兵庫県 私立 灘高等学校 卒
東京大学 文科一類

石飛 峻樹さん

■センター試験得点 860点/900点

■センター試験得点選択科目 世界史 地理 物理基礎 化学基礎

前期試験得点
(自己採点)
  英語   数学   国語   世界史   地理  
開示得点 90 72 62 36 46 =306/440点
自己採点 85 70 50 30 40 =275/440点

■受験した感触・・・ 流石に大丈夫でしょ

  第1回(6月) 第2回(8月) 第3回(10月) 最終(1月)
東進ハイスクール
東大本番レベル模試
志望学類 総合点 志望学類 総合点 志望学類 総合点 志望学類 総合点
文科一類 236 文科一類 249 文科一類 242 文科一類 269
  8月 11月
志望学類 総合偏差値 判定(ABCDE) 志望学類 総合偏差値 判定(ABCDE)
東大入試実戦 文科一類 67.4 A 文科一類 67.7 A
東大即応オープン 文科一類 70 A 文科一類 74.1 A

先行逃げ切り型の受験

■受験全般でうまくいったことや思うようにいかなかったこと、勉強法について教えてください。

国語国語は最後まで安定しませんでした。あまり参考にならないと思いますが苦手な人向けに一応古典について書いておくと(現代文は東大特進コースの欄で後述します。)、夏の前半に簡単めな古典の問題集(『得点奪取

■東進東大特進コースについて

 僕は数ある東大特進コースの講座の中で、林修先生の現代文、荒巻豊志先生の世界史を受講していました。東大現代文東大を受ける受験生にとってこの講座は素晴らしいものです。フィーリングで解いてしまいがちな現代

■後輩への一言アドバイス、入試を終えて思うこと。

 一口に受験といっても様々なアプローチがあると思いますが、やはり先行逃げ切りが一番だと思います。ある程度成績が取れているからこその、モチベーションの欠如や周りから合格を当然視されることのプレッシャーな21