文部科学省 平成30年度国公立大学入学者選抜の概要を公表

文部科学省は、国公立大学が7月末までに発表した入学者選抜要項等をもとに、その概要を取りまとめて公表した。平成30年度の入学者選抜実施大学・学部は、国立大学が82大学・399学部、公立大学は87大学・193学部で、全体で1大学13学部増加した。

国公立大学全体の募集人数は125,591人で、アドミッション・オフィス(AO)入試は85大学(50.3%)、推薦入試は162大学(95.9%)で実施される。国公立の大学・学部情報が凝縮した文部科学省のウェブページは宝の山。まずは訪れてみよう。 

新たにAO入試を実施する大学・学部

国立
北海道大学(総合入試文系、総合入試理系)、山形大学(農)、茨城大学(工、農)、千葉大学(法政経、工、園芸)、富山大学(都市デザイン)、豊橋技術科学大学(工)、広島大学(情報科、法)、徳島大学(薬)、香川大学(創造工)、九州大学(共創)
公立
首都大学東京(人文社会、経済経営、理)、横浜市立大学(データサイエンス)、都留文科大学(教養)、長野大学(社会福祉、環境ツーリズム、企業情報)、愛知県立芸術大学(美術、音楽)、大阪市立大学(文、生活科)、高知工科大学(システム工学群)

新たに推薦入試を実施する大学・学部

国立
埼玉大学(教養、経済)、東京医科歯科大学(歯)、一橋大学(経済、法、社会)、富山大学(都市デザイン)、岡山大学(教育)、広島大学(経済、薬、生物生産)、香川大学(創造工)、九州大学(共創)、琉球大学(人文社会、国際地域創造)
公立
首都大学東京(人文社会、法、経済経営、理)、横浜市立大学(データサイエンス)、都留文科大学(教養)、長野大学(社会福祉、環境ツーリズム、企業情報)、島根県立大学(看護栄養、人間文化)、山陽小野田市立山口東京理科大学(薬)

平成30年度国公立大学入学者選抜の概要に関する詳細は、文部科学省のウェブページから。

〔2017/10/30 東進タイムズ〕

難関大現役合格を目指すなら

  • 各大学の基本データから、周辺の家賃相場までわかる「大学案内」を活用しよう!!
  • 難関国公立・私立大入試で求められる論理力・応用力を測定、演習「難関大本番レベル模試
  • 見事現役合格を勝ち取った先輩たちの合格体験記

ニュース検索

最新ニュース

  • 2020/01/17

大学入試センター 令和2年度大学入試センター試験の志願者数の変更を公表

大学入試センターは、令和2年度センター試験の志願者数についての変更を発表した。高等学校卒業見込者(現役生)による出願の追加受理が1名、また、性別の誤登録訂正(男子から女子に訂正)が1名あったという。最終的な志願者数は、全体で557,699… →もっと読む

  • 2020/01/17

最後の大学入試センター試験 明日から

今年で最後となる大学入試センター試験が、明日1月18日(土)と翌19日(日)の2日間にわたって行われる。前日の今日は、会場までの経路を今一度確認し、忘れ物がないように準備しよう。明朝、雨や雪が降るところでは交通機関の乱れ等で到着が遅れ… →もっと読む

東京工業大学では、1月25日(土)に科学講座「中高生のための東工大 Gateway to Science〜宇宙で生命を探す〜」を実施する。宇宙空間にアミノ酸のもととなる物質や糖が存在していることが発見されるなど、生命宇宙起源説が盛り上がりを見せるなか、「本気で宇宙生命を探そうとしている」東京工業大学とJAXAの研究者が繰り広げる壮大なレクチャー。遥かなる宇宙の彼方に、君の夢も見つかるかもしれない。日程 1月25日(土)10:00〜12:00/14:00〜16:00(2回開催)会場東京工業大学 大岡山キャンパス 大岡山西講義棟1(W531)レクチャーシアター定員 各回240名参加方法 ウェブページより要申込。参加費無料東京工業大学 科学講座「中高生のための東工大 Gateway to Science〜宇宙で生命を探す〜」に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2020/01/08 東進タイムズ〕
  • 2020/01/08

東京工業大学 科学講座「中高生のための東工大 Gateway to Science〜宇宙で生命を探す〜」を開催

東京工業大学では、1月25日(土)に科学講座「中高生のための東工大 Gateway to Science〜宇宙で生命を探す〜」を実施する。宇宙空間にアミノ酸のもととなる物質や糖が存在していることが発見されるなど、生命宇宙起源説が盛り上がりを見せるなか… →もっと読む

  • 2020/01/06

文部科学省 令和3年度からの大学入試情報サイトを開設

文部科学省は、令和3年度からの大学入試についての情報を提供するサイトを開設した。英語の民間試験活用や国語・数学の記述式問題の導入が見送りとなり、今後の方針について本格的な検討に入った文部科学省が発信する最新情報が確認できる。定期的… →もっと読む