TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

物理 三宅唯先生 の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

物理 三宅唯先生 

「理論は知っているだけではだめ、それを行使できるかが重要」であるとし、原理・定義・法則の定性的把握と定量的行使を軸に、自然現象をグラフィカルに解析。それは公式を振り回すだけの物理を超え、因果関係を的確に捉える直感を君に与えてくれるだろう。公式の運用のみならず、それ自身の導出と解釈に重点を置いた講義で、森羅万象の謎を華麗に紐解いていく。

「深く考察する」感覚を取り戻そう

頭の使い方が「スパッと答えを出していく」センター試験モードになってしまっている生徒は、二次・私大試験に必要な「深く考察する」感覚を取り戻しておくこと。その際、直前期に自信を失わないよう、「これならできそうだ」という自分の一番やる気の出る問題集や過去問を使うことをおススメします。問題演習の際は、答えを出した後、すぐに模範解答を見るのではなく、答えたその結論が果たして起こりうるのかを丁寧に想像してください。これを入念に行うことで本試でのミスも減ります。多くの国公立大では記述形式の問題が出題されます。選択肢がないということは、計算ミスをしても気づかないということなので、注意深く計算チェックをしていくことが大切です。

試験前日は、頭に知識をたくさん詰め込もうとするよりも、メンタル面を重視してリラックスすることを心がけてください。

「原子物理」の分野は、あまりカバーできていない生徒が多いので、出題された場合に差がつきやすいです。易しい問題で良いので、直前期にひと通り見直しておくと得点につながりますよ。

試験直前期の今、色々と不安もあるかもしれませんが、自分がこれまでに東進で勉強してきたことや、勉強にかけてきた時間は決して裏切りません。それらを原動力にして、自信を持って進んで行ってください。自分の好きな勉強をやるのでもいいですね。夜、なかなか寝られなくても、焦らなくて大丈夫。目をつぶって静かに横になるだけでも、充分体力は回復しますよ。

得意な分野を1つでも作っておこう

新高3生、新高2生は、物理の考え方の基盤を構築する時期です。演習は高3以降でいいので、まずは中学の理科も含めて、物理で説明できる現象をある程度知っておくこと。そして1つでも良いので、自分の得意な分野を作りあげてください。物理の場合、根本的な考え方はどの分野も同じなので、1つの分野さえ完成していれば、他分野の学習速度も飛躍的に向上します。「早く先に進めなければ」と焦って広く浅く学習しようとすると、「知識で問題を解く」ようになってしまいますので、考え方の「カタ」をしっかり作ることが大切ですよ。特に今の時期「力学」の「運動方程式」を自分で立式できるようにしておくと良いですね。

物理という学問は、勉強すればするほど生活が楽しくなり、人生の楽しみも広がります。自分の得意なところから伸ばして、モチベーションを維持しながら取り組みましょう。

物理は、数学的素養が固まっている生徒とそうでない生徒とで習熟スピードに大きく差が出る科目です。特に「力学」の計算で戸惑ってしまっている場合は、数学を優先して学習しましょう。中でも三角比、三角関数、ベクトル、微分積分などを先に仕上げておくと、スムーズに物理のスタートを切ることができます。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!