TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

地理 山岡信幸先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

地理 山岡信幸先生

「趣味は幾何学の問題を解くこと」ということからもわかるように、その論理立てられた緻密な授業には定評がある。丁寧な板書とわかりやすい図解に、地理が苦手な生徒も思わず引き込まれてしまう。とにかく地理を暗記科目だと思っている君は、ぜひ先生の授業を受講してみてもらいたい。

メカニズムの理解を大切に

今の時期は「系統地理」の中でも応用範囲の広い「気候」の分野をきちんと学習しておきましょう。知識をたくさん身につけるだけでは実力はつきません。「なぜ雨が降るのか」「なぜ西風が吹くのか」といったメカニズムの理解が重要です。センター試験においても、こうした「なぜ」を理解していなければ 解けない問題が出題されています。気候の学習を通して、用語をただ覚えるだけでなく、理屈を考えるクセをつけましょう。他の分野の学習にも必ず役立ちます。

このような論理的な学習の基礎になるのは教科書です。太字の用語だけ追いかけるのではなく、説明をしっかり読み込むことが大切です。多くの入試問題は教科書の記述をもとに作られています。

また、学習の中で地名が出てきたら、必ずその都度地図帳で確認しておきましょう。面倒な作業ですが、コツコツやっておくと「地誌」の学習がぐっと楽になります。

<以下web限定>

第3回 センター試験本番レベル模試(6/25)では、むしろ受験後が勝負になります。正しい答えを確認するのはもちろんですが、正解以外の選択肢も「なぜ不正解なのか」をすべて答えられるように確認すると、模試をフルに活用できます。解答解説集をしっかり読みながら進めてください。

地理は、勉強机の前で長時間かけて勉強するというよりは、スキマ時間を有効活用して学習する教科といえます。特に地理の場合は覚えるべきものも多いので、用語集や一問一答集、自分で書き込みを入れた白地図等を休み時間や通学途中に確認したり、お風呂やトイレに貼ったりなどして、こまめに触れる勉強の仕方を工夫しましょう。

地理と日常生活の つながりを考えよう

地理というと、中学社会の延長で、暗記科目のイメージがあると思います。もちろん覚えることもありますが、ベースになる考え方やメカニズムを理解していなければ覚えにくいですし、大学入試では思考力を要求されるため、イメージはどちらかというと数学に近い教科と言えます。早めにこのイメージを掴むために、教科書や初学者向け参考書などを読んでおくことをおススメします。

また、英語学習で辞書が必須なのと同様に、地理の学習においては地図帳が大切です。予習復習の際は必ず地図帳を横に開いておき、地名が出てきたらすぐ調べる習慣をつけましょう。

地理の学習対象はまさに今の世の中です。ですから、新聞やテレビを通してもっと世の中に興味関心を持ってほしいと思います。自分たちの暮らしと世界がどう結びついているのか考えて、面白みを感じられれば、学習も楽しくなりますよ。

<以下web限定>

「地理は高3生になってからやればいい」という考え方では、結局高3生になっても「GWになってからやろう」、「夏になってからやろう」「二学期からやろう」とただ時間が過ぎて行き、そのままではダメな受験生になってしまいます。地理はスキマ時間を使う教科ですので、その使い方のトレーニングを今のうちから身に付けておけば、地理だけでなく他の教科にも活用できるはずですよ。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?