大学・学部選びのための動画サイト

2018.02.08

水素研究の世界的第一人者
佐々木一成教授にインタビュー


九州大学篇第1弾となる今回は、九州大学の水素エネルギー研究の第一人者 佐々木教授をリポートします。 世界を牽引する九州大学の水素エネルギー研究の拠点。その様子を是非ご覧ください。

協力:九州大学、九州大学 水素エネルギー国際研究センター、九州大学 水素利用プロセス研究室・先進水素システム研究室
ナレーター:野村麻衣子(賢プロダクション)

九州大学の大学案内

「21世紀プログラム」って何?

「21世紀プログラム」とは、九州大学の持つ教育環境を最大限に活用し、学部横断的な教育課程を提供する独自のプログラムです。現代社会の複雑化した諸問題に立ち向かう「専門性の高いゼネラリスト」を育成します。各自が自分の立てた研究計画に沿って、国内外の大学の講義も含めて、多様な選択肢の中から履修科目を決定し、オーダーメイドのカリキュラムを作成することができます。 入学者選抜はAO入試で行われます。第1次選抜は書類審査、第2次選抜は講義に関するレポート、討論、面接等により行われ、自己の能力向上につながる柔軟な思考力や旺盛な好奇心、社会のリーダーを目指す向上心を持っているかどうかが審査されます。詳細は東進の大学案内ページをご覧ください。

大学案内をみる

九州大学の合格体験記

九州大学

理学部

梅林恵祐くん

東進衛星予備校佐世保大野校

仲間との関わりが合格の力に

高校2年生の頃、僕は英語に強い苦手意識を持っており、自分で勉強するのが億劫でした。ですが東進のシステムを活用することで、英語を伸ばすことに成功しました。また、受験勉強の時に東進の仲間と切磋琢磨できたことは自分にとてもいい影響を与えてくれたと思います。

2次試験はより多くの着眼点を持てる人が有利です。東進で周りの人とより多く関わって意見を交換したことで、自分ひとりではなかなかたどり着けない発想に気付くことができました。それが合格に近づく一歩になっていたと思います。僕は勉強があまり好きではありませんでしたが、それでも様々な勉強方法を駆使することで合格を掴むことができました。

これからも自分の持てる限りの力を尽くし、自分の取り組む問題の解決をすることを目標にして頑張ります。

合格体験記をみる

九州大学の過去問に挑戦

過去問データベース

2018年度 九州大学より抜粋

過去問に挑戦

資料請求

大学別動画

SNSで共有