TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

英語 土岐田健太先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

英語 土岐田健太先生

学生時代より黙々と日々研鑽してきた努力人は、「実用英語」と英語文化の「教養」の橋渡しをする。英語圏の文化背景から英語を捉え直す講義スタイルは、これまでの英語観を大きく変え、将来まで通用する圧倒的な英語力を習得できる。高校生だけでなく、社会人対象の資格講座や教養講座も担当。「知的な面白さ」を追求し続ける講義で、受講者の知的好奇心を満たし、合格のその先の将来と向き合う自信をも与えてくれる。

第一志望校の過去問にチャレンジ

模試を受けたら、結果に一喜一憂するよりも、弱点の分析をしましょう。単語が苦手なら単語、文法が苦手なら文法、どちらもわかるのに長文が苦手なら英文解釈、というように優先順位をつけましょう。最も効果的なのは、ゴールから逆算することです。第一志望校の過去問をまず解いてみましょう。最初は挫折しそうになるかもしれませんが、一度解いてみれば目標に到達するために必要なステップがわかります。模試や過去問を上手に活用し、ゴールまでを逆算できればモチベーションも上がります。

また、完璧主義者であろうとしないこと。全部やろうとするより、テーマを決めたほうが効率的です。スケジュールを決めて文法問題だけでも復習する、長文が苦手だから復習する、あるいは受験に出そうな話題を知識でストックしておくなど、自分に合った勉強法を確立しましょう。

<以下WEB限定>

 夏前までには、英単語1900語レベルは絶対に終わらせましょう。文法も全部の単元を理想は7周繰り返して、隙がないようにしておくと、秋以降の伸びが全然違います。英文解釈も後から効いてくるので、夏までに仕上げたいところです。

 2018年のセンター試験で話題になった大問5は、宇宙についてタコが調査しているという「SF的な設定」の長文が出題されましたが、その設定が理解できずに苦労した人も多いようです。試験は2~3年くらいで形式を変えてくるのが普通ですが、過去の問題を焼きなおして埋め込んだりしていますし、筆者が誰かという問題も本文をしっかり読めば解けます。出題者は、未知の問題にあったときに既知の知識で解けるか、真の実力を試していると考えられます。出題形式は変わっても、単語、文法、英文解釈、長文読解、その上にリスニングという段階は揺るぎないといえます。

4技能をバランスよく学習する

高1生は、まだ勉強のやり方が漠然としている時期かもしれません。中学英語の延長と思っている生徒も多く、特に単語の勉強をさぼりがちです。高校英語は単語力で前半の勝負が決まってしまうので、意識を変えていきましょう。英語と日本語を対で覚えるのではなく、語源や成り立ちから考えるような勉強がおすすめです。高2生は、指導要領や試験の変化の過渡期にありますが、まずはしっかりと自分の立ち位置を見極めましょう。

4技能と言えば、スピーキングやライティングが大事と思いがちですが、リーディングやリスニングも大切です。スピーキングやライティングはこれらの延長で、「受信」と「発信」という関係にあります。リーディングの文法解釈はリスニングにも役立ちます。リーディングの教材を音読したり、音声付きの教材を利用して、シャドーイングしたりすると、バランスよく実力をつけられるはずです。

<以下WEB限定>

 4技能のうち、「話す・書く」に不安を抱いている人がいるかもしれません。いきなり英語を運用しようとするのではなく、まずは日本語で文章を論理的に組み立てるトレーニングから始めましょう。PREP「主張(Point)⇒理由(Reason)⇒具体(Example)⇒結論(Point)」が英語の基本的な書き方なので、これを基本的なフォーマットにしてアイディアを練ります。最初は一言例や理由を添えるだけでも十分です。

 語学の習得では「アウトプット」の前に「インプット」することがとても大切です。「話す力・書く力」で運用する内容の土台になるのが「読解・聴解力」です。たとえば、人工知能についてライティングを書く前に、人工知能に関する英文を読んでおき、その内容で議論されていることに習熟します。最初は好きな話題を材料に書く練習をすると、そこで使われている語彙や構文が頭に入るようになります。話す力も基本はこれと同じ原理で、好きな素材を材料にして、段階的にトピックの幅を広げていくイメージです。

 「やる気」の高め方についても触れておきましょう。モチベーションを高めるために、志望校のオープンキャンパスに行く人も多いと思います。オープンキャンパスの日もいいのですが、普通の日の見学もおすすめです。学生が普通に話している話題が知的で刺激を受けたり、自分たちとあまり変わらなくて親近感がわいたりするかもしれません。また、誘惑に惑わされることが多い年頃です。特に、スマートフォンをちょっと時間制限してみましょう。自己管理ができるといいスタートダッシュが切れます。

バックナンバー:

絞り込み検索: