TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

世界史 加藤和樹先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

世界史 加藤和樹先生

若くして既に10年以上の世界史指導経験を持つ気鋭の講師。史実に真摯に向き合い、自らの知識と経験を深める為に様々な国へ視察に行くのを趣味としている。世界史の持つ「必然性」と「展開」を重視し、それを図解して捉える授業は、「世界史に興味が持てない」「自分は暗記が苦手かも」と思っている生徒の意識を180度転換させる。

合格点に届くための最後の確認をしよう

国公立二次試験、私大一般入試の直前期は、過去問演習の精度を上げていきましょう。得点だけを気にするのでは全く意味がありません。間違えた問題に関して、どのような知識が抜けていたのか、あるいはどのような勘違いをしたことがミスの原因なのかを明確にすることが大切です。その際、単語の丸暗記にならないよう、因果関係や流れを整理しながら頭に入れましょう。難関私大で出題される難問・奇問にとらわれすぎないで、教科書の基本事項をおさえておけば、合格点に届きます。

また、選択式問題で「迷った末に偶然正解した」という場合も要注意。結果的に正解できたからと安心しがちですが、そのとき迷って選ばなかった選択肢にこそ自分の「強化すべきポイント」が隠れています。世界史に、センスは必要ありません。努力しただけ成績が上がります。まさに「努力を裏切らない」科目なのです。

<以下web限定>

論述型の問題の多くは、センター試験とは異なり、加点方式で中間点が存在します。よくわからない問題が出てきても、何かしら書くことで得点できる可能性もあるので、あきらめず取り組みましょう。過去問や類似問題の演習を沢山行うことで、問われていることに対して「何を書けば得点がもらえるのか」がわかるようになるはずですよ。論述問題は、100人いたら100通りの答えが出てくるので、過去問や問題集の解答例は絶対ではありません。さらに、入試本番の短い時間のなかで解答例のような完成度の高い文章を書くのもなかなか難しいので、あくまで参考例として意識してくださいね。

楽しみながら勉強を進めよう

これから世界史の勉強を始めるにあたって楽しんで勉強してほしいと思います。歴史漫画や映画、テレビ番組などにも、世界の歴史、遺産、文化を取り上げたものがたくさんありますね。そこから興味を持った国や出来事をまず勉強するのもいいでしょう。

おススメは特に出題頻度の高い中国史を押さえておくことです。新高3生は3月末までにひと通り理解しておけば、4月以降大きなアドバンテージになります。世界史は取り組んだ時間に比例して成績が伸びます。効果的な勉強方法については、『世界史の勉強法をはじめからていねいに』(東進ブックス)で細かく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

世界史で学んだ知識によって、映画や小説、海外旅行での体験を、より深く楽しめるようになるということが世界史の醍醐味だと思います。世界史は人生を豊かにする科目ですから、ぜひ楽しんで勉強してほしいです。

<以下web限定>

「第1回大学入学共通テスト本番レベル模試」が2月にあります。時期的に世界史の学習がまだまだ不十分という人も多いかと思いますが、入試本番でどのようなレベルの問題を解く必要があるのかがわかりますので、得点は気にせずに取り組みましょう。ただし、既習分野であれば解けるはずですから、そこに関しては8割以上正解することを目標にしてがんばってください。もし8割に満たなければ、まだ理解が足りていない証拠。放置せず、次回はきちんと得点できるようにオリジナルの「まちがいノート」などを作って復習してください。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!