TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

数学 澤村光弘先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

数学 澤村光弘先生

パターンやテクニックの丸暗記とは正反対の、体系的に解法を掘り下げていく授業を展開する。先生の熱くパワフルな語りの波に乗れば、論理を的確に踏まえて自分自身で考える力がつき、数学の世界で自由自在に振る舞えること間違いナシ! 数学を楽しみたい君にピッタリ。

時間がない中で、やっていいこと、悪いこと

いよいよ本番間近。焦っている人は、「これからできることだけやろう」と開き直ることが重要。新しい問題には手を出さないこと。解けなかったら落ち込むだけです。今まで解いた問題で、苦手分野は基本だけ、得意分野は標準レベルまでやりましょう。難問に今から取り組んでもあまり意味がありません。また、問題を解くときは、まずその問題のポイントを思い出せるか、次にノートを見ずにその問題のポイントを中心に答案を作成できるかに注力します。限られた時間で、「完璧」はむしろ敵です。

過去問の復習は年度別か分野別かで時間を短縮して解く。その後、試験の時間配分を含む年度別の違い、出題分野の特徴などを再確認しましょう。なお、受験校を変えた人は、まず3年分は過去問を解き、その後、今の述べたことを実行してください。

<以下Web限定>

頭がもっとも冴えるペースを維持、前日に眠れなくても焦らない

 入試本番まで、今まで解いた問題の復習、および過去問の確認はしましょう。次に、入試当日のスケジュールに合わせた生活パターンを作ること。早寝早起き、本番のまさにその時間に一番頭が冴えるペースを維持します。やり残したことはあるかもしれません。でも、気持ちを切り替えてください。試験の前夜に眠れない人が結構多いのですが、それは普通です。目を閉じて深呼吸を繰り返す。落ち着くし、眠れなくても体力は回復します。がんばれ!

「数学ができる!」という自信を持とう!

新高3生は年間の受験勉強計画を立てていることと思います。しかし、現段階で実行可能な計画が作成できる人は、教科書レベルまで完全にマスターしている人。そうでなければ、計画は理想から徐々に後ろにずれていきます。まず自分の足元を見て、教科書のマスターを目標に。遠い目標より、目の前の弱点をひとつでも多く克服することが成功体験になります。三角関数の合成は加法定理の応用であることなどが理解できているかが実力の目安。春までに仕上げ、演習の時間を確保することで、8月の「センター試験本番レベル模試」で7割以上が取れ、志望大合格を引き寄せられます。

新高2生は教科書の「数と式」(数式変形の基礎)、「集合と命題」(論理の基礎)、「2次関数」(関数の基礎)をマスターしてください。この3分野ができれば、きっと数学が面白くなります。「自分でもできる!」と自信を持てる経験が一番大切です。

<以下Web限定>

数学で「論理的に物事を考える」習慣を

 新高3生で2月のセンター試験本番レベル模試を受ける人も多いでしょうが、決して漫然と受けないこと。模試を受ける前に、ある年度のセンター試験を集中して、時間制限なしでやってみる。教科書や参考書を見るのはご法度。その合計得点が、今の自分の実力です。この得点を、模試での目標点にします。実際の模試では60分という制限があり、「考え込みそうな設問はパスして、すべての問題に時間を配分する」という感覚がつかめてくると思います。

 模試を受けたら、成績表が返ってくる前に時間制限なしでもう一度じっくり解きます。模試のときとの違いが鮮明にわかるはずです。模試で得点できなかった理由は、時間配分のミスや計算ミス、緊張してできなかった、わからなかった……と分類できます。これは次回の模試や「高等学校対応数学」でフォローできます。また、成績表が返ってきたときに、言い訳をしないこと。すべてを受け入れ、状況を乗り越える。このことは勉強、学習の究極の目標で、実は人生の究極の目標でもあります。

 新高3生は受験勉強を通じて丸暗記ではなく「論理的に物事を考えれば実力はつく」ということを経験して欲しい。これは高校数学だけではなく、夢を叶える時の基本です。新高2生は、高校生活が一番楽しいとき。好きな教科にのめりこめばベストですが、やりたいことが見つからない人もいるでしょう。でも、やりたいことが見つかったとき「やりたい、やりたい」という気持ちだけでは、前進できません。ここでも論理的に考えることが重要となります。その時に備えて、勉強を通じて論理的に考える習慣を身に着けて欲しいと思います。

バックナンバー:

絞り込み検索: