TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

日本史 井之上勇先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

日本史 井之上勇先生

語りかける口調はとても穏やかだが、緊張感のある厳しい指導で定評がある。しかし、その厳しさは生徒の成長を思ってこそであり、講義は人気を博している。つねに生徒と同じ目線に立ち、入試問題に対する的確な思考法を教えてくれる。気がついたときには、ダイナミックな歴史の流れが一本の糸につむがれ、連綿と輝いているはずである。

復習に力点を置いて学習を進める

学校の授業や講義を受講するという前提での予習であれば、日本史においては予習よりも復習に力点をおくべきでしょう。時代の全体像や因果関係などは、自分で学習するよりも教わったほうが確実に早いからです。復習は、全体像を定着させることを優先するため、テキストやノートを閉じて、「どんな授業内容だったのか」を考えてみましょう。「考える」だけでは効果が期待できないと思うのであれば、授業(講義)で学んだことを箇条書きにしてみるとよいでしょう。

社会経済史や文化史も当然重要なのですが、時代の全体像を把握するために不可欠なのは、政治史と外交史です。理解や記憶があいまいなうちにほかの分野に取り組んでも、大きな効果はありません。夏前をメドにするならば、政治史・外交史について、一度理解したことが記憶から遠ざかることも前提に、何度も復習して定着させるようにしましょう。

<以下web限定>

共通テストの1年目、入試改革の1年目に受験を迎えたみなさんは、複雑な思いがあるのではないでしょうか。前例がないテストに直面しなくてはならないのですから、動揺するなという方が難しいでしょう。しかし、センター試験も、単なる記憶の多寡を測るものではなく、思考力・分析力などを求めるテストでした。共通テストはそうした傾向がさらに強まったといえるでしょう。与えられた素材、情報をどのように活用して解答を導き出すか、そうした能力を測るテストとしての性格が強まっています。過去問はありませんが、センター試験の過去問や共通テストの試行調査をもとに作成した東進模試を、ぜひ活用してください。

長期的な視野で学習を進めよう

日本史の学習では、まずは日々の授業を重視しましょう。授業の前に太字の語句などを中心に歴史用語に耳慣れておくとよいでしょう。

全体を理解するためには、日本史Bの教科書を精読していくことが近道なのですが、表現も難しく情報量も多いため、取り組みづらいという印象を持つ人も多いのではないでしょうか。そのような印象を持つのであれば、ぜひ中学校で使用した歴史の教科書を参考にしてください。歴史の大まかな流れであれば、中学歴史の教科書のほうが、掴みやすいかもしれません。学習において、主要科目を優先するのは当然なので、日本史の学習はおろそかになりがちです。短期ではなく、長期的な視野で学習を進めましょう。

大学受験は自分の意思で挑戦し、大学は、将来自分が何をしたいのかを明確にしたうえで選択するべきものです。10年後、20年後の自分を思い描きながら、学習を続けていきましょう。

<以下web限定>

大学受験は孤独のようにみえて、実はわりといろんな人に支えられていたりします。重要なのは情報を集めることなのかもしれません。東進という我々の組織が、みなさんにしてあげられることは少なくないと考えています。ぜひ頼ってもらえると、とても嬉しく思います。講師としての立場だけではなく,親という立場からも、みなさんを応援しています。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!