TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

日本史 金谷俊一郎先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

日本史 金谷俊一郎先生

入試頻出事項に的を絞った授業と、「表解板書」と呼ばれる独特の切り口の板書は、受講生から圧倒的な信頼を得る。また、日本史用語の意味の理解と時代把握に重点を置いた授業は、知的好奇心をくすぐり、歴史の本質をさりげなく提示する。それは、今後のより深い研究への導入にもなり得るものである。

過去問を使ってゴールを見据える

 「まだ自分の実力が達していない」という理由で過去問演習を始めていない方は、いますぐにでも始めてください。過去問演習を通して「これから何をすべきなのか」を判断し、そこに目標を据えて進めていきましょう。マラソンにしても、ゴールが見えないまま頑張るのは難しいですよね。

 記述問題で得点できない理由としては、「知識の欠如」と「論の組み立てができていない」という2点が挙げられます。全く歯が立たない場合は、採点された自分の答案と解答例を見比べて、「何故それを書くべきなのか」と「何故その言葉で書く必要があるのか」について考えること。そのうえで東進生であれば「記述型答案練習講座」の解説を受ける。この一連の訓練を積めば、何を書くべきなのかが段々と見えてくるはずです。「テストを受け、授業を受ける」の繰り返しだけでは、なかなか力は身についていきませんよ。

<以下Web限定>

 私の『センター日本史B一問一答 完全版』(東進ブックス)には基本的なセンター試験の出題パターンがほぼ掲載されています。欠如している知識をピックアップし、自分だけの弱点集を作りましょう。間違えた原因が「知識の欠如」なのか、「知識があるのに解けなかったのか」をしっかり分析し、自分が間違えやすい問題のタイプを明確にしておく。そうすることで、新しい問題を解く際に、どこに目を向けたらよいのかが見えてくるはずですよ。

今の時期は、頑丈な歴史の枠組みづくりを

 難関大を難関大を中心とする大学入試の日本史は、知識を暗記しただけでは太刀打ちできません。ですから、頑丈な歴史の土台をつくり、流れを理解したうえで細かな知識を入れていきます。その土台づくりを高3生になってから一気に行おうとすると、時間切れになったり、肝心の主要教科の勉強が疎かになったりして、不本意な結果を招く場合が多くあります。

 今のうちに教科書や東進の講座、また『日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』(東進ブックス)を活用して、土台をしっかり作っておくこと。歴史の流れを「覚える」のではなく「理解」すれば、早い時期に取り組んでも頭に残り続けます。例えば、ドラマを見たときに、細かい登場人物などは覚えていなくても、印象に残ったものであれば、そのストーリーは頭に入っているのと同じです。土台さえしっかりしていれば、この先細かい知識は楽に入れられますよ。

<以下Web限定>

 私が授業でよく話すのが、日本史が得意な人と苦手な人との違いです。棚を例に挙げると、整理しやすい頑丈な棚があればたくさんの中身を簡単に収納できますし、どこに何を入れたのかもすぐわかって取り出すことができます。しかし棚がない、あるいは整理されていなかったり頑丈でなかったりすると、そういうわけにはいきませんね。つまり、日本史が得意な人は前者、苦手な人は後者にあたります。細かい用語もきちんと修得するために、棚である土台を築くことが大切です。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?
世界で活躍するリーダーを目指す東進生諸君へ。
世界は、結構カンタンに近くなる。