TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

化学 立脇 香奈先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

化学 立脇 香奈先生

自ら鉱山を巡り発掘しに行くほど「石」をこよなく愛する講師が展開する講義は、様々な切り口から化学の面白さと奥深さを感じさせてくれる。覚えることも多い化学だからこそ、常に「なぜ」「どうして」を優しく丁寧に追求する。「規則性のない学問はない」を信念に、化学の世界における規則性や法則性を見出しながら、学ぶ楽しさを与えてくれる。

知識の運用力を磨こう

今後の志望校対策を効果的にするために、志望大学が要求する力と、自分の今ある力の差を簡単に分析しましょう。

無機・有機・高分子など知識の多い分野においては、単純な知識を正確に定着させること。理論分野では、どの知識・解法をどの問題で使うのか、明確に判別できるように。電離平衡、溶解度積、気体の法則、希薄溶液の性質などは頻出です。不安が残る分野があるならば重点的に演習しましょう。

この時期から新たな問題集に手を出す必要はありません。それよりも、東進のテキストや学校の問題集などを繰り返し演習して、問題慣れすることが重要です。近年の化学の入試の傾向としては、一見すると目新しい出題でも、受験化学の知識を組み合わせて思考すれば正答できる問題がほとんどです。基礎力、それに伴う知識の運用力が求められています。やるべきことを確実にこなせることが大切です。

<以下WEB限定>

過去問演習は、時間制限を設けて本番さながらの負荷をかけながら解くやり方と、時間を気にせずに理解を深め知識を関連付けながら解くやり方とあります。問題の難易度によってもどちらのやり方が効果的かは異なりますから一概には言えませんが、前者の演習を怠ってしまうと本番で十分に力が発揮できないことが多いです。本番の心理状態を予測しながら、色々な事態に備えられるよう意識を向けて過去問演習をしましょう。

有機の構造決定や、混合気体の問題、電離平衡の問題などは、2周以上繰り返すことで1周目とは違う気付きや味わいが出てきます。深く掘り下げて過去問を解くことで、化学全般の知識がつきます。必ずやり遂げましょう。

説明できるレベルを目指そう

英語や数学など主要科目を固めることはもちろんのことですが、それにプラスして化学に時間を使えるのならば、モル計算、酸塩基(中和)反応、酸化還元反応を重点的に固めましょう。この二つの反応は、化学反応の9割を占める極めて重要な理論です。東進のテキストや学校の問題集を用いて、繰り返し演習を行いましょう。また、受験生が混同しがちな分野でもあるので、ランダムで出題されても正答できるようにしましょう。人に説明できるまで理解を深めることが、「できる」のレベルと考えてください。

<以下WEB限定>

継続は力なり。何かを続けるには,少しの成功体験と自信が必要と思われます。周りの人よりも,ここは少し努力した,勝てそうだと思える分野をつくってください。模試などが分かりやすいですが,毎日でも成功体験は作ることができます。一度解いた問題を何日かおいて,また同じ問題を解く。一回目よりも二回目,三回目に解いた時,昨日よりも今日の自分が確実に成長していることを実感できます。こうなると楽しくなる。楽しくなると続けられる。楽しんで毎日を過ごすために,意識を向けていきましょう。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!