TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

古文 栗原隆先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

古文 栗原隆先生

20年を超える指導経験から、東大・難関大志望者に絶大な信頼を得る真の実力講師。「構造分析による本文解釈」と「出題者の心理・行動分析による設問解法」を軸に、独自の図表や心和ませる古典エピソードを交え展開される講義は必聴。あらゆる入試問題にも素早く、確実に正解へ導く本質の指導を追究する。

共通テストの出題形式の変更点としては二つ考えられます。一つは、内容正誤の設問として、「複数の人間の意見を選択肢とした問題」が最後に出題される可能性が高いこと。いわゆる「内容一致」の設問は、センター試験でも多くは最後に設定されましたが、その選択肢の表現を「複数の人間の意見」として表現されただけとも言えます。間違えないでほしいのは、これらが評論や個人的見解ではけっしてないことです。正誤を決める根拠となる要素が、必ず本文の中にあります。それがどこにあるのかを考えて、本文中を探すことです。 

二つ目は、問題文が複数となる可能性があることです。すべての作品は先行作品の一部を引用したり、借用・変形したりして作り出されるものなので、ある表現に関して共通する要素を持つ複数の作品をあえて本文に採用する方法があります。だとしても、問題文総字数は、センター試験と同じくらい(1400~2000字)となりますし、たとえそれが近世の作品であっても、平安時代の仮名文や和歌を模範として作成した「雅」文体ですから、平安時代の基本的な語彙・語法を理解できていれば問題はないでしょう。

文法と語法を固めて「形で分析」しよう

今からの対策として、まずは「平安中期の文法体系の理解」です。問題文は、平安物語から近世後期の随筆まで、時代もジャンルも多種多様です。しかし、近世後期のテキストであっても、文体は国学者の擬古文体であったりするので、平安中期の文法体系と基本的な語彙の理解があれば解釈できます。 

そして、「古文の形(文の構造)」を分析しようとする視点を持ってください。「古文」は、けっして「非論理的な表現形式」ではありません。今すぐ、「形で分析」する古文の見方に気づいてください。 

また、「基本的な語彙」の理解は、「多義語」の説明がある単語集を使いましょう。一般に大学受験に必要な英単語数は6000~7000語と言われているのに対して、古文の単語数は300数十語程度です。一日10語を1カ月かけて、楽しみながら覚えてください。

古文は日本語であって、文法と単語は現代語とそう大きくかけ離れているわけではありません。文法的に見れば、(S)OVという言語類型は全く同じ。「夏までにやっておくべきこと」は、「文法」と「語彙」について考えることです!

古文の特徴を理解し苦手意識を克服しよう

『古文』の最大の特徴」を理解しましょう。とにかく、古文は一つの文が長いです。実は、このことこそが古文嫌いを増やしていると私は確信しています。問題文に目を向けると、そこにはただ、ひらがな(ちょっと漢字)が延々と連なっている。でもね、これって実はたいしたことではないんです。

 「古文」の特徴の一つに、「接続詞の少なさ」が挙げられます。古文において「接続詞」の代わりの役目を果たすのが、「接続助詞」です。「接続助詞」の前後の論理関係を見て順接なのか逆接なのか単純接続なのか、現代語の「接続詞」に置き換えて考えましょう。

「古文」は、みなさんが思うほど「非論理的な表現形式」ではありません。そのように感じられるのは、「古文」の構造を分析しようとする視点がないからです。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!