早稲田大学広告研究会 地方受験生を早稲田祭2017に招待

早稲田大学広告研究会 地方受験生を早稲田祭2017に招待

「早稲田大学に進学したい! 早稲田祭に行きたい! でも行くお金がない……」と悩んでいる地方受験生を、11月4日(土)・5日(日)に開催される早稲田祭2017に上京費全額負担で招待するプロジェクトがある。主催するのは、105年の歴史を誇る学生団体の早稲田大学広告研究会。

応募条件は、早稲田大学に進学したい気持ちを表したキャッチコピーを作り提出すること。選ばれると、上京する際の往復の交通費と2泊3日の宿泊費が支給され、早稲田祭のイベントにも参加することができる。早稲田大学への熱い想いを謳って、憧れの地を踏もう!

応募資格

関東地方以外の高校に通っている高校1、2年生(大島、新島、神津島、三宅島、八丈島、小笠原諸島は対象。早稲田大学の付属高校は除く)

応募方法

早稲田大学に進学したい気持ちをキャッチコピーにして、ウェブサイトのフォームから応募

選考基準

  • 早稲田大学に進学したい熱意がしっかり伝わるか
  • キャッチコピーの意味が一目見てわかるか
  • オリジナリティがあるか

応募期間

8月31日(木)〜10月12日(木)

選考発表

10月15日(日)

選考人数

2〜5人

早稲田大学広告研究会 地方受験生を早稲田祭2017に招待に関する詳細は、ウェブページから。

〔2017/09/27 東進タイムズ〕

早稲田大学を目指すなら

早稲田大学 関連記事

ニュース検索

最新ニュース

東京大学は、国による大学入試英語成績提供システムの導入見送りを踏まえ、令和3年度一般入試における出願要件に関するこれまでの予告について、次のように変更する。英語力を証明するための、①民間の英語試験の成績、②高等学校等の証明書、③理由書のいずれかの書類を出願用件として提出することは求めない。またこれに伴い、「英語力に関する証明書」「理由書」の様式案についても使用しないこととなった。東京大学 令和3年度一般入試における出願要件に関する変更に関する詳細は、ウェブページから。〔2019/11/29 東進タイムズ〕
  • 2019/11/29

東京大学 令和3年度一般入試における出願要件に関する変更を発表

東京大学は、国による大学入試英語成績提供システムの導入見送りを踏まえ、令和3年度一般入試における出願要件に関するこれまでの予告について、次のように変更する。英語力を証明するための、①民間の英語試験の成績、②高等学校等の証… →もっと読む

  • 2019/11/29

国立大学協会 2020年度入試における英語民間試験への対応について掲載

11月1日(金)に文部科学省が発表した「大学入試英語成績提供システム」導入見送りを受けて、各国立大学は英語民間試験の活用の有無等について一斉に発表した。国立大学協会では、各国立大学の該当するリンクをまとめてウェブページに掲載している… →もっと読む

  • 2019/11/18

文部科学省 大学入試英語成績提供システム運営大綱の廃止について通知

文部科学省は11月15日(金)、「大学入試英語成績提供システム」導入見送りにともなって、「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入試英語成績提供システム運営大綱」の廃止を発表した。ただし、各大学がシステムを介さず英語の資格・検定試験を入試… →もっと読む

  • 2019/11/15

大学入試センター 令和3年度大学入学共通テストの英語の出題方法等について公表

大学入試センターでは、大学入試英語成績提供システムの導入延期に伴う令和3年度の大学入学共通テストの英語の出題方法等について、ウェブページに掲載した。それによると、発音、アクセント、語句整序等を単独で問う問題を出題しないことや、リー… →もっと読む