2016年7月29日 15:15

東大生の夏休み

受験生のみなさんいかがお過ごしでしょうか。セミが鳴き始め、本格的に暑くなってきましたが体調に気を付けてがんばってください!

申し遅れましたが、私は文科Ⅰ類2年の長村洋昂と申します。「おさむらひろたか」と読みます。よく間違えられるのですが、これを機に覚えていただけるとうれしいです。今回は、もうすぐ東大が夏休みに入るということで、東大生が夏休みをどんなふうに過ごすのかについて書きたいと思います。勉強の合間の息抜きに読んでいただけたら幸いです。

東大の夏休みは8月の頭から9月の第3週ぐらいまでです。高校の夏休みより少し長いくらいですね。ただ、高校と違って宿題が出たりはしません。なので、1か月半強の期間を本当に自分の思い通りに過ごすことが出来ます。

東大生の夏休みの過ごし方でよく聞くものの一つは免許合宿でしょうか。免許合宿とは、地方の自動車教習場で2週間くらい泊りがけで自動車の教習を受けるというものです。東大生の間では山形が人気のようです。友達同士で行く人も多く、現地で観光できたりもして、結構楽しいらしいです。ちなみに私はまだ行ったことが無いです。
もう一つはやっぱり旅行ですね。社会人になったらできないからということで、結構長い期間旅行に行く人が多いです。旅行の資金のためにバイトを頑張るという話もよく聞きます。ちなみに、今年はイギリスのEU離脱決定の影響でユーロが安くなったということもあり、ヨーロッパに行く人が多いようです。

あと、インターンやボランティアをする人もいます。東大には体験活動プログラムというものがあって、海外や国内のインターンやボランティアのプログラムがいくつも用意されているのですが、それに多くの人が参加しています。体験活動プログラムには被災地のNPOで働くものからアメリカの有機農場で農作業をするものまで本当に様々なものがあります。

その他にも、サークルや部活の活動に打ち込んだり、読みたかった本をゆっくり読んだりと、皆思い思いのやり方で夏休みを満喫するようです。

ちなみに私はというと、まず実家のある神戸に帰省してゆっくり過ごした後、大学の友達と中国に旅行に行く予定です。その後は、所属している運動会剣道部で剣道の稽古に打ち込むことになると思います。剣道は面を着けるせいで夏は滅茶苦茶暑いのですが、強くなれるよう稽古に励みたいと思います!

最後になりますが、受験生の皆さん、今年の夏休みはしんどいことだらけだとは思いますが、来年の夏休みを充実したものにできるよう、気合い入れてがんばりましょう!そして、悩みや相談したいことがあればいつでも私たち東大生スタッフに声をかけて下さいね!
| | コメント(0)

コメントする

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31