TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

日本史 金谷俊一郎先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

日本史 金谷俊一郎先生

入試頻出事項に的を絞った授業と、「表解板書」と呼ばれる独特の切り口の板書は、受講生から圧倒的な信頼を得る。また、日本史用語の意味の理解と時期把握に重点を置いた授業は、知的好奇心をくすぐり、歴史の本質をさりげなく提示する。それは、今後のより深い研究への導入にもなり得るものである。

共通テストに変わることで危機感を持っている受験生が多いと思いますが、今までのセンター試験と根幹の部分は変わりません。ただセンター試験に比べて知識よりも理解を問うことが大きくなっているのが特徴です。

皆さんの中には意味がわからないけど、丸暗記をしている用語や歴史の事柄はありませんか。共通テストではそういったところを狙って出題します。つまり歴史用語や年号をただ丸暗記している受験生ではなく、きっちりと歴史を理解している受験生を選抜したいという思いで共通テストが実施されるのです。ですから意味もなく丸暗記している用語や事象について、一つひとつ洗い出して、しっかりと理解するようにしましょう。

時代の特徴を把握し歴史現象を理解する

共通テストには過去問がありません。この条件は皆同じです。 では、どのように対策すべきかと言うことですが、その場合重要なのは、出題者が何を求めているかということです。出題者は「歴史の理解」を受験生に求めています。ですからそれに応えるような学習をすれば良いわけです。

一つずつ時代の特徴を把握し、一つずつ歴史事象を理解するということを続けていれば、共通テストの問題が解けることは試行調査からも明らかです。今の学習を大きく変える必要はありませんが、暗記偏重の学習に陥っている人はぜひとも学習態度をこの機会に変えてみてください。

歴史の流れを落ち着いて理解する

一つのことばかりやっていると息が詰まってしまいます。複数の学習を同時に進行させていくと良いでしょう。例えば時間を区切って、別々の時代を同時進行させていくことなど工夫できます。 また、この時期は歴史の流れについて落ち着いて取り組んでいくことも重要です。『なぜと流れがわかる本』(東進ブックス)や「ベーシック日本史」などの講座の復習などを通じて、歴史を理解しながら頭に入れることを徹底してください。

日本史の学習は3段階に分けることができます。

第一段階は日本史の流れなどを理解すること。第二段階はそれをもとに基本的な用語などを頭に入れること、そして最後の段階は実際に自分が身につけた知識で入試問題が解けるようになることです。

高2生・高1生は、この第一段階をしっかりと行いましょう。『なぜと流れがわかる本』や「ベーシック日本史」などの日本史の基礎固めをする教材や講座を用いて日本史の基礎について一つずつ理解することを心がけてください。

学習の段階を把握してまずは流れを理解しよう

例えば定期テストの直前などに理解することが面倒臭くて暗記してしまうことがよくあるかもしれません。共通テストを始めとした最近の入試傾向はただ単なる用語の丸暗記では太刀打ちできない入試問題になっています。

逆に言えばしっかりと日本史を理解していればたくさん暗記しなくても高得点が取れると言うことです。

高2生・高1生にとってしっかりと土台固めをするとても良い時期ですので頑張ってください。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!