TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

公民 執行康弘先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

公民 執行康弘先生

変化の激しい時代の先を捉え、そのポイントを的確に反映する授業センスは抜群。心地よいテンポの語りと流れるような板書で、重要事項が一目でスッキリと整理される。受験の範囲に留まらず、社会人対象の講座を担当することもあり、教科に対する群を抜く専門性に裏打ちされた授業は必見。自ら努力することをいとわない先生の姿勢は、キミの人生も豊かにするだろう。

まずは「憲法」を おさえておこう

はじめは政治分野の「憲法」を中心に学習を進めましょう。政治分野の核となるのが「憲法」です。「憲法」とは何か、「憲法」にはどのようなことが規定されているか、「憲法」が争点となった判例などを、教科書、資料集などを用いて、しっかり学習しましょう。

「政治・経済」の用語は難しいものが多いので、意味とその内容を正しく理解する必要があります。教科書や資料集などをフル活用して、用語を正しく理解することに努めてください。夏までにひと通り終わらせるのが理想的です。

授業を受けたら、センター試験の問題を解いてみましょう。実践問題に取り組むことで、「自分に足りていないもの」が何かを確認することができます。また、「習った内容がどのように出題されているのか」という傾向を掴むことも大切です。解けたはずなのに、試験での「問われ方」に慣れていないために間違えてしまった、となるのを防ぐことができます。

<以下web限定>

今年のセンター試験を振り返ってみると、「政治・経済」は例年通りの傾向、レベルだったように思います。一方「現代社会」は、「倫理」分の学習をおろそかにすると得点ができない問題ぞろいでした。単純に「用語を知っている」というだけで満足せず、教科書と資料集に書かれている内容をきちんと理解しましょう。

「第2回 4月センター試験本番レベル模試」(4/23)は、現状把握のためにも是非受験しましょう。この時期であればまだ、「いろいろな学習方法を試す」ということができます。学習量や内容に対して点数が伴っているかを測り、学習方法の軌道修正を行いましょう。

積極的に社会と関わろう!

高2生・高1生は、社会に興味を持つことから始めましょう。公民という教科は、私たちが今生きている社会のしくみを学び、そこから発見した課題や問題点から、どうすれば今後人々が幸せになれるかを考えていく、未来のための教科だと思います。未来を創造するためには、まず現状を知らなければなりません。日々が勉強と思い、世の中で起きていることに関心を持ちましょう。新聞やニュースなどから情報を得るだけでなく、経済に興味があれば証券取引所に行ってみる、政治に興味があれば国会や地方の議会を見学してみる……など、自分で体験するのもいいですね。いろいろな知識や体験を通じて、「なぜ今そんなことが起こっているのか」「今後どうすればよいのか」などを自分自身で考える習慣を身につければ、また違った世界が見えてくると思います。ぜひ公民という教科を楽しんでください。

<以下web限定>

学校の授業でも難しいと感じた場合は、中学校で使用していた公民の教科書をもう一度読んでみる、という方法がおススメです。中学校の教科書は高校のものと比べると薄く、基本的な事項だけをきちんとおさえてあります。高校生となった今もう一度読んでみると、中学で読んだときより内容がスッと入ってくるはずです。高校の学習に向けた導入として有効に活用しましょう。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?