TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

数学 原田知也先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

数学 原田知也先生

一つの問題を解きながらほかの問題への繋がりや関連を広げることで、数学のおもしろさや全体像に迫る。入試において合否を分ける方針の立て方や時間配分についても、“易から難へ”を常に意識した授業で、解くスピードと得点力を徐々に育成。明快な授業と爽やかな人柄が、生徒の熱い支持を得ている。

センター対策はスピード、記述対策は丁寧な解答を

 センター試験対策と国公立二次・私大対策についてお話しします。まず、センター試験は問題数も多いため、時間を正確に計りながら解きましょう。常に本番を意識して同じ形式で解くことを心がけてください。しかし、国公立大二次や私大の過去問演習では制限時間内に解ききれないこともあると思います。特に記述試験はスピードよりも、正確に解答する力が求められます。これは訓練しないと上達できません。記述答案では解答そのものより導き出すプロセスを見られるので、丁寧に解答することを心がけましょう。一方、センター試験では、丁寧にやっていては全問解けない可能性も。時間制限の中で大量の問題を解いていくので、勉強というより訓練に近い。問題の流れに乗っていくつもりで取り組んでください。

 同時並行で国公立二次や私大対策の「記述型答案練習講座」「過去問演習講座」は大いに活用しましょう。添削してもらえば思い込みや悪い点に気づけます。

<以下Web限定>

入試は人生のプロローグ。楽しむつもりで。

 目前に迫ったセンター試験、国公立二次試験や私大入試。長い人生から見れば、入試はプロローグみたいなもの。大学を卒業したらオープニングです。大学入試ですべて決まることはありませんが、将来に対する選択の幅が広がります。入試を楽しむくらいの気持ちで臨んで欲しいと思います。

11月、早めのスタートをアドバンテージに

 12月から東進では新年度となります。11月のうちに新年度の学習計画を立てておきましょう。この時期から入試を意識して勉強を始めるとアドバンテージになり、受験学年になる前にスタートダッシュが切れます。新高3生は苦手な分野をもれなく仕上げておきましょう。新高2生なら三角比はしっかり理解しておきたいですね。三角比は、数学Ⅱの三角関数や数学Ⅲの微積分でも使っていくので、これからの数学の学習におけるポイントになります。新年度の講座を受講する前に、これまで習った分野の復習をひと通りしておきましょう。教科書に目を通し、公式、定理の確認をしたり、証明問題を考え直すのも有効です。

 「センター試験同日体験受験」を受験する場合、出題分野の学習がひと通り終わっている新高3生は、半分以上は得点して欲しいところ。数学は早くから準備しておけば有利です。そうすることで他の科目に時間を充てられる余裕がでてきます。

<以下Web限定>

 今、数学に対して苦手意識を持ってしまっている人もいるでしょう。最終的に必要になるものなので克服して欲しいところですが、いきなり「楽しんで」と言っても難しいもの。まずは、簡単な問題を繰り返し練習して、自信をつけていきましょう。

 最初から理解をともなった学習は難しいもの。とりあえず、解答を理解するより、慣れる。練習しているうちにわかってくることもあります。まねをする、何度もやる。実際、大学で学ぶ数学もこれに近いものがあります。

 まずは慣れることから始めて、得点が上がっていけば楽しくなってくるはずです。

バックナンバー:

絞り込み検索:



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?
世界で活躍するリーダーを目指す東進生諸君へ。
世界は、結構カンタンに近くなる。