TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

古文 伊東潤先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

古文 伊東潤先生

古文を堅苦しくなく、現代感覚で解説する。基礎に何度でも立ち返りながら進んでいくその指導方法は、圧倒的な支持を得る。何もわからないという最初の一歩から完璧な基礎作り、そして難問解法まで本番で役立つ実力を養成する。落ちついた口調に熱さを秘めた授業を展開する。

読むために一刻も早く基礎の完成を!

言葉は、文脈によって意味の広がりが生まれます。その意味はその文脈に触れて初めて理解されるものなのです。つまり、単語や文法の知識は、実際に文章に触れることでより実践的なものとなるのです。しかし、古語は現代語と違って日常的に慣れることはできません。慣れるためには文章を読むしかないんです。ですから、読解に入る準備として、まずは一刻も早く基礎的な単語・文法を学ぶことが重要なのです。

本年度のセンター試験も、基礎的単語・文法を踏まえた読解力があれば容易に解けるオーソドックスな問題でした。来年度も、この傾向が大きく変わることはないでしょう。模試や過去問の復習の際には、答えの正否を確認するだけでなく、ぜひ本文の内容を理解することを目指してください。東進模試は詳しい通釈がついていますから、それを参考にしつつその内容を理解し、さらに楽しめたらいいですね。

<以下web限定>

読むことに慣れてくると、だんだんと古典の世界の常識にも理解が深まってきます。当時の生活習慣や考え方が分かってくると、初めて読む文章でも「こういう展開になりそうだ」とパターンを予測することができます。パターンがわかってくると、似たような話を読む時に読解がスムーズになるわけです。東進のテキストや模試の文章には、こういう常識もたくさん含まれていますから、それらも興味を持って楽しく身につけていってほしいと思います。

古文は「読む」ことで触れるしかない

古文も言葉なので、外国語同様たくさん触れた人ほど使いこなせます。しかし、実際に古文を話す国はありませんから、「読む」ことで触れるしかない。受験生を見ていると、早くから読解を重ねた人ほど安定した点を取っています。

新高2生・新高1生も、基本的な単語と文法の学習は一刻も早く終えましょう。古文は学年ごとに学ぶ単元が増える科目ではありません。入試で必要な単語と文法の多くは高1生のうちに学ぶものなのです! 入試では単語や文法の単独設問は多くなく、ほとんどは読解問題です。「大学入学共通テスト」でもその傾向は変わらないと考えられます。単語と文法の知識を使いながら「読む」力をつけることが大事なんです。単語や文法を知らないと、勝手な想像に走って誤読してしまいます。正しく楽しく「読む」ために、単語と文法の学習を今のうちから頑張ってくださいね。

<以下web限定>

古文の世界には、興味深い恋愛の話や、お笑いのネタにも負けないおかしい話や、人生の教訓として身にしみる話など、おもしろい話が山ほどあります。これを知らずに「古文はつまらない」なんていうのはもったいない!まずは、基本単語と文法の学習というスタートラインに立って、一刻も早く、楽しい読解に進んでいってほしいです。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!