TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

英語 森田鉄也先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

英語 森田鉄也先生

TOEIC関連著書多数。TOEFLやIELTSなどの世界基準の英語を教授するため、日々研鑽。アメリカ・カナダ留学に加え、アメリカではビザ代行サービス会社で社長秘書として通訳等、海外で働く経験を重ね、予備校講師へ。世界に通ずる英語力、海外生活での体験から、見識を広めることができる講義は必見。発音にもとことんこだわる。TOEIC L&R 990点満点(70回)、TOEIC S&Wテスト各200点満点、英検1級、英単語検定1級、英語発音検定満点、TEAP満点、GTECCBT満点、国連英検特A級、ケンブリッジ英検CPE、通訳案内士(英語)、TOEFLiBT115、IELTS 8.0

過去問と向き合い客観的に見極めて学習を継続しよう

高3生はセンター試験まで100日を切り、焦っている人も多いのではないでしょうか? これが最後のセンター試験です。失敗するわけにはいきません。

まずは読解問題での失点を防ぎましょう。自分の志望校に受かるにはセンター試験でどのくらいの点が必要なのかと考えた時、読解パートの比重の大きさに気がつくはずです。まずはここで点数を落とさない確実な読解力を身につけましょう。その後、文法語法の知識を再確認し、発音アクセント問題も落とせない人は直前期でいいので取り組みましょう。センター試験は何と言っても時間との戦いですから、読解にきちんと時間が取れるように、どの大問から解答していくのが自分にとって最も効率が良いのかを過去問演習しながら研究しましょう。

この時期は志望校の過去問演習が学習の中心になっていると思います。そんな皆さんには過去問を演習する際に意識してほしいことがいくつかあります。①出題形式を確認。出題形式を知らずに受験するのは危険です。傾向と対策を把握しておきましょう。②時間配分の確認。どの大問・出題形式にどれだけ時間がかかるのかチェックしましょう。③解答根拠をハッキリさせておく。メモを取ったり、問題用紙に印をつけたり解答に至ったプロセスがわかるようにしておきます。④答え合わせは根拠の確認を。丸付けをして正答数や得点率ばかりに注目しがちですが、なぜ間違えたのか、どうすれば正解出来ていたのか解答の根拠をきちんとチェックすることを忘れないようにしましょう。④のプロセスをスムーズにするために③は不可欠です。

不安に押しつぶされそうになる時期ですが、きちんと過去問に向き合い、自分に何が欠けているのか、どうすればより点数を上げられるのか客観的に見極めて学習を継続していきましょう。

<以下WEB限定>

不安で学習が手につかない人は勉強のルーティンを作っておきましょう。通学中に英単語をやる・この時間に長文をやるといった、日々の行動と学習を紐付けしてルーティン化しておくと、やる気がないときでも勉強が出来るということがよくあります。英語に限らずぜひ実践してみてください。

どんな試験にも対応できる基礎力の育成が大事

高2生・高1生は、共通テストや4技能試験のことを心配している人も多いでしょう。しかし、どのような試験においても基礎力の育成が大事になります。単語を知らなければ、読むことも聞くこともできません。ましてや書いたり話したりすることができないのは言うまでもありません。まずは、単語を覚えてください。

ただし、4技能試験のために、使い方も覚えることを忘れないでください。日本語訳を記憶するだけでなく、その単語がどういった単語と一緒に用いられるのか(相性)も覚え、書くとき話すときに使えるようにしてください。つまり、フレーズも覚えるということです。フレーズ単位で読む、聞く、話す、書くことができるという力を養いましょう。

また、文法では単元別の学習をきちんと終わらせるよう心がけましょう。共通テストや4技能試験では文法知識自体を問う問題は少ないですが、書いたり話したりするためには文法知識は不可欠です。志望校によって細かい学習内容は変わって行きますが、英語は必須科目です。高2・高1の段階で(なるべく早めに)ひと通りの文法単元(時制・準動詞・関係詞など)の学習は終わらせましょう。

学習計画を立てるときに前述のことを意識するのももちろんですが、英検やGTECといった4技能試験の出題形式を実際に受験をして把握しておく必要があります。高3になっていきなり本番に臨むのではなく、高2・高1の段階から受けておき、試験慣れをしておきましょう。

入試が変わる最初の学年ということで不安を抱えている人も多いですね。特にスピーキングの勉強をやらなければいけないことを嘆いている人が多いです。しかし、今まで話し方を習わず、適切な訓練をしてこなかっただけなんです。きちんと学習していけばきちんと力はつきます。

<以下WEB限定>

英語を話せるに越したことはありません。旅行や研究発表など学生段階でも英語が話せれば得する場面が多々あります。はじめから自分には出来ないと諦めるのではなく、はじめの一歩を踏み出してほしいです。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!