TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

地理 山岡信幸先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

地理 山岡信幸先生

「趣味は幾何学の問題を解くこと」ということからもわかるように、その論理立てられた緻密な授業には定評がある。丁寧な板書とわかりやすい図解に、地理が苦手な生徒も思わず引き込まれてしまう。とにかく地理を暗記科目だと思っている君は、ぜひ先生の授業を受講してみてもらいたい。

夏前までに「系統地理」の理屈を理解する

夏休み前までに「系統地理」の理解を固めることを目標に学習を進めましょう。地理はテーマ別の学習である「系統地理」で理屈を学び、考え方を理解したうえで、地域ごとの学習である「世界地誌」で具体的な地域に当てはめて整理していく流れですから、「系統地理」を一巡しておけば、夏から過去問演習に入ることが可能です。

「系統地理」で大切なのは理解したことを地図帳や統計で実際に確かめることです。こうした習慣は、この後に学ぶ世界地誌の情報も頭に入れやすくなるだけでなく、与えられた情報から答えを導く訓練にもなります。

模試の復習の際は、選択肢問題の不正解の選択肢についてもその内容をチェックすること。出題者側は何かしらの意図をもって選択肢を作っています。不正解の選択肢にも意味があるのです。そして、解答解説を重要な学習ツールとして、大いに活用することです。

<以下web限定>

 今年のセンター試験の地理Bは、例年どおりの分量と構成でしたが、6者択一問題が減るなど、形式面では前年よりややシンプルになりました。内容的には、旧ソ連諸国など馴染みの薄い国や地域の地誌が多く出題され、そのぶん難しくなりました。しかし、地誌分野のレベルを上げる近道は、地形・気候・産業・集落など、系統地理分野の基本をしっかり身につけ、それぞれの地域にそれを適用することです。来年実施される最後のセンター試験でも、分量・形式・内容の大きな変化は考えられません。過去問をベースにして、メカニズムの理解や理屈づけを中心に据えた学習で準備を進めましょう。

 地理は、勉強机の前で長時間かけて勉強するよりは、ある程度細切れ学習も可能です。スキマ時間を大いに役立ててください。部活生も「時間が取れない」という言い訳は禁物!

地球の理屈を理解する

地理の学習は「理」の文字通り、「理屈」を理解することが第一です。気候がわかると、その気候に対応した農牧業や畜産業など、他分野についてもイメージしやすくなります。もちろん覚えるべきこともありますが、ベースになる考え方やメカニズムを理解せずに、情報だけ羅列して丸暗記しても入試には対応できません。無味乾燥な地名の暗記は苦痛かもしれませんが、そこに暮らしている人々や気候をイメージすることによって、一段と覚えやすくなりますよ。

試行問題からうかがえる大学入学共通テストの傾向は、「基礎的な知識をどう活用するか」「与えられた資料から何を読み取れるか」といったプロセスの重視です。「知っているから解ける(=知らないから解けない)。だから、とりあえず丸暗記で知識を増やす」という誤ったメソッドは卒業しましょう。常に「なぜそうなるのか」を意識して、地理的な考察力を地道に身につけてください。

<以下web限定>

大学入学共通テストは、問題構成や形式面も、ほぼ現行のセンター試験のものを引き継ぐと思われますから、センター試験の過去問演習はもっとも有効な対策になるはずです。早めに系統地理分野をひと回しして、スムーズに過去問演習に入れるようにしましょう。

地理は「系統地理」で経(たていと)を、「世界地誌」で緯(よこいと)を織り上げていきます。つまり、同じ内容を異なる視点で二回学ぶのですから、忘れることを恐れずどんどん進めていきましょう。注意してほしいのは、「覚えなくても良い」のではなく「忘れても良い」ということです。

 地理の学習対象はまさに今の世の中です。ですから、新聞やテレビを通してもっと世の中に興味や関心を持って欲しいと思います。自分たちの暮らしと世界がどう結びついているのか考えて面白みを感じられれば、学習も楽しくなりますよ。

皆さんが思っている以上に、時間はあっという間に過ぎ、受験を迎えます。時間を大切に過ごしてくださいね。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!