>
>

愛知教育大学 「高校生とともに教師の魅力を考えるフェスタ」を実施

愛知教育大学 「高校生とともに教師の魅力を考えるフェスタ」を実施

将来先生になりたいと思っているけど、教職がどんな世界なのか漠然としている人も多いはず。そんな高校性に向けて、先生という職業の実態を知ることができる催しを愛知教育大学が企画している。

教員採用試験に合格した先生の卵たち、小・中学校の若手教員の本音トークが聴けて、質問もできる。先生という仕事の魅力を発見できる貴重な1日になりそうだ。

日時

12月17日(土)13:30〜16:30(13:00〜受付)

場所

愛知学院大学 名城公園キャンパス アガルスタワー10階 アガルスホール(名古屋市北区名城3-1-1)

対象・定員

高校生・先着200名

参加費

無料

申込方法

参加申込フォームより申し込み。12月16日(金)17:00締切

プログラム

  • 13:30〜基調講演「学校の先生の魅力について」後藤ひとみ(愛知教育大学 学長)
  • 14:30〜現役学生メッセージ「こんな先生になりたい」(教員採用試験合格4年生)
  • 15:30〜若手教員メッセージ「先生になってみてわかったこと」三宅真依(名古屋市内小学校 教諭)、伊藤洋康(愛知県内中学校 教諭)
  • 16:10〜教師への道Q&A 回答者 森和久(椙山女学園大学 教授)

愛知教育大学 「高校生とともに教師の魅力を考えるフェスタ」関する詳細は、同大学のウェブページから。

〔2016/12/12 東進タイムズ〕

愛知教育大学を目指すなら

愛知教育大学 関連記事

ニュース検索

最新ニュース

  • 2019/01/09

大学入試センター 「大学入試英語成績提供システム」の概要について公表

大学入試センターは、2020年度から実施の大学入学共通テストで運用される「大学入試英語成績提供システム」について、現段階での概要を公表した。「大学入試英語成績提供システム」とは、大学入学者選抜において民間の英語資格・検定試験の結果を… →もっと読む

膨大な情報を高速で処理する能力で、将来の実用化が期待される量子コンピュータ。東京工業大学では、1月12日(土)と27日(日)に中高生が本物の量子コンピュータを実際に体験できる科学教室を実施する。普通のコンピュータとは動作原理が異なるため、プログラミングや数学の得手不得手は関係なし。中高生向けに量子コンピュータを開放してくれる機会は珍しいので、この機を逃さず情報革命の未来を体感しよう。日程 1月12日(土)・27日(日)13:00〜16:00会場東京工業大学 大岡山キャンパス 大岡山西3号館7階(W371)定員 各回48名参加方法 ウェブページより要申込。参加費無料東京工業大学 科学教室「本物の量子コンピュータを使ってみよう」に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/01/04 東進タイムズ〕
  • 2019/01/04

東京工業大学 科学教室「本物の量子コンピュータを使ってみよう」を開催

膨大な情報を高速で処理する能力で、将来の実用化が期待される量子コンピュータ。東京工業大学では、1月12日(土)と27日(日)に中高生が本物の量子コンピュータを実際に体験できる科学教室を実施する。普通のコンピュータとは動作原理が異なるた… →もっと読む

  • 2018/12/28

大学入試センター 大学入学共通テストの導入に向けた平成30年度試行調査(プレテスト)マーク式問題に関する実施状況を公表

大学入試センターは、11月10日(土)・11日(日)の日程で実施した試行調査(プレテスト)のマーク式問題について、平均正答率や今後の検証の方向性を公表した。正答率では数学・物理・生物が特に低かったが、問いたい資質・能力全般に対する負荷… →もっと読む

  • 2018/12/26

文部科学省 平成31年度入学者選抜についての概要を発表

文部科学省は、国公立大学の平成31年度入学者選抜について、各大学が7月末までに公表した選抜要項等をもとにその概要を取りまとめ、ウェブページに掲載した。入学者選抜を行う国公立大学のうち、AO入試を実施するのは3校増えて88大学(全体の51.2… →もっと読む