TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

数学 澤村光弘先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

数学 澤村光弘先生

パターンやテクニックの丸暗記とは正反対の、体系的に解法を掘り下げていく授業を展開する。先生の熱くパワフルな語りの波に乗れば、論理を的確に踏まえて自分自身で考える力がつき、数学の世界で自由自在に振る舞えること間違いナシ!数学を楽しみたい君にピッタリ。

やるべきことを実行し本番に臨む

 直前期にやれることは限られています。数学だけに時間を割くことはできません。無闇に新しい問題に手を出さず、次の3つを実行してください。

①センター試験の時間に合わせた生活パターンに切り替える。夜型は禁物です。

②センター対策で解いた問題で自信のない(苦手な)問題をもう一度復習する。

③過去問とセンター試験に対応した模試の問題を時間を短縮して解く。

 各大問が「出だしは基本事項、次にやや応用、最後の設問が応用」の構成になっていることを頭に入れ、行き詰まった設問はパスして次の設問に取り組み、全問に時間を配分することが重要です。本試験でも同様にしてください。

 人生には失敗が必ずあります。人は失敗を乗り越えて初めて、他の人の悲しみを感じ取れる〝魅力ある人間〞に成長します。センターで失敗しても、「魅力ある人間への第一歩なんだ」と前に進めばいいのです。

<以下WEB限定>

試験前日

やり残したことがたくさんあるでしょう。「これもあれも残っている。。。」と焦り、不安になる。居直りましょう! 自作のノートとお気に入りのテキストが守り神です。それをながめ、いままでの努力を思い出せば、「ここまでやったのだから、今の力を悔いなく発揮するだけ」と思えるはずです。夜、眠れないかもしれませんが、気にする必要はありません。目を閉じて深呼吸をすればよい。2日間の試験なぞ、君たちの若さで難なくやり通せます。

試験後

自己採点をして得点を確定することを早急に済ませて下さい。出願大学の決定はやや遅れるかもしれませんが、その決定以前に国公立二次・私大対策をスタートすることが重要です。“センターのような親切な誘導”がないことを再確認し、頭を切り替えて下さい。出願大学の決定後は、過去問演習に邁進してください。

勉強はポジティブに取り組もう

新高3生は、受験まで1年であることをプレッシャーでなく、“さあ、やろう”とポジティブに捉えましょう。共通テストが気になるでしょうが、まずは基礎固めとしてⅠ・A/Ⅱ・Bの総復習を。苦手分野でも教科書レベルをマスターすることが目標です。修了の目安は春頃ですが、これは人により異なるので焦らないことが重要です

 新高2生は、できそうな分野・相性のいい分野を得意分野にしてください。この過程で「自分もできる!」という成功体験を得ることができ、数学が面白くなるはずです。そうすれば、苦手分野も克服できます。

 理屈を考えずに解法を丸暗記していると、見かけの成績が初めはよくなるでしょう。しかし、その後の成績は頭打ちで学習意欲がなくなり、その教科を放棄することになってしまいます。勉強を通じて、「論理的に物事を考えれば実力がつく」こと、そして「考えることの面白さ」を知ってください。

<以下WEB限定>

「センター試験同日体験受験」

 既習分野の問題に集中してください。新高3生はⅠ・Aの全分野とⅡ・Bのほとんどの分野に、新高2生はⅠ・Aのほとんどの分野にチャレンジできるはずです。成績は期待しなくても構いませんが、言い訳は厳禁です。「すべてを受け入れてこの状況を乗り越える」ことが勉強の究極の目的であり、実は人生の究極の目的でもあるのです。

(1) センター試験問題型

 30年近い実績のある試験です。教科書・教科書傍用問題集と同様、純粋な数学力が問われます。各問題は「出だしは基本事項、次にやや応用、最後の1〜2個の設問が応用」で構成されており、どこまで出来たかで理解度が分かります。たとえば、基本事項で精いっぱいの人は、教科書をじっくりやり直しましょう。

(2) 共通テスト予想問題型

 1年後に実施される共通テストの予想問題です。純粋な数学力を問う問題の他に、教科書・教科書傍用問題集にはない“問われ方”(社会的な事柄や会話文など)に驚くでしょう。その“問われ方”から数学を取り出す力が必要となり、幅広い力が要求されます。純粋な数学力を身に付けつつ、斬新な“問われ方”に慣れる必要があります。現時点で、このことを経験することは重要であり、今後は「共通テスト本番レベル模試」を活用してください。

 (注) 「センター試験問題+共通テスト予想問題型」において、数学はセンター試験問題型と同じです。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!