置。また新たに経済学部を設置
1947年
改称
東京帝国大学を東京大学に改称
1949~58年
学制改革
1949年、教育、教養のの2つの学部を設置。58年、薬学部を設置
1991~97年
大学院を再編し重点化
2004年
法人化
国立大学法人東京大学となる
特待生制度なし
学外試験なし
附属小学校なし
附属中学校あり
付属高校あり

Q&A

Q.東京大学独自の授業料免除制度があるって本当?

A.はい、本当です。学生の経済面での負担を軽減する制度が整っています。

Q.「進学選択」って何?

A.東京大学独自のシステム。それが「進学選択」です。

Q.進学選択制度では、文科二類からでも法学部に進学できるの?

A.はい、できます。全科類枠の導入で、進路の幅は広がりました。

募集定員等一覧表

※詳細及び推薦入試の情報は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。
科類 募集定員 一般入試 2段階選抜(倍率) 配点(センター/個別) その他入試
前期日程
前期日程
前期日程
文科一類 401名  401名
約3.0倍
900点 ※1
/440点

帰国子女:若干名 推薦※2

※1 900点を110点に換算
※2 各学部で所定の推薦枠を設け、計100名で募集(2016年度から後期日程を廃止し、新たに推薦入試を実施)

前期試験 センター試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 200点※
地歴、公民 世B、日B、地理B、倫政から2 200点※
数学 数(I)A 100点※
数(II)B、工、簿、情から1 100点※
理科 ①物基、化基、生基、地基から2、②物、化、生、地から2の①と②から1※ 100点※
外国語 筆記 全5科目から1 200点※
リスニング なし
※物、化、生、地から2科目選択した場合、合計点を100点に換算
※総得点900点を110点に換算

前期試験 個別試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 120点
地歴 世B、日B、地理Bから2 計120点
数学 数(I)(II)AB 80点
外国語 筆記 英、独、仏、中から1※1 120点
リスニング あり※2
※1 英語については一部、解答方式がマークシートの問題あり
※2 リスニングは英のみ

募集定員等一覧表

※詳細及び推薦入試の情報は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。
科類 募集定員 一般入試 2段階選抜(倍率) 配点(センター/個別) その他入試
前期日程
前期日程
前期日程
文科二類 353名  353名
約3.0倍
900点 ※
/440点

帰国子女:若干名 推薦:※2
※1 900点を110点に換算
※2 各学部で所定の推薦枠を設け、計100名で募集(2016年度から後期日程を廃止し、新たに推薦入試を実施)

前期試験 センター試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 200点※
地歴、公民 世B、日B、地理B、倫政から2 200点※
数学 数(I)A 100点※
数(II)B、工、簿、情から1 100点※
理科 全8科目から1※1 100点※
外国語 筆記 全5科目から1 200点※
リスニング なし
※総得点900点を110点に換算
※1 理科基礎2科目を1科目扱い

前期試験 個別試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 120点
地歴 世B、日B、地理Bから2 計120点
数学 数(I)(II)AB 80点
外国語 筆記

英、独、仏、中から1※1

120点
リスニング あり※2
※1 英語については一部、解答方式がマークシートの問題あり
※2 リスニングは英のみ

募集定員等一覧表

※詳細及び推薦入試の情報は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。
科類 募集定員 一般入試 2段階選抜(倍率) 配点(センター/個別) その他入試
前期日程
前期日程
前期日程
文科三類 469名  469名
約3.0倍
900点 ※1
/440点

帰国子女:若干名 推薦:※2
※1 900点を110点に換算
※2 各学部で所定の推薦枠を設け、計100名で募集(2016年度から後期日程を廃止し、新たに推薦入試を実施)

前期試験 センター試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 200点※
地歴、公民 世B、日B、地理B、倫政から2 計200点※
数学 数(I)A 100点※
数(II)B、簿、情から1 100点※
理科 ①物基、化基、生基、地基から2、②物、化、生、地から2の①と②から1※ 100点※
外国語 筆記 全5科目から1 200点※
リスニング なし
※物、化、生、地から2科目選択した場合、合計点を100点に換算
※総得点900点を110点に換算

前期試験 個別試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 120点
地歴 世B、日B、地理Bから2 計120点
数学 数(I)(II)AB 80点
外国語 筆記 英、独、仏、中から1※ 120点
リスニング あり※
※英語については一部、解答方式がマークシートの問題あり
※リスニングは英のみ

募集定員等一覧表

※詳細及び推薦入試の情報は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。
科類 募集定員 一般入試 2段階選抜(倍率) 配点(センター/個別) その他入試
前期日程
前期日程
前期日程
理科一類 1,108名  1,108名
約2.5倍
900点 ※1
/440点

帰国子女:若干名 推薦:※2
※1 900点を110点に換算
※2 各学部で所定の推薦枠を設け、計100名で募集(2016年度から後期日程を廃止し、新たに推薦入試を実施)
前期試験 センター試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 200点※
地歴、公民 世B、日B、地理B、倫・政から1 100点※
数学 数(I)A 100点※
数(II)B、簿、情から1 100点※
理科 物、化、生、地から2 計200点※
外国語 筆記 全5科目から1 200点※
リスニング なし
※総得点900点を110点に換算

前期試験 個別試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 80点
数学 数(I)(II)(III)AB 120点
理科 物基・物、化基・化、生基・生、地基・地から2 計120点
外国語 筆記 英、独、仏、中から1※ 120点
リスニング あり ※
※英語については一部、解答方式がマークシートの問題あり
※リスニングは英のみ

募集定員等一覧表

※詳細及び推薦入試の情報は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。
科類 募集定員 一般入試 2段階選抜(倍率) 配点(センター/個別) その他入試
前期日程
前期日程
前期日程
理科二類 532名  532名
約3.5倍
900点 ※1
/440点


帰国子女:若干名 推薦:※2
※1 900点を110点に換算
※2 各学部で所定の推薦枠を設け、計100名で募集(2016年度から後期日程を廃止し、新たに推薦入試を実施)

前期試験 センター試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 200点※
地歴、公民 世B、日B、地理B、倫政から1 100点※
数学 数(I)A 100点※
数(II)B、簿、情から1 100点※
理科 物、化、生、地から2 計200点※
外国語 筆記 全5科目から1 200点※
リスニング なし
※総得点900点を110点に換算

前期試験 個別試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 80点
数学 数(I)(II)(III)ABC 120点
理科 物基・物、化基・化、生基・生、地基・地から2 計120点
外国語 筆記 英、独、仏、中から1※ 120点
リスニング あり ※
※英語については一部、解答方式がマークシートの問題あり
※リスニングは英のみ

募集定員等一覧表

※詳細及び推薦入試の情報は大学発行の募集要項かホームページで必ず確認してください。
科類 募集定員 一般入試 2段階選抜(倍率) 配点(センター/個別) その他入試
前期日程
前期日程
前期日程
理科三類 100名 100名
約4.0倍
900点 ※1
/440点

帰国子女:若干名 推薦:※2
※1 900点を110点に換算
※2 各学部で所定の推薦枠を設け、計100名で募集(2016年度から後期日程を廃止し、新たに推薦入試を実施)

前期試験 センター試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 200点※
地歴、公民 世B、日B、地理B、倫政から1 100点※
数学 数(I)A 100点※
数(II)B、簿、情から1 100点※
理科 物、化、生、地学から2 計200点※
外国語 筆記 全5科目から1 200点※
リスニング なし
※総得点900点を110点に換算

前期試験 個別試験

教科 科目 配点
国語 現古漢 80点
数学 数(I)(II)(III)ABC 120点
数学 物基・物、化基・化、生基・生、地基・地から2 計120点
外国語 筆記 英、独、仏、中から1※ 120点
リスニング あり※
※英語については一部、解答方式がマークシートの問題あり
※リスニングは英のみ
  • 東大本番レベル模試
  • 東大同日体験受験
東大本番レベル模試の特長

実施概要

実施日

10/11(日)

対象

受験生

試験会場

・東進ハイスクール各校舎
・東進衛星予備校

受験料

一般生受験料:5,000円(税抜)
特別受験料:4,200円(税抜)
※インターネットまたは校舎窓口にて所定の申込書でお申し込みいただいた場合、特別受験料にて受験できます。
※納入いただいた受験料は、返金いたしかねます。

受験科目

<文科>

教科 科目 試験時間 配点
国語 国語総合、国語表現、現代文B、古典B 150分 120点
数学 数学I、数学II、数学A(全範囲)、数学B(数列、ベクトル) 100分 80点
地理・歴史 日本史B、世界史B、地理Bより2科目選択 150分 120点
英語 コミュニケーション英語I、コミュニケーション英語II、コミュニケーション英語Ⅲ
*英語試験の一部分に聞き取り問題を含む(30分程度)
120分 120点

<理科>

教科 科目 試験時間 配点
国語 国語総合、国語表現 100分 80点
数学 数学I、数学II、数学Ⅲ、数学A(全範囲)、数学B(数列、ベクトル) 150分 120点
理科 物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物、地学基礎・地学
より2科目選択
150分 120点
英語 コミュニケーション英語I、コミュニケーション英語II、コミュニケーション英語Ⅲ
*英語試験の一部分に聞き取り問題を含む(30分程度)
120分 120点

先輩たちの合格体験記

東京大学 文科Ⅰ類 土井 健くん
奈良県 私立 西大和学園高等学校卒
東進OB

東進の「東大本番レベル模試」は問題が「本番レベル」なだけではなく解答用紙の形式も東大で実際に使用されるものとそっくりでした。「東大本番レベル模試」の受験を重ねることで入試本番でも焦らず問題に取り組むことができました。
また、その時点での実力が顕著に現れるため学習計画が立てやすかったです。

東京大学 理科Ⅱ類 西郷 永希子さん
東京都 私立 吉祥女子高等学校卒
東進OG

「東大本番レベル模試」は成績表の返却が早く受験の記憶が鮮明なうちに復習することができました。成績表のグラフや表も見やすく、自分の成績が分析しやすかったです。
さらに、解答・解説には、問題解説だけではなく周辺知識もまとめてあり、合格指導解説授業と合わせて活用することで効果的な学習ができました。

東進の旧七帝大模試とは?

東進は学力を測る「ものさし」として、基礎から難関レベルまで13種類の模試を制作しています。その中でも最難関レベルに位置するのがこの旧七帝大本番レベル模試です。
内容は模試名にもあるとおり、各大学の二次試験のレベルや出題形式、出題傾向に合わせたものです。例えば旧七帝大の英語の問題では、細かい知識を問う問題はほとんど出題されません。しっかりとした読解力と、それらを条件に合う形で解答用紙に書く表現力が求められています。
さらに東大の場合は、読解・英作文・リスニング・文法のそれぞれで求められる力も明確になっています。論説文の要約問題の場合、文章の型をしっかりと身につけていれば要約できる作りになっています。作文も同様で、例えば自分の意見を述べたあとにその理由づけを行うのも、典型的な一つの文章の型ですね。

問題は誰がどのように作っているの?

講師の先生方と模試制作担当者がチームになって、それぞれの科目の模試を制作しています。「東大本番レベル模試」の英語の場合は、講師の宮崎先生を中心に普段から数多くの文章を読んで、模試に適した素材がないかを探したり書いたりしています。それこそ、毎回締め切りギリギリまでより良い文章がないかどうか、時間をかけています。やはり、先生方とスタッフ共々、受験生が解いていて知的好奇心がわくもの、読んで勉強になる内容を選びたいと思っていますので、素材選びは重要なポイントです。
志望校合格のための力は、実際に解くことでしか身につけることができません。そのためにも、東進の旧七帝大模試を徹底的に活用してほしいと思います。

どうやって採点されるの?

採点はここが違う!

  • 東大入試本番に限りなく近い採点基準
  • 解答プロセスに応じた花展・減点ポイントを細かくアドバイス
  • 複数の目による正確な採点後、実施11日後のスピード返却

どう活用したら良いの?

しっかりと解いてきちんと復習すれば、自然と力がつくような問題選定、設問づくり、採点を行っています。ひっかけ問題を出すつもりはなく、受験生が受けて復習する過程で、勉強する意味のある内容にしています。本当の力が反映されるように作ってありますし、実力がつくような素材選びや採点のほか、東大・京大の模試では解説授業を提供していますので、受験することで実力がつく模試といえるでしょう。
加えて、添削においても些細な箇所で減点をしすぎないように注意しています。一番大切な部分を押さえているかどうかが今後伸びていくポイントでもあります。添削者とすれば、間違っている部分をどんどん減点していく方が簡単な場合もあります。ただ、理解できている部分を、できるだけ評価してあげたい。もちろん、誤っている箇所は当然減点します。ただし、それが揚げ足とりにならないように、受験生の勉強の成果を評価することを優先したいと思っています。
そして、大きな魅力が、試験実施から11日後の成績表スピード返却。記憶が鮮明なうちに復習して力をつけてほしいと思っています。「6月に本番レベル模試を受けても意味がないんじゃないか」と思う人がいるかもしれません。しかし、今の時期は合格点を取ることが第一目的ではなく、志望校で求められる力を知ることで、それは早ければ早いほどいいのです。その点からも、早い時期に本番レベル模試を受けてほしいと思っています。

実力講師からのメッセージ


物理 高橋法彦先生
入試本番と同じレベルなので躊躇する生徒がいるかもしれませんが、ぜひ受験してください。この模試は入試本番とレベルが同じだけでなく、試験問題の冊子や解答用紙、時間配分まで本番そっくりの模擬試験です。

「こんな解答用紙に書かなければならないのか」「こんなに時間が足りないのか」など、過去問を自分で解くだけでは得られない、貴重な体験ができます。まだ全範囲が終わっていないから受けられないと考えるのではなく、現在の実力でどこまでできるかを試す機会と捉え、挑戦してみてください。

二次試験当日、受験生と同じ問題にチャレンジ
特長1

東大入試当日に、受験生と全く同じ問題に挑戦する。それが、東大入試同日体験受験です。この日、東大入試まで残り1年。東大志望者が集結し東大二次試験と同じ問題に挑戦する会場の空気は本番そのものです。
また、これまで積み重ねてきた知識をフル活用することで、学力も向上。東大のレベルと現在の自分の実力を確認すれば、1年後の東大合格のイメージが描けます。

特長2

東大入試同日体験受験は、英数国だけでなく理科・地理歴史の全科目受験が可能です。東大合格のためには主要科目の対策を進めることはもちろん、理科・地理歴史の早期完成がカギになります。東大のレベルを体感し全科目のロードマップを築きましょう。
また、東大本番レベル模試を連続して受験すれば、第1回6月では夏休みの課題の把握、第2回9月で夏休みの成果の確認、第3回1月で本番直前のチェックと目的に応じて本番同様のシミュレーションができます。

特長3

従来の模試では、試験後から成績表返却まで3週間から1ヶ月もかかり、忘れたころに返ってくるというのが現状。受験結果を元にした復習も時間が空いては効果的に行えません。
東進の東大入試同日体験受験では、試験実施14日後という成績表のスピード返却が実現しました。東大合格までの具体的かつ的確な学習計画を素早く立てることができます。

先輩たちの合格体験記

一年後の到達点を実感して
勉強の意欲が湧いた

東京大学理科Ⅰ類 曽根 泰平くん
静岡県立静岡高校卒
東進OB

入試の1年前に受験した「東大入試同日体験受験」では、時間配分がまったくわからず苦戦しました。問題のレベルも高くて歯が立たず、1年後にはこのレベルの問題を解かなければいけないという緊張感が生まれ、その後の勉強にさらに意欲が湧きました。

「字数を満たせばOK」ではない
東大入試の答案レベル

東京大学文科Ⅰ類 井上 真理奈さん
東京都 私立 桜蔭高校卒
東進OG

「東大入試同日体験受験」の日本史では、答案用紙は埋めたものの思ったほど点数が取れませんでした。受験後、野島先生の授業で論述問題の解法を身につけてから当時の答案を見返してみると、字数は満たしていても中身がスカスカだと思えるほどに自分の成長を実感しました。

校舎へのお問い合わせ

御茶ノ水校 地図

0120-104-215

渋谷校 地図

0120-104-430

メール

ochanomizu@toshin.com