TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

数学 沖田一希先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

数学 沖田一希先生

「数学が苦手、でも何とかしたい!」という高校生の期待に応え、短期間で数学力を徹底的に養成し、バラバラな知識を統一・体系化していくプロ中のプロである。熱く情熱的な沖田ワールドは時が経つのを忘れさせ、君の数学力を飛躍的に向上させる。

春休みにスタートダッシュ

新高3生は、最後のセンター試験受験学年です。「センター試験同日体験受験」を受けた人も多いでしょう。今は、まずその復習を徹底的にやることが大事。何回も解き直して満点を取れるように仕上げておきましょう。短期間に必要な基礎力を身につけることができます。

今年のセンター試験は数学Ⅰ・Aの「確率」が難しかった、という声を聞きましたが、落ち着いて表を作成して解けば、むしろ簡単。「確率」に限らず、単に解くのではなく、全体の中で数式や式変形がどういう意味を持つかを考えながら、学力をつけていきましょう。

受験勉強はスタートダッシュが大事。この春休みは貴重な時期で、たとえば今までやってきたテキスト1冊に絞って数学Ⅰ・A、数学Ⅱ・Bを、できれば2周するつもりで取り組みましょう。あれもこれもという気持ちが芽生えやすいですが、「完璧に身につける」ことを念頭に置いてください。

<以下web限定>

模試を受けると得点率や合格判定ばかりに目が行きがちですがそれはナンセンスです。得点が思わしくなくても「弱点を教えてくれてありがとう」という気持ちで、模試を完全活用することこそ大切です。解説授業を活用するなどして、100%自分のものにするのです。模試は志望校と今の自分の学力、ゴールまでの距離を測り、その距離を縮めるためのものです。有効活用しない手はありません。地方の高校生は高校入試と大学受験を同じようなものととらえている人が多いように思いますが、全く別物であると考えて下さい。高校受験はあくまでも狭い地域での戦い、大学受験は全国レベルの戦いです。高校受験と同じような感覚でいると勝ち目はありません。難関大合格者を多く輩出する進学校では高2のうちに受験に必要な科目を終わっています。そういう人たちを相手にしなくてはいけないことを意識しましょう。そうした自覚のもと早期にスタートを切ることが大事です。

公式は暗記するのではなく理解しよう

数学力を伸長するためには、公式が全体の中でどういう意味を持ち、何を表しているのかを理解する力を養うことが求められます。公式の意味を理解することと、数式が図やグラフとどのように対応しているかを考えて勉強することをおススメします。また、計算力不足で得点できないと悩んでいる人を見かけますが、それに対処しようとしていないように思います。数学において計算力は必須なので、普段から今までの2倍の速さで解こうという気持ちで鍛えていきましょう。

「大学入学共通テスト」に向けて、一部記述が出題されることを心配している人がいるようです。制度が変わるときは皆、ナイーブになるのが普通です。しかし、過去の例を見ても、極端に意識せず、まずはいまの教材をしっかりやることが成功に繋がります。そもそも、数学は出題形式に関わらず、真の数学力がないと得点できない科目です。オーソドックスに学習を進めてください。

<以下web限定>

センター試験同日体験受験お疲れ様でした。この時期はそれほど得点出来ないのが普通です。しかし、普通だからといって何もしなくていいわけではありません。いまから本気で受験勉強に取り組まないと大学受験に間に合わないからです。まずは解説授業で今回の出題内容を100%マスターして下さい。今後も模試を受けて、100%の復習をするといったサイクルを回していくようにすることで勝者になれます。

将来自分はどうなりたいかといった未来像が見えない人が多いかもしれません。でも、人間は思ったものにしかなれないのです。毎日、「これでいいのか?」と自問自答する癖をつけて是非ともなりたい自分になって欲しいと思います。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!