TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

英語 大岩秀樹先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

英語 大岩秀樹先生

先生の情熱あふれる授業は、英語アレルギーの生徒でさえ英語好きに変え、英語を得意科目にしてくれる。また、『英文をカタマリで読み解く』『本物の基礎力にこだわった明るく楽しい』授業は、幅広いレベルの受験生から大好評! 「知らず知らずのうちにどんな問題にも通用する本物の力が身につく!」と評判の気鋭の講師。

問題の抽象性を理解し、解答力を伸ばそう

 基礎固めを夏までに終えている高3生は、いよいよ勉強の中心が過去問演習となります。過去問を解くときは、問題文をしっかり読むこと。センター試験の英語は、訳せば意味がわかるストレートな長文ですが、二次試験や難関私大の問題は抽象的な内容が含まれています。問題文を読み込んで、その意味を把握できるようにしてください。それと並行して、記述問題のある大学を受験する生徒は、対策を早めに始めましょう。「なんとなく読めている」と思っていても、本番では出題者側が求める解答とずれてしまうケースがあります。頭の中で解答を組み立ててしまうと、細かいズレが生じやすくなるので、答えは書いて作りましょう。この訓練は数カ月かかるので、ぜひ9月から始めてください。

 9月までに基礎固めが終わっていない場合、「基礎を終えてから応用に取りかかろう」と思いがちですが、基礎は常に確認するもの。ある程度の目標点を取れるレベルなら、これからは応用問題を解き、自己採点して「ここが抜けているから補強しよう」と、その都度、基礎に戻る形で進めていくのが効果的です。

 過去問演習に取り組む場合は、最新の問題をまず1年分解きましょう。解ける・解けないや、時間などに関係なく、極端に言えば採点する必要もありません。1周目は、これから登る山の高さを知ってください。それから、それより以前の問題を手に入る範囲で解いていきます。「因果関係を説明させる問題だな」「語彙力を試しているな」など、出題者側の意図を考えながら解き、強化していきます。最後は、最新の問題に戻って、何点取れるかを確認しましょう。1周目ではすぐに解けないのが普通です。3年ぶりに出題される問題もありますから、1周目は傾向を知り、3周目で取りこぼしがないか確認するというペースで臨んでください。

<以下Web限定>

「悩むより手を使い、頭を働かせて!」

 過去問演習講座や志望校対策特別講座は、本番のつもりで挑んでください。普段の講座や使っているテキストは、「解けること」が前提になっています。ところが試験問題は、解けないものもあるのです。どういう問題を解き、どういう問題を意図的に飛ばすか……過去問演習講座はこれを知るためのものです。逆に志望校対策特別講座は、弱点対策を中心にしていますから、できるまで繰り返す。2つの講座の違いをしっかり認識して活用してください。

 9月には「有名大本番レベル記述模試」があります。記述模試では、回答形式の確認、つまり自分の頭の中で考えたことが文字に起こせているか、意図が採点者に伝わるかを意識して解答づくりを鍛えましょう。

 言葉というものは、自分が具体的だと思っていても抽象的で伝わらなかったりします。記述問題演習は、伝えたいことと相手の理解とのギャップに気づくためのトレーニングです。問題によっては解答に字数制限がありますから、要約する力も必要です。悩ましいですが、悩んでいても何も解決しません。悩む原因は、できないからです。悩む時間があれば手を使い、頭を働かせるしかありません。

高3までにセンター試験のレベルをクリアするために

 難関大や第一志望の合格に向けて受験学年の4月1日までに、1科目でもセンター試験レベルを完成させていれば大変有利です。英語は、学年に関係なく学習を進められる科目です。高1生でも180~190点取れる生徒もいますし、難関大合格者は高3まで引っ張りません。では、どうやって終わらせるか。センター試験は、二次試験や私立大の基礎トレーニングのような問題です。長文読解など、これからの学習を進めるうえでの指針になるので、過去問にどんどん触れるようにしてください。また、語彙を増やすこと、東進の「高速基礎マスター講座」の活用もおススメします。

 試験のための勉強を持続させるのは、相当困難なことです。ここで、時間の使い方と英語への関心の持ち方についてお話ししましょう。まず、皆さんには海外の人に触れる機会を持ってほしい。イングリッシュキャンプなどに積極的に参加し、「英語って言葉なんだ」と体感できれば、しめたものです。英会話スクールや短期留学という方法もあります。まずは身近な外国人に話しかけてみてもいいでしょう。伝えようとすることで、何かが生まれてくるはずです。

 反対に、資格試験のためだけに勉強するのは、モチベーションが続きません。間違いを気にせず、リラックスして笑いながら会話をして、「もっと伝えたい、理解したい」「じゃ、思い切って資格に挑戦してみよう」となります。普段の勉強から世界に関心が向くことは少ないですが、世界に触れることで学習意欲がわくことは多々あります。

 まずは、勉強を習慣づけること。単語の暗記でも音読でもいい、毎日1分やってみてください。1分やろうとすると10分くらいはやるもの。はじめから10分やろうとすると面倒ですが、1分ならできます。英語は、毎日触れることが大切なのです。

<以下Web限定>

「自分がいるべき場所に到達するための方法がある」

 「自分を伝える」ことの大切さをお話ししましたが、いきなり大きな目標を持つ必要はありません。例えば、自分の小さいころの夢について考えましょう。「夢なんかない」と思っていませんか? でも思い出してください。例えば、ケーキ屋さんになりたいと思っていた。でも、成長する過程で現実の難しさを知っていく。「小麦の原価知ってる?」「経営について考えた事はある?」そうして、いつの間にか夢にフタをしてしまうんです。

 でも、私は思います。なりたいこと、それが小さな夢でも、その先に誰かの笑顔があるなら、立派な仕事だと。夢を叶えようと思ったら、まず言葉にして、人にどう思われても、まず行動していく。すると行動範囲が広がる。広がる中で、最初とは違うものに気づく。思ってもいなかった職業を知って、違う職業に進んだりすることも往々にしてあります。

 今、自分が持っている夢に対して動くこと。それが、結果的にあなたが本来いるべきところにたどりつける方法です。最近の子どもたちは「いい子」が多くて、「資格を取って人助けがしたい」とか、大人が喜びそうなこと、安心しそうなことを言います。それは完璧な夢だけど、「仮面ライダーになって、困った人を助けたい」でもいい、まずは自分の言葉で自分の夢を語って欲しいと思います。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?
世界で活躍するリーダーを目指す東進生諸君へ。ただいま留学日誌更新中!!
世界は、結構カンタンに近くなる。!!