TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

数学 寺田英智先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

数学 寺田英智先生

緻密かつ多角的な解説は徹底した問題分析に基づくもの。難解な入試問題も趣味のパズルのように解きほぐす。数学的背景へ常に目を向けながら、更に生徒の学習段階さえも意識して「自ら考え、自ら解ける」実力の養成を目指す。実戦的で明快な講義が君の前に立ちはだかる「高き壁」を乗り越える力になる。

全体演習と個別の弱点撃破を並行する

センター試験直前期の学習には、時間を計って本番同様のテスト形式の勉強と、苦手な単元を集中的に克服する勉強を組み合わせることが大切です。テスト形式の演習で、自分が理解していない内容、計算が終わらない部分を丁寧に確認する。それらが特定の分野、単元に集中しているとわかれば個別に訓練、克服して、またテスト演習に戻る。全体演習と個別の弱点撃破を並行して進めましょう。

センター試験後は、結果が気になりなかなか勉強に身が入りません。気持ちを切り替えるには、センター試験の翌日、すぐに過去問を使ったテスト形式の演習を行うことです。大切なのは、勉強をしない時間、動かない時間を減らすこと。気持ちが切り替わるのを受け身の姿勢で待って、1日、2日と空いてしまうと、それを悔いて気持ちが落ち込むという悪循環になってしまいます。とにかく、早く試験モードに気持ちを入れること。早く手を動かすことです。

<以下web限定>

平常心で試験当日を迎えられるタイプの人は、いつも通りに勉強し、いつも通りに過ごせば問題ないでしょう。問題は前日、前々日から緊張したり、気持ちが落ち込んでしまったりする人です。私もそういうタイプの受験生でした。緊張してはいけない、などと考えずに、「緊張しているけれども頑張ろう」と考えてみではどうでしょうか。そもそも、全く緊張しないで大勝負に臨むなんて不自然でしょう。「緊張している」と自分で認識できれば大丈夫です。適度な緊張感が集中力や正確性を増すことだってありますよ。気持ちが落ち込むときは、入学してからのこと、社会に出てからのことなどを考え、明るく、前向きに過ごしましょう。

模試で勉強のスタート地点を把握しよう

「センター試験同日体験受験」を受験する際、未習分野がある人もいるかと思いますが、新高3生だけでなく新高2生もどういう形式でどういった問題が出題されるか、ということを経験してみてください。本番の問題は、年度によってばらつきがありますが、全国平均点が6割前後になるレベルになっています。今の自分がどれだけ得点できるかを知り、本番までにどれくらい上乗せできるかを考え、今後の勉強の指標にしてください。また、結果を見て、自分の勉強で順調な部分、そうでない部分が分かれば、受験勉強のスタートが切りやすくなりますよ。

特に苦手な単元があれば、そこから学習していくといいかと思います。どこから始めればいいかわからない人は、まず「2次関数」、「三角関数」、「指数・対数関数」など関数分野の基本的な内容が理解できているか確認をしておくことをおススメします。

<以下web限定>

「明日の授業で提出する宿題」「テスト前だからしかたなく暗記」ではなく、自分が主体、主役になる勉強をまずひとつ、始めてみませんか。1つできたら、2つ目を作る。数学以外、例えば英単語や古文などでもいいでしょう。生活に溶け込み、無理のない範囲で止めずに続けられるものを見つけましょう。それを少しずつ、少しずつ積み重ねることが受験勉強の基礎になります。小さいことの積み重ねが自信になり、より大きい事にも取り組めるようになりますよ。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!