TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

古文 富井健二先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

古文 富井健二先生

入試に必要不可欠な、古文単語と古文読解を“ビジュアル”解説。基礎から応用まで難なくマスターさせ、古文が読めない受験生を根絶させる実力熱血講師。古文を簡単明瞭に解き明かし、速読の秘訣や古文特有の「教養」を伝授していく授業は、毎回受講生をうならせる。

「どこで間違えたのか」を具体的にする

いかに冷静に対策を立てるかが合格のカギ。(1)明らかに間違い(2)明らかに正しい(3)どちらか判別しづらい選択肢を3つに選別し、色分けします。(1)と(2)で間違えた場合はケアレスミス。(3)の場合は、内容を正確に把握できていないというレベルです。どこで間違えたのかを明確にすると、ミスが減り、消去法もどんどんうまくなりますよ。

センター試験の問1の古文単語は、文脈から意味を問うものが多く見られます。例えば、「をかし」には「趣がある、かわいい」だけでなく「妙だ」という意味もある。単語集を暗記するだけでは、太刀打ちできません。

問2の古典文法問題は正答率も高く、確実に正解したいですね。動詞・形容詞・形容動詞などの用言や助動詞・助詞などの付属語はもちろん、それらを総合的に問う識別問題、敬語、和歌の解釈問題は必ずおさえること。試験前日と試験後のアドバイスについては、ウェブ版を見てくださいね。

<以下web限定>

知識的な問1・問2で確実に得点できるようにする

紙面でも述べたとおり、センター試験の問1の古文単語は、単語集の赤字の部分がそのまま出るというより、文脈から意味を問う問題が多く見られます。例えば、「をかし」という単語が、「趣がある、かわいい」という赤字の意味だけではなく「妙だ」という意味で出題されることがあります。単語集をただ暗記するだけではセンター試験に対応できません。問1の短文解釈問題の3題について、単語の意味を覚えていなかったから解けなかったのか、または文脈から意味を想定できずに解けなかったのかをはっきりさせておくこと。

問2の古典文法問題は正答率も高いので、確実に正解したいところ。動詞・形容詞・形容動詞などの用言や助動詞・助詞などの付属語はもちろん、それらを総合的に問う識別問題、敬語、和歌の解釈問題は必ず穴のないように。

試験前日の心高ヲ:「無理な暗記より睡眠を」

センター試験は時間配分が大切なことは言うまでもありません。現代文、古文、漢文のうち、得意な科目は短時間で解き、残りの時間は苦手科目に回すなど、時間配分を意識して取り組みましょう。センター試験直前期に、調子の良い科目から順に解いていくのも得策です。それも手順に反映させましょう。前日は無理な暗記をしようとはせずに時間配分をしっかり決めてから、しっかりと睡眠をとるようにすること。受験票や筆記具などの確認も前日にやっておくこと。

センター試験後は長文読解から「精読」へ

センター試験では、長い文章を短時間で読みこなし、全体的なあらすじをつかむことが大事です。しかし、二次・私大試験の文章はセンター試験よりも短いことが多く、人間関係や思想など、しっかり細かい部分の理解まで求められますので、センター試験のようにざっと読もうとすると細部があやふやになってしまいます。センター試験後は過去問演習講座を活用して、センター試験型の長文読解から「精読」へと切り替えていきましょう。センター試験では出題されない文学史や古語の読み、記述対策も忘れずに!

単語と文法事項から勉強をスタート!

新高3生も新高2生も「直前に頑張れば何とかなる」という甘えを払拭し、早めのスタートを切りましょう。まずは、春休みまでに助詞・助動詞までを含めた文法事項を固めること。単語の重要な意味をしっかりおさえ、例文を参照すること。丸暗記で何とかなると思っていては、センター試験の問1の問題でさえ落としてしまいますし、長文問題も時間切れになる可柏ォがあります。

失敗した時、そこから対策を立てて一歩でも前に進もうとする人と、ダメージを受け自信を失ってしまう人がいます。君はどちらのタイプですか?1/16、17には「センター試験同日体験受験」がありますので、積極的に受験しましょう。結果がどうであれ、本番まで努力して成功する人は大勢います。これまでの学習計画を見直すため、ぜひ活用しましょう。

演習には、センター試験形式の類似問題集がおススメです。形式こそセンター試験ですが、幅広いジャンルの単語や文法を総合的に学習できますよ。

<以下web限定>

「センター同日体験受験」は、問1・問2をしっかり

まず仕上げてほしいポイントは、センター試験でいうと、問1の短文問題と問2の文法問題です。例えば短文問題については、単語の意味を文脈から読みとる必要があります。みなさんは古文単語を暗記でなんとかなると思っていませんか? 例えば、「かなし」という単語は「可愛い」という意味で出題されることが多いですが、文脈次第では「悲しい」という現代語に近い意味になることもあります。もちろんまずは暗記が必要ですが、例文を参照しながら文脈から読みとる練習をして、読解で使えるレベルに仕上げましょう。

この時期におさえておきたい分野(単元)

学校の教科書に載っている文章は良文が多く、文章そのものがセンター試験に出題されるわけではありませんが、良文を読み解くことはセンター試験対策に多いに役立つので手を抜くことなく取り組んでください。学校の単語テストも活用してほしいですね。学校の単語テストで出題されたものを、普段使っている古文単語集にアンダーラインをひいて、確認するようにしておくこと。

問題集に取り組む場合、まずはセンター試験形式の類似問題集に取り組むことをおススメします。センター試験の過去問は出題内容が割と偏っているのですが、類似問題集は形式こそセンター試験ですが、幅広いジャンルの単語や文法を総合的に学習できるからです。それを終えたらセンター試験の過去問に着手しましょう。

最後に新高3生も新高2生も「直前に頑張れば何とかなる」という甘えを払拭して、早めのスタートをきりましょう。まずは春休みまでに助詞・助動詞までを含めた文法事項を固めてください。また、何度も言いますが、単語は暗記していたら何とかなると思っていては、問1の問題でさえ落としてしまいますし、長文問題も時間切れになる可柏ォがあります。単語の重要な意味をしっかりおさえ、例文を参照しておきましょう。

現在、高校生の古文離れが問題視されています。物語のおおまかな内容がイメージしづらいと、いくら単語を覚えていても、なかなか得点に結びつかないことが多いんですよ。あらかじめ、便覧などであらすじを読んでおくとイメージがわきやすくなりますよ。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!