TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

英語 武藤一也先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

英語 武藤一也先生

難関大を目指しているのに英語が伸び悩んでいる君!英語は勉強する時間の長さではありません。理解の深さです。英語をシンプルにとらえることで、最短距離で受験を突破するだけではなく、合格した後もずっと使える英語の知識を伝授します。君の英語の偏差値を伸ばし、英語を得意科目にしてみせます。任せてください。

勉強の取り組み方次第で 英語の得点は伸びる!

高3のこの時期に「英語が苦手。テスト結果で志望校と自分の偏差値に大きな差がある。大丈夫なのか?」と不安になっている人も少なくないでしょう。でも、この時期の取り組み方次第で、得点を伸ばすことは十分可能です。

英語が苦手な人は、まず「高速基礎マスター講座」を受講して、受験のための単語を集中的に固めましょう。

「高速マスターの単語は覚えたけれど、点数が伸びない」と悩んでいる人は、英文を「カタマリ」で捉えられるように訓練しましょう。出題されている英文の構造を把握し、音読する。読み下しの訳がある場合は、それらもどんどん活用します。

英語が得意な人は、記述問題を集中的に解いてみましょう。大学入試で、記述問題が出題される・されないに関わらず、記述問題に取り組むことで、英文の内容をより深く理解し、頭の中で整理できるようになります。私立大学を志望している人も、この時期に記述の得点力を高めておけば、英語が得意という強みを一層伸ばすことができるはずです。

また、時間の使い方を意識しましょう。いつ、何をするのか、優先順位をつけてメリハリを持たせましょう。

たとえば、電車に乗ったら必ず英単語を暗記、寝る前には世界史の用語、学校の昼休みには古典単語・漢文の句形を暗記、など。スキマ時間に何をするかあらかじめ決めておく習慣をつけましょう。時間の有効な使い方をマスターできれば、大学生や社会人になってからも役立ちますよ。

6月25日(日)には「第3回センター試験本番レベル模試」があります。制限時間内に自己ベストを出せるよう、戦略的に解いてください。模試に全力で臨めば、入試本番でも全力を出せるはずです。目の前の模試に全力投球してください。

<以下web限定>

英文を「カタマリ」で捉えるとは

名詞節、副詞節などの構造を意識し、ある程度英文を短く切って、意味を捉えながら読み進めることです。その際、できれば、返り読みをするのではなく、英語の語順のまま、前から訳してください。

勉強の優先順位のつけ方

「苦手科目や苦手な単元を早いうちに克服すること」です。苦手な箇所は、自分一人で克服しようとしてもなかなかできませんよね。(自分で克服できなかったから苦手なのだと思いますが…。)なので、苦手な箇所を克服するには、プロに教えてもらうのが一番です。理解できないまま自分で勉強しようとせず、学校の先生に聞いたり、東進の講座を活用したりしてください。

模試の復習の仕方

4月にも「センター試験本番レベル模試」があったと思いますが、復習で最も有効なのは、模試の解説授業を受けることです。解説授業では、英文そのものの理解はもちろんですが、どのように正解を導くのか、そのプロセスをしっかり理解することができます。

特に、英文はある程度読めたのに、点数が伸び悩んだという人は、答えを選ぶ際に何か間違いが起こっているので、そのあたりの考え方の修正が必要になります。ぜひ解説授業を受けて、正しい問題へのアプローチを学んでください。

学校生活を楽しみながら 学力をアップさせる方法とは

5月は、高1生にとっては新しい環境に慣れ始めたころ、高2生も受験を意識しつつも部活や学校の行事が多く、勉強との両立に悩む生徒が多いようです。ここで、部活・学校行事にしっかり取り組みながら成績も維持・向上させる方法をなるべく簡単にまとめておきましょう。

まず、「不必要に焦って難しい問題に取り組むのではなく、基礎を完璧にすること」です。この時期は問題演習をする時間をあまり確保できないかもしれません。ですが、焦って無理に多くの問題に取り組み、中途半端に解くことだけは割けてください。それよりも、「習ったことを完璧にするように」心がけましょう。

部活などでなかなか思うように勉強が進まないときは、新しい問題を解くより、今使っているテキストや参考書を完璧に復習してください。

復習の際は特に、音読が有効です。英文を暗記してしまうくらい、授業で習った英文を音読しましょう。さらに、一緒に勉強するライバルのような友達を作ることもおススメします。勉強習慣の確立と、モチベーションのアップにつながりますからね。

また、この時期になると「将来の夢に向けて、早期に志望校を決定する意味は何ですか?」と聞かれることがあります。それに対する私の見解は、ズバリ、受験へのモチベーションアップ! これに尽きます。

将来の夢や志望校が決まっていないという人は、積極的に大学のオープンキャンパスなどに参加して、刺激を受けましょう。夢や志望校は待っていても見つからないし、決まらないですよ。

模試などで、志望校の合格ゾーンに対して、自分の得点が足りなくて不安になる人もいるかもしれません。ですが、過度に不安になる必要はありません。どの部分が、なぜできないのかを把握するのが模試の役割です。むしろ、模試を受けて自分の実力を把握してからが、合格に向けた本当のスタートといえるでしょう。

<以下web限定>

友達との関わり方

同じ大学受験を目標とする、友達やライバルがいると思います。皆さんが中心となって、周りの友達を引っ張っていってほしいと思います。「ちょっとこれから勉強していかない?」、「スタバで勉強しようよ」、「今から1時間はスマホを禁止にして、英語をしよう」などと声を掛け、意識を高め合っていきましょう。そうすることで、友情も深まると思います。

将来の夢について

「将来の夢はないけれど、大学はなんとなく難関大へ行きたい。」という人は多いのではないでしょうか。夢は、待っているだけでは見つかりません。自分の足で動き、いろいろなことに一生懸命に取り組むことです。オープンキャンパスに行くもよし、大学が主催するイベントやボランティアに参加するもよし。何事にも「一生懸命に」取り組んでみる。夢というものは、その先にあるものだと思います。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?