2016年7月31日 16:07

梅雨もあけて

こんにちは。文科Ⅱ類二年の岡林です。
早いもので明日から8月ですね。このまま気付けば本郷キャンパスに通っているのでしょうか、、、

東大は試験シーズンも終わり(理系の1年生は明日もテストがあるそうですが。)、ついに夏休みに入った人がほとんどですね。受験生の皆さんもおそらく夏休みに突入し、1日をフルで自由に使える時期に入ったと思います。

僕はお堅い内容を話すのが苦手なので(笑)、今回は夏休みの過ごし方を話したいと思います。

僕の受験生時代の生活リズムは

7:00       起床、朝食
8:30~12:00  勉強
12:00~13:30  昼食&休憩
13:30~16:00  勉強
16:00~16:30  昼寝
16:30~19:00  勉強
19:00~20:30 夕食&休憩
21:00~22:30  勉強
23:00            入浴後就寝


塾の授業などが無いときはこのような形でした。起床時間と就寝時間、食事をとる時間はおそらく全て統一していたと思います。これをふまえて、今だから思うことを何点か述べたいと思います。

1点目、「寝る子は育つ」、です。受験期の生活は知らぬ間に自分にストレスとなっていることが多いです。特に僕はこの時期模試の成績も芳しくなかったですし、自分の感触と結果のギャップに苦しむ事もありました。なので睡眠不足など余計な事で体に負担をかけないようにした方がよいでしょう。もっとも、ショートスリーパーの方は別ですが。
因みに僕はこの生活習慣のせいで大学に入ってからも8時間睡眠が必要な体になってしまいました。忙しいときは人一倍睡魔と闘っています(笑)
また、昼寝も大事だと思います。午後の勉強はだらけてしまう人が多いと思いますが、一旦頭をリフレッシュして、1日のラストスパートをかけましょう。昼寝前に暗記モノの勉強をすることで定着もしやすかったような気もします。


2点目、「定期的に区切りをつける」。8時間くらいまとめてガッと勉強すると、「もう少しこの科目やらなきゃ!」などという気になって、科目ごとで勉強時間の差が極度に生まれてしまうように感じます。(得意・苦手科目は人それぞれなので一概に悪いとは言えませんが。)また、集中力もなかなか続かないでしょう。2時間勉強して、休みを挟んで、を繰り返すと、休憩地点が近く感じるので短期的な集中力も働きますし、バランスのとれた予定通りの勉強をしやすいです。
また、ちょうどよい目標も立てられるのかなと思います。2時間で出来ることは限られているので、「今日はこのテーマをこれくらい仕上げるぞ!」という明確かつ遠すぎないゴールが設定できます。そして毎日一つ一つ目標をクリアし、それが積み重なったものが「実力」となるのでしょう。



3点目、「周りに感謝する」。皆さんがリズムの整った受験生活を送れるのは保護者様を始めとする周りの方のサポートがあってだと思います。夏模試の結果を見て渋い顔をされることもあるかもしれませんが(僕はそうでした(笑))、半年後の本番で成功して、「どうだ、やったぞ!」と言えれば結果オーライです。スポーツでも「チームのため、応援のために頑張れる奴は強い」と言われるので、ぜひ周りの人の有難みを感じながら勉強してください!!



あくまでも僕のは一例なので、自分に合うものを模索してみてください!
ではでは!
| | コメント(0)

コメントする

カテゴリ

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31