皆さん、こんにちは。スタッフ5年目の井之上です。

先日、第1回東大本番レベル模試の成績が学力POS上にアップロードされました。
受験された方はご確認されたでしょうか。

まだ6月の模試なので、この結果が受験の結果に直結するわけでは全くありません。
成績が良かった方は慢心せずに、あまりふるわなかった方は気落ちせずにこれからも頑張っていきましょう。

以下、東大本番レベル模試の活かし方をいくつか紹介します!

①まずは成績や添削を参照して、自分の強み、弱みを分析してください。
その際は、「この科目が苦手」とかではなく、もっと深く、「この科目のこの分野が苦手」というように、
自分の弱点を明確化しましょう。

東大本番レベル模試は、受験してから成績が出るまでが他の冠模試に比べて大分早いです。
そのため、結果が出た時と受験時の実力にあまり差がなく、成績が現状の自分の弱点に直結しやすいです。
夏休み直前のこのタイミングで自分の強み、弱みを明確に分析できると、重点的に夏休みを使ってその弱点を埋めることが可能になります。

②他には、添削を見て自分の中では「書けた」と思っていたのに、あまり点数が来ていないところを見て、論述答案の書き方を分析してください。
東大本番レベル模試は、採点基準が公表されますので、これを参考にして論述の必須要素を確認すると良いでしょう。

このように、東大本番レベル模試は夏休みの勉強計画を立てるのにも活用できるし、
自分の論述力を向上させることにも使えるので、
ぜひしっかりと復習してください!!

現在、東大特進の1年生スタッフが東大本番レベル模試の結果を踏まえて電話相談を行っていますので、
何か聞きたいことがあればぜひ東大特進コースまでお電話ください。


| | コメント(0)

コメントする

月別 アーカイブ

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31