TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

英語 土岐田健太先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

英語 土岐田健太先生

学生時代より黙々と日々研鑽してきた努力人は、「実用英語」と英語文化の「教養」の橋渡しをする。英語圏の文化背景から英語を捉え直す講義スタイルは、これまでの英語観を大きく変え、将来まで通用する圧倒的な英語力を習得できる。高校生だけでなく、社会人対象の資格講座や教養講座も担当。「知的な面白さ」を追求し続ける講義で、受講者の知的好奇心を満たし、合格のその先の将来と向き合う自信をも与えてくれる。

「文法力」を「瞬発力」へ変える!

プロのアスリートほど、「基礎」を大切にしています。受験でも「基礎力」の高い生徒が合格を勝ち取っているので、今回はどんな入試にも対応するための「基礎力」に絞ってアドバイスを送ります。

基礎力とは「英語の一文レベルに含まれる文法事項と単語が完全に身についている状態」です。「文法力」は英語力を支える大きな「武器」になります。さらに、共通テストでのリスニング重視の傾向を踏まえて「音声学習」で「英語の瞬発力を高めるトレーニング」をしましょう。共通テスト試行調査を分析すると、「文法の根本理解」が求められているとわかるのです。「文法力」はリスニングにも活用できます。

成功する受験生には「黄金パターン」があります。それは「理屈」→「反復」の流れを大切にすることです。授業で「文法の理屈」を理解し、その後で「豊富な演習」をするという流れがあります。

文法は前半戦の勝負の要です。特に「読解」の肝となる「文型」、「準動詞(不定詞・動名詞・分詞)」「接続詞」「関係詞」「時制」「比較」「仮定法」の項目は、3月~5月の連休頃までにじっくりと時間をかけて、完璧に。さらに、「総合力」を鍛えるために、5月から6月は文法から読解への橋渡しとして「句と節:名詞・形容詞・副詞のカタマリ」の理解を完璧に仕上げておきましょう。学校の総合英語の本や講座などについている基本例文集は各単元別に「音声学習」(リピーティングやシャドーイング)&「日英英語戻し」ができるレベルまで仕上げておきたいです。これによって、文法事項と英文が血となり、肉となるのです。

変化の過渡期にあるとき、人は不安でスタートを切るのが遅くなりがちです。そんな時こそ「行動する人」に勝利の女神は「ほほえむ」ものなのです。Just give it your best!

<以下web限定>

・模試で「自己分析力」を磨く!

模試の結果に一喜一憂せず、「自己分析」の絶好の機会と捉えることが重要です。受けた後も、「時間配分のチェック」と「自分の分野別の得点率」も見てください。さらに、不正解の問題だけではなく、「悩んだ問題」も解説を熟読します。成功した生徒のパターンを紹介しましょう。紙に「現状分析・苦手分野」と「対策」を書き、壁orスマホの画面などに貼っておきます。それを1週間以内に克服するプランをメモしておき、いつでも目に触れるようにしていました。例えば、100点未満~160点のラインだと、個別の弱点のほかに、「未習分野がある」「一文一文の把握力が弱い」「選択肢の吟味が不足している」「時間配分が甘い」など、共通した課題を抱えていることが多いのです。

・共通テストのリスニングでは「文法の深い理解」が問われる!

生徒にアンケートを取ると、配点が100点分もある「リスニング対策」をどう立てたらいいかわからない受験生が多いと「悩み」を打ち明けてもらいました。きちんとした対策法を知れば、リスニングは「得点源」になりますから、ぜひ「具体的な勉強法」を知っておいてください。音声のスピードは「ゆっくり」で音の「リダクション(脱落)」も少ないので、センター試験同様に「平易な聞き取り」と言えるでしょう。その代わりに、「深い学習」ができているかを問う問題が目立つのです。

実際には共通テストの試行調査からも「文法の根本理解」が求められているとわかるのです。「文法力」はリスニングでも有効活用できます。「試行テスト(H. 29)」の第1問Bではhave his house painted「(他者に)家を塗装してもらう」という音声が流れており、「文法の幹」に当たる理解も求められています。過去分詞を使うとき、「他者から~される・してもらう」という関係があることは単に文法の4択問題が解けるだけではなく、「根本的なルール」を理解しておくことが必要なのです。さらに、acrossのような前置詞によって「位置関係」をつかむ問題もあるので、「空間把握」系問題の対策は「前置詞の根本理解」が問われる傾向にありそうです。リスニングの問題でも「文法知識」が重要ですから、必ず「理解の伴った学習」を行ってください。また、リスニングの大きな要素として「最終的にどうなったのか?」を理解する力が試されています。途中で判断せずに最後までよく聞き、「変更点」や「話者の気持ちや判断の変化」にも耳を傾けてください。

今度は「学習法」に注目してみましょう。各学習ツールを効果的に活用することで、「英語の総合力」を伸ばせます。まず、「リピーティング」。初心者向けの学習ツールで、これは意味のカタマリごとに音声を止め、リピートするシンプルな方法です。次に「シャドーイング」です。中~上級者向けの学習法であり、「スピーカーの音声を追いかけ、自分もそれを発音していく」という方法です。僕も歴代の受講者もこの勉強法を使ってリスニング力や英語の総合力を強化してきました。英語の処理速度が驚くほど上がり、成績を急激に上げた生徒も多い学習法です。「ディクテーション」は「音声を書きとる」学習法です。時間のかかるものですが、「弱点の発見」に利用するのが効果的です。冠詞やsなど抜けやすいものが浮き彫りになり、細やかなリスニングの技術がついていきます。段階に応じて、「学習ツール」を有効活用し、リスニング力をつけていきましょう。

「時間対効果」を意識して予習・復習する

高校の勉強の指針は「時間対効果」を意識することです。「予習」ではまず辞書を引かず、本文の読解をしましょう。評論文ならば、「何が言いたいのか?」「根拠があるのか?」などを意識して、メリハリをつけて読みます。物語文・小説ならば「心情の変化」「結末」など展開を意識しながら読んでください。次に、1文の「文の構造」や「語句レベル」を意識しながら丹念に読んでいき、「自力ではわからない」部分をチェックしていきます。「『わからない』の見える化」をするのです。そこで初めて「調べる」ことが効果を発揮します。辞書・総合英語の本を活用するとほぼ自力でも解決はできます。また、授業には「質問を持った状態」で参加するようにしてください。それを探求し、掘り下げて、解決していくのが「授業」の役割だからです。

復習をするときは、①「10分復習法」②「弱点補強」③「音読」を中心にするのがおススメです。

①「10分復習法」。受けた授業を10分で「口頭要約」or「プチ講義」でおさらいします。「人に伝える」つもりで話すと、その内容が驚くほど頭に入るものです。

②「弱点補強」。これは「調べ学習・暗記・類題演習」などです。単純に知らなかった単語を覚えるという勉強のほかに、「調べ学習・類題演習」を入れると、なお復習は効果的です。

③「音読」。最も重要な勉強法で、「単語・熟語・文法」の復習を総合的に行うこともできるため、おススメです。音読することで文のカタマリを意識し、構造をつかむ力を養うことができます。学校の授業で「リダクション:音の脱落」や「リエゾン:音のつながり」などをチェックしておき、音読する時はできればモデルCDのお手本に沿って学習を進めたいところです。音読は、モデルCDを活用した学習のほうがより効果が上がります。

<以下web限定>

・予習(本紙補足)

 次に「先取り受験勉強」です。単語を調べる時は「単語集」の索引も活用してください。「重要な単語の意味」がピンポイントで載っているため、用例を「書き写す」手間が省けます。その際に、「意味がしっくりこない」と思ったら、辞書に頼ってもOKです。授業の予習の段階で、そのチェックのついた単語を覚えていきましょう。「受験勉強」を予習の段階でやってしまえば、あとで楽ができるのです。

辞書がその真価を発揮するのはどういう場面でしょうか?それは「動詞」の使い方です。動詞には「文型」や「語法(動詞の使い方)」が付きまとうので、一番品詞の中では「用例」が重要になるのです。例えば、encourage O to V「OがVするよう励ます」は動詞 O to Vという「形」が大切な動詞です。英語が得意になりたいという生徒は「動詞の用例」だけはしつこくチェックし、例文を「10回音読する」くらいの習慣はつけたいところです。

・模試の復習は「分割」せよ!

模試の結果に一喜一憂せず、「自己分析」の絶好の機会と捉えることが重要です。高1生~高2生は「時間配分」よりも「苦手のチェック」と「克服」に利用するのがおススメです。単元別の弱点のデータが手に入るのですから、「対策」を書き、壁orスマホの画面などに貼っておくのも効果的です。それを1週間以内に克服するプランをメモしておき、いつでも目に触れるようにしましょう。部活などで時間のない受験生は「テーマ」を決めて取り組むのが効果的で、この週は「大問3の長文の単語を覚える」、次の週は「単元別苦手克服プラン」のように、うまく勉強プロセスを細分化します。「困難は分割せよ」を合言葉に、うまく学習プランを「達成感」の得られる形に工夫してください。「模試の復習」は大きすぎてやる気がしないけど、「分詞の後置修飾を復習するんだ」と小さいな問題にすれば、解決する兆しが見えるのです。

・学校生活との両立は「共通点」の発見がカギ!

 高校生の多くが部活動や課外活動に参加するので、初期は「文武両道」の困難に直面する生徒も多いかもしれませんね。正直に言うと、僕は高校時代「帰宅部」だったのであまり偉そうなことは言えないんです。しかし、大人になってからは「両立」の嵐です。「本の出版」「映像の撮影」「取材」「打ち合わせ」「企画立案」「全国を飛行機通勤で授業・講演」など、かなり多岐に渡る仕事を日々しています。そんな中「競技ヨーヨーの選手」をしていて、まずステップアップとして、新人向けのフリースタイル競技に出場し、2地区「連続優勝」することができました。この時に心がけたのは「上達の共通点」を知ることです。「目標」を設定してそれを達成するために行う練習方法は、「スポーツ」(その他音楽や作法でも)と「勉強」で驚くほど共通点があるものです。「うまい人(できる人)の模倣」⇒「自分に合うように創意工夫」⇒「反復練習」の流れは、受験勉強にそっくりなのです。「自己管理」も大切で、僕は基本スマホを使う時間を明確に決め、「それ以上は使わない・見ない」ことにしています。ぜひ自分の「やると決めた」ことは勉強でもスポーツでも大いに「目標」を立て「結果」を出してほしいと思っています。Let’s enjoy the process.

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!