TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

古文 栗原隆先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

古文 栗原隆先生

20年を超える指導経験から、東大・難関大志望者に絶大な信頼を得る真の実力講師。「構造分析による本文解釈」と「出題者の心理・行動分析による設問解法」を軸に、独自の図表や心和ませる古典エピソードを交え展開される講義は必聴。あらゆる入試問題にも素早く、確実に正解へ導く本質の指導を追究する。

必要なのは「解釈する力」

古文は「単語を暗記して、文法さえやればOK」と誤解している人がいますが、出題者が求めているのは「解釈する力」です。つまり、文章を「分析」し、部分ごとに精密な「検証」を行い、それを全体の内容として「再統合」し、得た理解を第三者に「説明」する力が要求されているのです。

正しい解釈の前提となる「古文の統語構造(いわゆる古典文法)」とは、「日本語がどんな構造を持っているか」を学ぶことです。英語やドイツ語が「主語中心構造」なのに対し、日本語は「述語中心構造」を持っています。述語を見て主語がわかる場合は、主語を省略するのです。このため、古文も述語に注目します。述語は、受身や存続、敬意など、文法的意味を表す複数の助動詞が、用言や体言の下に活用形で接続してできています。つまり、文法で必要なのは「活用」「接続」「文法的意味」の3つなのです。まずはこうしたシステム構造を理解することに努めましょう。

<以下web限定>

もうひとつ、正しい古文解釈に必要なのが、「重要な語彙の知識(いわゆる古文単語)」です。古文単語は、ただ暗記するのではなく、「この単語はどんな歴史や概念を持っているのか」という考え方を使うと、日本人の精神史を考察できて面白いですよ。また、その語の「典型的な意味」をまず想定し、そこから他の意味がどのように派生するかをチャート図にすると、単語のもつ意味の範疇が一目でわかります(プロトタイプ理論)。私の著書は、このような考え方を使って書いてありますので、参考にしてみてください。

 理系の生徒も、古文は大学入試で終わりと考えず、「古文は解釈学」であることを忘れないでくださいね。「分析」「検証」「再統合」そして「説明」といったプロセスは、人文科学や社会科学、自然科学の学習・研究であっても全く同じです。ですから、古文の学習というのは理系の生徒にとっても非常に価値のあることですよ。

正しい学習方法を 身につけよう

「古文」とは、日本語を通時的に学習する科目です。時代によって日本語は変化していきますが、「書き言葉」としての古文は、実は「話し言葉」と比べるとそれほど変化していません。例えば、センター試験の近世の文章のほとんどは、「擬古文体」という平安時代の文法体系を使って書かれたものです。古文で学ぶ文法は「平安時代を中心とする文法」体系なのです。

新高2生、新高1生は、教科書などを用いて、徹底的に「古文の構造」にこだわり、単語一つひとつの「かたち」と「はたらき」の意味を考えてみてください。学習に必要なのは「暗記」ではなく、まずは「分析」です。分析の方法については、自分で一から考えようとすると時間がかかってしまうので、入門講座である『ベーシック古文』を受講するなど、まず「習う」といいと思います。正しい学習方法をとれば、楽しく学習することができますよ。

<以下web限定>

また、受験に必要な重要単語とは、辞書の赤字部分や教科書の注釈、巻末にまとめられているような単語です。数は250~300とそれほど多くありませんから、典型的な意味をまず覚えたら、そこから他の意味がどのように派生するかをチャート図にしてみると楽しいですよ。

さらに古文を楽しむのにおススメなのが、『ビギナーズ・クラシックス日本の古典シリーズ』(角川ソフィア文庫)です。古事記から南総里見八犬伝まで、訳つきで様々な作品が取り上げられています。興味があるものを読んでみましょう。『言語学の教室』(中公新書 西村義樹・野矢茂樹著)も対話形式になっていて読みやすく、古文だけでなく英語や他の言語を勉強したい人にもおススメです。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
ぴったりの講座が見つかる!!
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?