TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

化学 立脇香奈の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

化学 立脇香奈

自ら鉱山を巡り発掘しに行くほど「石」をこよなく愛する講師が展開する講義は、様々な切り口から化学の面白さと奥深さを感じさせてくれる。覚えることも多い化学だからこそ、常に「なぜ」「どうして」を優しく丁寧に追求する。「規則性のない学問はない」を信念に、化学の世界における規則性や法則性を見出しながら、学ぶ楽しさを与えてくれる。

過去問を通して相手を知っておこう

入試範囲を既に終了している生徒は、過去問を1~2年分解いて「実際の試験ではどのような問題が出題されているのか」「自分に足りないものは何か」を分析しておくこと。例えば面接に行く際も、どのような質問をされるのかを想定し、答えを準備しておきますよね。受験もそれと同じです。まだ入試範囲を終えていない生徒も、まずは自分の信じた問題集を2~3周繰り返し解くことが大切ですが、過去問も1~2年分解いて、これまで勉強してきた分野に関しては 100%できているかどうかを確認しておくこと。過去問を通して「相手」を知っておきましょう。

模試は、既習分野の完成度をはかるのはもちろん、全国の中の自分の位置を知る良いチャンスです。結果を踏まえ、「これまでの勉強方法のままで良いのか」「変えた方がよいのか」今後の受験勉強の方向性を考える良いきっかけになると思いますよ。

「酸・塩基」と「酸化還元」をおさえておこう

理論の分野は「理解」の分野なので、修得には時間がかかります。特に「酸・塩基」と「酸化還元」は、きちんとおさえれば得点しやすい分野ですので、時間をたっぷりかけてください。私はいつも3回繰り返すことをおススメしています。1回目は時間がかかって一番辛いかもしれませんが、勉強方法が自分に合っているのかどうか試行錯誤しながら進めること。そうすると2回目以降はびっくりするくらいできるようになっているでしょう。

皆さんの生活の中で、スマートフォンは切っても切り離せない存在かもしれませんが、勇気を持って使う頻度を減らしてみてください。もっと時間が有効に使えるはずです。また「毎朝同じ時間に起きること」を目標にすることをおススメします。簡単なようで実現するのはなかなか難しいはず。しかし「自分で決めたことを継続して行うこと」が大きな自信となり、実力もアップしていきますよ。

バックナンバー:

絞り込み検索: