TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

小論文 樋口裕一先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

小論文 樋口裕一先生

受験小論文の第一人者。ベストセラー参考書も多数執筆。著書『頭がいい人、悪い人の話し方』が230万部突破! 受験生の盲点をついたテクニック満載の授業で、小論文対策は完璧。「樋口式」=論理的な小論文を書く方法を習得すれば、必ずや志望校合格を勝ち取れるだろう。

小論文は大学・学部の「価値観」

 まず、論理的な文章を書くためには小論文の「型」を身につけておくことが重要です。私の授業では四部構成の型で論述する「樋口式」を教えていますが、それに限らず、何かしら「型」を身につけてから書く訓練を進めましょう。

 過去問演習の際に意識すべきは、「知識を増やすこと」です。大学・学部にはそれぞれの価値観があり、それに合った学生を仲間として迎えるための試験が、小論文なんです。課題文には、各学部の考え方がとてもよく表れていますので、過去問は模範解答も含めて5年分は読んで、研究しておきましょう。また、志望学部の教授の著書を買って読んでみることもおススメします。志望学部の方向性が深く理解でき、価値観を理解することに結びついていきますよ。

 これまで読んだ本や現代文の評論文などもネタとして使えます。使えそうなネタがあればその都度メモしておいて、日頃から、自分なりの「ネタ帳」を作っておきましょう。

<以下Web限定>

 小論文というのは、その大学・学部の顔と言えます。外に見られて恥ずかしくないような問題を出題するので、必然的に難易度が高くなっています。例えば慶應義塾大学の、いわゆるSFC(湘南藤沢キャンパス)の課題文をきちんと読んで満点を取れるような文章が書けたとするならば、それはもう評論家になれるレベルです。小論文は、必ずしも満点を取らなければいけないという科目ではありません。課題文を見て「難しい!」と感じても、恐れずにチャレンジしてほしいと思います。

早くから「読む」習慣を

 高2生・高1生の場合も、最初に身につけるべきは小論文の「型」です。東進生であれば、まずは講座を受けて「型」を自分のものにしましょう。その際に大事なのは、実際に自分で書いてみて、添削指導を必ず受けるということです。はじめのうちは、真っ赤に添削された答案が返ってくるかもしれませんが、めげずに添削者からのアドバイスを確認して、それをもとに「書き直し」まできちんと取り組みましょう。

 また、新聞や本を読む習慣もつけておくこと。新聞を読むときに必ず目を通してほしいのは、学者や評論家が意見を述べている「オピニオン」欄と「投書」欄です。記事を読んだら、それに対して一つか二つ反対意見を述べてみてください。「そうだ、そうだ」と納得するばかりではなく、「いや、自分はこう考える」という意見をまとめてみましょう。頭の中ででも良いですが、文章に起こしてみると一番力がつきます。

<以下Web限定>

 小論文は嫌々書いてもつまらないと思います。興味を持った分野について自分の考えを持ち、それを人に伝えたい! という気持ちになれば、きっと小論文を楽しめるはずですよ。高2生・高1生のうちは志望校の問題を解くというよりも、問題を眺めてみて、「どんなことが問われるのかな?」と関連する分野に興味を持ってほしいと思います。問題文が本の一部の抜粋であれば、出典となる原本を取り寄せてみて全部を読んでみるのも非常に実力がつきます。ぜひ今のうちから、好奇心を持って知識を増やす学習を進めていきましょう。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?
世界で活躍するリーダーを目指す東進生諸君へ。
世界は、結構カンタンに近くなる。