TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

英語 慎一之先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

英語 慎一之先生

関西の若手・実力講師が全国の受験生へ。君の夢を叶えるために、正しい「努力」の仕方を教えます。徹底した基礎修得から英語力をグイグイ伸ばし、最難関大学へナビゲート。予備校講師になるという夢を実現した慎が、今度は東進生の夢を実現。言葉に熱い想いと情熱を込めて、全国の生徒を90分間魅了する感動の授業! 慎が贈る、真の英語を君に伝授する!

まずは苦手意識を 克服しよう

ゴールデンウィーク(GW)は、苦手な単元を見直し、苦手意識を早い段階で克服する取り組みを始める時期です。単語は引き続き学習しつつ、文法の仮定法や関係詞などの苦手があるなら、GWの早い段階で、得意ではないにしてもモヤモヤをなくして、普通にできるレベルに持っていきましょう。机に向かっての演習も大切ですが、わからないことは高校の先生や東進の担任、担任助手の先生にどんどん質問してください。

GW中の学習はバランス重視です。絶対にやってほしくないのは、一日の全部を英語に使ってしまうこと。午前は国語、午後は数学など他の科目と組み合わせて勉強してください。そのうえで、単語は毎日、文法と読解も毎日組み込むといいでしょう。文法は1日に1単元を目安にします。1日3、4時間を英語に使えるなら、1時間程度文法に集中したら、残りを長文にあてるなどメリハリをつけてみてください。

読解問題にはどんどんチャレンジしましょう。ただし、長文読解だけにすると大変なので、疑問に思うところから解いたり、文法をやりながら並行して取り組むと効果的です。

この時期は予習よりも復習が大切。英語の復習でよくあるのが、文章をノートの左に全文コピーして、右に訳を書くというやり方。ノートの作り方としてはきれいですが、それで満足してしまうと役に立ちません。復習は設問の解法プロセスをもう一度確認するものだと、意識してください。長文を全訳するよりも、段落ごとの要約に力点を置きましょう。簡単でも、自分の言葉で「1パラはこんなことを言いたいんだ」と読み進めて、知らない単語が出てきても気にしないで要約する。要約できたら、語彙の確認と音読を必ずしてください。読解と語彙力を並行して強化していきます。

<以下WEB限定>

英語で躓いてしまう人の特徴として、長文に出てくる単語をすべて覚えようとしてしまいがちです。単語帳を見て、索引を見て、載っているかを確認し、載っていれば覚える、載っていなければ強いて覚えない、というやり方でも大丈夫。また、語彙の確認をして、音読し、7割~8割訳すことができる、そういうやり方を5月中に習慣づけ、6月以降に加速していきましょう。

6月17日に「全国統一高校生テスト」が実施されます。この時点で単語・アクセント・文法はまだ厳しいかもしれませんが、毎日の勉強で補強することができます。読解の部分の得点は全体の7割なので、ここの正答率をぜひ上げて欲しいものです。極端に言えば、大問の2までは落としても仕方なく、3問以降で挽回すればいいのです。読解が秋までにできないと、得点は上げられません。単語や文法などは自分のペースでやり続け、読解は6月までに過去問の大問3~6までを集中的に解いてください。

英語の勉強はすぐに結果が出ません。11月、12月に伸びていけばいいと考えましょう。10月の3回目の「センター試験本番レベル模試」、その後の「全国統一高校生テスト」で結果を出せば、もう下がることはありません。そのためにも、1学期と夏休みが勝負です。数カ月経てばみんなが勉強するようになるので、ゴールデンウィーク前にどれだけ力を溜めることができるかが勝負です。点数が上がらなくても、夏までは我慢。秋から結果を出しましょう。

「4技能」は 特別なことじゃない

最近の高校生は、とにかく早く結果を求める傾向にあるようです。公開授業等で校舎に行くと、「結果が出ないのはなぜでしょうか」と質問してくるのは、まだ入学して数カ月の生徒だったりします。理系科目は練習、応用と段階的に実力をつければ比較的早く効果が得られますが、文系科目、なかでも英語は継続が得点力になります。逆に言うと時間がかかる。部活も勉強も頑張るなら、スキマ時間をいかに活用できるかにかかってきます。電車の中、学校の10分休みなど、時間の使い方を考えましょう。家に帰ってダラダラは禁物です。1日30分でもいいので勉強を習慣づけてください。

高1生は、センター試験に代わる新テストを受験します。公開授業でもスピーキングに関する質問が増えています。しかし、単語が不得手なうちにスピーキングに進んでも効果は薄いので、まず基盤となる語彙力をつけましょう。スピーキングは中学英語レベルで十分なので、焦る必要はありません。基礎がわかって、「自分の英語が伝わる。面白い!」と感じられれば、学校でもネイティブの先生に進んで話しかけたりして、自然と実力は伸びます。4技能は特別なことではありません。リーディング、ライティングもバランスよく学びましょう。

中高一貫校などに通う生徒は、先取りして英語力が鍛えられているように思います。しかし、思考や話すことに論理性があるかは別問題。ただ思っていることを乱発しても点数は取れません。論理的に考え、話せることが目標です。そのためには、単語・文法、論理性が大切です。まずそれを身につけてからスピーキングに進んでも、遅くはありません。日々の対策としては、中学で使う文法の例文集を覚え、そこの日本語の部分を書ける、話せるようになることです。

<以下WEB限定>

受験勉強のスタート時の英語の教材は、中学レベルのもので構いません。背伸びして高校レベルの作文の本を買い、日本語を英訳するようなやり方は必要ありません。高1生は中学のテキストを残しておくと勉強できます。英字新聞もいい教材になります。内容はセンター試験の大問6くらいのレベルで、時事的なテーマが多く、注釈もついていて読みやすい。後半は文化的なトピックスもあり、アメリカの若者に人気があるもの、映画や舞台のトピックスなども楽しめて、一石何鳥にもなりますよ。

時間はすぐに経っていきます。高校生のみなさんは時間を一番早く感じる世代かもしれません。受験なんて先のこととは思わないで、ふり返って「もっと勉強しておけばよかった」とは絶対思わないように、とにかくコツコツやる。苦手な分野を受験学年まで残さないよう、残り時間を意識しながら進めていきましょう。

バックナンバー:

絞り込み検索: