>
>

平成30年度大学入試センター試験の出願状況(受付最終日)

大学入試センターは、平成30年度大学入試センター試験出願最終受付日の10月6日(金)、出願状況を発表した。出願総数は528,323人で、前年度より12,036人の減少となった(17時現在)。

出願が受理されると、確認はがきが10月24日(火)までに学校または本人宛に送付されるので、登録内容を確認し、訂正がある場合は11月1日(水)までに申し出よう。12月上旬に確定志願者数や試験場一覧が発表された後、12月13日(水)までにはいよいよ受験票を手にすることになる。勝負の日は近い。

平成30年度大学入試センター試験の出願状況に関する詳細は、大学入試センターのウェブページから。

〔2017/10/11 東進タイムズ〕

難関大現役合格を目指すなら

  • 各大学の基本データから、周辺の家賃相場までわかる「大学案内」を活用しよう!!
  • 難関国公立・私立大入試で求められる論理力・応用力を測定、演習「難関大本番レベル模試
  • 見事現役合格を勝ち取った先輩たちの合格体験記

ニュース検索

最新ニュース

  • 2018/06/20

大学入試センター 「大学入学共通テスト」における問題作成の方向性等を発表

大学入試センターは、2020年度からの「大学入学共通テスト」における問題作成の方向性や、記述式問題の導入など共通テストに関わる現時点での検討状況と、11月に実施予定の試行調査(プレテスト)の趣旨について、ウェブページに公開した。「大学… →もっと読む

筑波大学では、七夕の日にあわせて、天文・宇宙の専門家による講演会を行う。近年話題のブラックホールなどの研究の最先端について、一般向けにわかりやすく解説してくれる。会場の近隣にはJAXAの運営する筑波宇宙センターもあるので、ひと足先に訪れるのもおすすめ。今年の七夕は電波望遠鏡で観る天の川に、織姫と彦星を探そう!開催日時7月7日(土)13:30〜16:30開催場所つくば国際会議場大会議室102プログラム(敬称略)13:30「謎の天体、ブラックホールに迫る!」大須賀健 (筑波大学教授)15:00「電波望遠鏡で探る銀河―最新の写真集が明かす銀河の姿―」徂徠和夫(北海道大学准教授・筑波大学准教授(クロスアポ))参加方法申込不要、参加費無料筑波大学 天文宇宙の七夕講演会に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/06/15 東進タイムズ〕
  • 2018/06/15

筑波大学 天文宇宙の七夕講演会を開催

筑波大学では、七夕の日にあわせて、天文・宇宙の専門家による講演会を行う。近年話題のブラックホールなどの研究の最先端について、一般向けにわかりやすく解説してくれる。会場の近隣にはJAXAの運営する筑波宇宙センターもあるので、ひと足先に… →もっと読む

  • 2018/06/08

平成31年度・32年度大学入試センター試験 概要を発表

大学入試センターは、平成31年度大学入試センター試験実施要項と平成32年度大学入試センター試験出題教科・科目の出題方法等を発表した。平成31年度試験は平成31年1月19日(土)、20日(日)、平成32年度試験は平成32年1月18日(土)、19日(日)… →もっと読む

  • 2018/06/04

大学入試センター 試行調査(平成30年2月実施分)の結果を公表

大学入試センターは、平成30年2月13日〜3月3日に全国158校の高等学校および中等教育学校において実施した、大学入学共通テストの導入に向けた試行調査(プレテスト)の外国語科(英語)の結果を公表した。今回の試行調査は、英語の資格・検定試験… →もっと読む