TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

数学 原田 知也の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

数学 原田 知也

一つの問題を解きながらほかの問題への繋がりや関連を広げることで、数学のおもしろさや全体像に迫る。入試において合否を分ける方針の立て方や時間配分についても、”易から難へ”を常に意識した授業で、解くスピードと得点力を徐々に育成。明快な授業と爽やかな人柄が、生徒の熱い支持を得ている。

総復習の後は徹底演習!

総復習を最優先に行いましょう。教科書などを活用し、ひととおり目を通してください。おそらく、知識があいまいな分野や公式がたくさん見つかるでしょう。そうした分野から復習していき、どの分野でもまんべんなく点数が取れるようになるまで、演習を重ねることが大切です。

時間をかけすぎず、総復習を終えたらすぐに過去問演習に取り組んでください。センター試験の形式に早く慣れることが大切です。センター試験の数学は、試験時間に対して問題数が多く、時間内に素早く問題を処理する能力が問われます。問題を見て反射的に解けるくらいでないと、完答することは恐らく難しいでしょう。問題によってアプローチの仕方はいろいろありますが、その中でも最短時間で正解を導く方法があるはずです。実際に時間を計って解き、反射的に手が動くようになるまで問題演習を重ねて、答えを出すために最善の方法を追求しましょう。

<以下WEB限定>

「センター試験本番レベル模試」や「旧帝大本番レベル模試」など、実践レベルの模試も定期的に実施されているので、どんどん受けましょう。判定を目的に受ける人もいると思いますが、普段と違った環境の中では本来の力がなかなか出せないことがあります。場慣れする意味でも、自分の志望する大学はもちろん、傾向が近い大学の模試を受けてみるのも手です。

夏は総復習!手を動かそう

夏はこれまでの学習範囲を総復習するいい機会です。問題を見たら、解法がすぐに頭の中で再現できるようになるまで、実際に手を動かしてノートに書いて復習することをおススメします。自分の手を動かして何度も書くことで、理解も深まり内容も頭に入っていきます。

「大学入学共通テスト」で出題の形式は変わっても、出題される範囲は変わりません。「2次関数」や「2次方程式」は数学全体の基礎となるので、しっかりおさえてください。高1生は「2次不等式」、高2生は「場合の数・確率」が苦手な人が多いので、これらの分野に穴を作らないようにしておきましょう。

また、志望校を決定していない人は、まずは「自分の好きなもの」や「少しでも興味のあるもの」を調べてみましょう。そこからさらに広げていろいろな大学の学部や学科を調べていくことで、自ずと志望校も固まり、勉強の方向づけもできていくはずです。

<以下WEB限定>

今、数学に対して苦手意識を持ってしまっている人もいるでしょう。いきなり「楽しんで」と言っても難しいもの。まずは、簡単な問題を繰り返し練習して、自信をつけていきましょう。とりあえず、解答を理解するより、慣れる。練習しているうちにわかってくることもあります。まねをする、何度もやる。実際、大学で学ぶ数学もこれに近いものがあります。慣れることから始めて、得点が上がっていけば楽しくなってくるはずです。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!