文部科学省 平成30年度国公立大学入学者選抜の概要を公表

文部科学省は、国公立大学が7月末までに発表した入学者選抜要項等をもとに、その概要を取りまとめて公表した。平成30年度の入学者選抜実施大学・学部は、国立大学が82大学・399学部、公立大学は87大学・193学部で、全体で1大学13学部増加した。

国公立大学全体の募集人数は125,591人で、アドミッション・オフィス(AO)入試は85大学(50.3%)、推薦入試は162大学(95.9%)で実施される。国公立の大学・学部情報が凝縮した文部科学省のウェブページは宝の山。まずは訪れてみよう。 

新たにAO入試を実施する大学・学部

国立
北海道大学(総合入試文系、総合入試理系)、山形大学(農)、茨城大学(工、農)、千葉大学(法政経、工、園芸)、富山大学(都市デザイン)、豊橋技術科学大学(工)、広島大学(情報科、法)、徳島大学(薬)、香川大学(創造工)、九州大学(共創)
公立
首都大学東京(人文社会、経済経営、理)、横浜市立大学(データサイエンス)、都留文科大学(教養)、長野大学(社会福祉、環境ツーリズム、企業情報)、愛知県立芸術大学(美術、音楽)、大阪市立大学(文、生活科)、高知工科大学(システム工学群)

新たに推薦入試を実施する大学・学部

国立
埼玉大学(教養、経済)、東京医科歯科大学(歯)、一橋大学(経済、法、社会)、富山大学(都市デザイン)、岡山大学(教育)、広島大学(経済、薬、生物生産)、香川大学(創造工)、九州大学(共創)、琉球大学(人文社会、国際地域創造)
公立
首都大学東京(人文社会、法、経済経営、理)、横浜市立大学(データサイエンス)、都留文科大学(教養)、長野大学(社会福祉、環境ツーリズム、企業情報)、島根県立大学(看護栄養、人間文化)、山陽小野田市立山口東京理科大学(薬)

平成30年度国公立大学入学者選抜の概要に関する詳細は、文部科学省のウェブページから。

〔2017/10/30 東進タイムズ〕

難関大現役合格を目指すなら

  • 各大学の基本データから、周辺の家賃相場までわかる「大学案内」を活用しよう!!
  • 難関国公立・私立大入試で求められる論理力・応用力を測定、演習「難関大本番レベル模試
  • 見事現役合格を勝ち取った先輩たちの合格体験記

ニュース検索

最新ニュース

  • 2019/07/17

大学入試センター 令和3年度共通テストの記述式問題について説明

大学入試センターは、令和3年度の大学入学共通テストで出題する数学と国語の記述問題の作成方針について、高校関係者向けの説明会で明らかにした。それによると、数学では「数学Ⅰ」と「数学Ⅰ・A」でマーク式問題と混在させた形で数式… →もっと読む

  • 2019/07/12

文部科学省 TOEICの大学入試英語成績提供システム参加取り下げに伴う対応について掲載

文部科学省は7月8日(月)、大学入試英語成績提供システムへの参加をTOEICが取り下げたことで受験生が不利益を被ることのないよう、対応についてウェブページ上に掲載した。すでに公表されている「大学入学共通テスト実施方針運用ガイドライン」で… →もっと読む

立教大学は7月6日(土)、2021年度の一般入試から民間の英語資格・検定試験を全面的に導入することを公表した。民間の英語資格・検定試験のスコアを得点化したものに他の受験科目2科目の得点を合計した3科目の総点で合否を判定し、大学独自の英語試験は実施しない。利用可能な試験は、ケンブリッジ英語検定、実用英語技能検定(英検)、GTEC、IELTS、TEAP、TEAP CBT、TOEFL iBT 。一般入試の各試験実施月から遡って2年以内に受検し取得したスコアが有効とされる。また、大学入試英語成績提供システムを経由して提供されるスコアも利用可能とする予定。2020年度より学部1年生全員に「英語ディベート」の授業を必修化するなど、立教大学はまさに英語教育カリキュラム改革の真っ只中にある。立教大学 2021年度入試より英語資格・検定試験を全面的に導入に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/07/10東進タイムズ〕
  • 2019/07/10

立教大学 2021年度入試より英語資格・検定試験を全面的に導入

立教大学は7月6日(土)、2021年度の一般入試から民間の英語資格・検定試験を全面的に導入することを公表した。民間の英語資格・検定試験のスコアを得点化したものに他の受験科目2科目の得点を合計した3科目の総点で合否を判定し、大学独自の英語… →もっと読む

大阪大学は7月2日(火)、令和3年度(2021年度)より始まる大学入学共通テストにおいて、特別な事情により「英語認定試験」を受験できない場合の取扱いについて発表した。大阪大学は、新入試での出願要件等として英語認定試験を受験者に課すことにしているが、「特別な事情」をもつ受験者への負担軽減について、文部科学省が示した運用ガイドラインの規定に加えて大学独自の特例措置を行うという。対象となるのは、経済的に英語認定試験を受験することが困難な事情がある場合、離島・遠隔地等に居住または通学している場合、一定期間海外に在住していた場合、病気等のやむを得ない事情により英語認定試験を受験できなかった場合。条件を満たす受験生は、特別な事情を証明する書類、校長による英語力の証明書をもって英語認定試験の受験に代えることができる。詳細は後日募集要項にて公表される予定。大阪大学 英語認定試験の負担軽減措置については、同大学のウェブページから。〔2019/07/08 東進タイムズ〕
  • 2019/07/08

大阪大学 英語認定試験の負担軽減措置について発表

大阪大学は7月2日(火)、令和3年度(2021年度)より始まる大学入学共通テストにおいて、特別な事情により「英語認定試験」を受験できない場合の取扱いについて発表した。大阪大学は、新入試での出願要件等として英語認定試験を受験者に課すことに… →もっと読む