TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

日本史 井之上 勇先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

日本史 井之上 勇先生

語りかける口調はとても穏やかだが、緊張感のある厳しい指導で定評がある。しかし、その厳しさは生徒の成長を思ってこそであり、講義は人気を博している。つねに生徒と同じ目線に立ち、入試問題に対する的確な思考法を教えてくれる。気がついたときには、ダイナミックな歴史の流れが一本の糸につむがれ、連綿と輝いているはずである。

目的に合わせた学習をしよう

「日本史の勉強」といっても9月以降はいくつかの学習目的があり、その目的に応じた学習法・ツールが必要となります。それは、①未習部分を撲滅する、②既習部分の定着を図る、③既習部分を得点につなげる、です。

①については教科書がバイブルであることは、言うまでもありません。②については、「忘れない」ために「一問一答」形式の問題集を活用することをおススメします。③については過去問と正面から向き合う必要が生じます。過去問演習では、「○○年度に出題されたからもう出題されないだろう」とか、「○○の分野は頻度が高いから、今後も出題されるだろう」といった「予想」や「希望的観測」を排除しましょう。合格を確実なものにするためには、どの時代・分野が出題されてもボーダーを超える実力を養う必要があります。そして、過去問演習で発見できた課題を、着実に克服していきましょう。

<以下WEB限定>

過去問を解く特にまず習得すべきは、問題のレベルや形式です。たとえば、①論述問題の有無、②時間配分は(足りるか不足するか)、③記述かマークか、④史料問題の有無、⑤視覚資料を用いた問題の有無、などです。

次に問題のレベルです。①教科書本文のレベルで対応できるか、②脚注やグラフ・表のキャプションまでみておく必要があるか、を確認しましょう。

復習するときにはミスの分析をしましょう。たとえば、①全くきいたこともない知識が問われたのか、②既習だったけれども得点に結びつけることができなかったのか、③完全に理解していた事項であり、単なるケアレスミスだったのか、など分析する必要があります。①であれば、(a)知っておくべき情報なのか、(b)知らなくてもよい(一般的な受験生がみな正解できない問題なのか)、を区別しておく必要があります。ですが、(a)なのか(b)なのかは、受験生にとって判断しにくいですよね。だからこそ、過去問演習が必要なのです。10年に1度しか出題されないような設問が、「たまたま」出題されたのか、教科書にはあまりみられない記述でも、比較的常識的な知識なのか…それを受験生が判断するのは困難です。

日本史学習の中心は「教科書」が基本

近年の入試のシーンや、教養的側面から考えても、近現代史からスタートさせることをおススメします。近現代史では、入試で出題される、されないに関わらず学習で得た知識が将来的に、ビジネスシーンをはじめ、さまざまな場面で役立つでしょう。

学習の中心は、もちろん教科書です。教科書ほど簡潔に、そして、今日までの研究成果を的確に反映した教材はありません。まずは教科書に対する認識を変えていきましょう。

歴史は、自らの人生を豊かなものにするために学んでいるといってよいでしょう。教科書は、おもしろおかしく、極端にいえば史実を脚色したような「読み物」ではありませんが、最新の研究を反映した「教科書」を読みこなせるようになることが、大学でさまざまな分野の研究に従事するみなさんにとって、最低限の素養を身につけるためのスタートになるといえるでしょう。

<以下WEB限定>

時代は常に変化していきます。ある分野で専門性を高めてエキスパートになったとしても、その専門性は不要になる時代がくるかもしれません。でも恐れる必要はないと思います。ある分野で専門性を高め、エキスパートになった人は、尋常ではない努力をした人です。その努力はすぐに別の分野でも活かされて、あらたな道を切り開けるでしょう。

つまり、大学受験を、自らに負荷を与え、努力する自分を養う機会にしてほしいのです。もしかすると、努力が実らないことがあるかもしれません。でも、大事なのはそこに至るプロセスです。その努力は自分の将来を想像もできないくらい、明るいものにしています。

大学受験の経験を、「人生でこれ以上努力したことがない」と思えるようにしてみましょう。本番を終えたとき、結果にかかわらず、きっと「ここまで努力できたのだから、可能性は無限大だろう」と思えるはずです。本番までの努力は自らの可能性を無限大にする…このことを忘れずに地道な努力を続けてください。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!