TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

現代文 板野博行先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

現代文 板野博行先生

ムダがなく、誰が聞いてもわかる授業を展開すること。受験指導のプロとして受験生を鍛え上げること。そして何よりもやる気にさせること。そのためのノウハウを惜しまず、全力で皆さんに提供します。ベストセラー『古文単語ゴロ565(ゴロゴ)』の著者としても全国的に有名。

読むスピードアップを目指そう

センター試験対策で一番ポイントとなるのは「速度」です。今年のセンター試験も、問題文と設問を合わせて15000字。日本人が小説を読むスピードは平均500字/分ですから、読むだけで30分はかかる計算です。難しい評論となると、さらに時間がかかります。8割得点のためには、1000字/分のスピードを目標にする必要があります。

速度を上げるためには、センター試験レベルの文章を毎日読むことが有効です。まず1度、限られた時間の中で、問いに対する答えを意識して読みましょう。そして2度目は1週間後、「不正解の選択肢はどこが誤っているか」を自分自身にレクチャーしながら復習しましょう。夏までに10題×2回の20題は取り組めると思います。そして夏頃にさらにもう1度復習。1度目は1問解くのに20~30分かけていたのが、2度目は全体で20分、3度目は10分と、どんどん短時間で読めるようになります。

<以下web限定>

正確性を高めるためには、一度犯した誤りは繰り返さないことが大切です。上記のサイクルを徹底すれば、「難しい文章が読めない」「時間が足りない」「傍線部の理由説明が弱い」といった自分の弱点分野が明らかになるはずです。現代文の場合、同じ問題が出題されるわけではありませんが、根拠のあり方は一緒です。「傍線部の前にある場合」「傍線部の後ろにある場合」、「傍線部自体を言い換える場合」の3パターンしかありません。問題を解く際は、解答の根拠をマーカーで色分けして分析することをおススメします。

「二次私大対策をしていればセンター対策は大丈夫」というのは、実は大きな間違いです。思考力や記述力、表現力が要求されている二次試験では、正解が1つではありませんから部分点もあります。一方でマーク式のセンター試験は、少々のミスでも間違えれば0点になります。問2~5までは配点が8点(大問一題50点のうちの16%)ですので、1問ミスごとに100%→84%→68%と減っていくのです。旧帝大レベルなら84%は必要。つまり、2問落とせばアウトです。確実に自分の目標点を取るためには、練習段階で満点を連発する力が必要です。

また、国公立の倍率は4~5倍ですが、今後志望を変更する人がいるため、4月時点では実際の受験者よりも志望者が多いので、今の段階で「受験したい」と思っている人はさらにその倍はいると思ってください。つまり、この時期の段階で、受かるのは10人中1人くらいです。センター試験に対する意識を根本から変え、二次・私大対策とあわせてそれぞれ取り組みましょう。

毎日コツコツ 学習する習慣を

現代文を速く正確に読むには、語彙力が必要です。漢字と語彙の本を1冊ずつ仕上げ、語彙力を伸ばしましょう。また、分からない言葉はすぐに辞書を引く習慣をつけること。100個の語彙を1日で覚えようとしてもすぐ忘れてしまいます。少しずつ着実に積み重ねていった力は、簡単には崩れませんよ。今から毎日コツコツと学習しましょう。

教科書や模試などの文章に興味を持ったら、その著者の別の本も読んでみましょう。入試によく出るといわれている人の本もおススメです。そして、本文以外に著者の紹介文を見てみると、出身大学や現在の職位などが載っています。興味のある分野の権威はこの人だ、この人に学ぶにはこの大学、この分野の研究ならこの大学……などなど、そこには皆さんの将来への指針がたくさん隠れています。これも進路選択の一つの手段。ぜひ興味や関心の幅を広げ、将来につながる読書をしてくださいね。

<以下web限定>

中学までの国語と高校での現代文では、「抽象度」という点で質が大きく異なります。「りんご」「みかん」のように目に見えるもので語るのが中学の国語だとすれば、それを「果物」「食べ物」など抽象化した概念で捉えるのが高校の現代文です。抽象の度合いは難関大になるほど上がり、日常語とはかけ離れた、概念的な内容の文章を読むことになります。それを解くためには、必要な言葉や、論理的思考力を鍛えることが必要です。純粋な読書量だけでは解けないのです。このような質の転換にぜひ早くから気づいてほしいと思います。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?