TOSHIN TIMES on Web
>
バックナンバー
>
学習アドバイス

英語 慎一之先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

英語 慎一之先生

関西の若手・実力講師が全国の受験生へ。君の夢を叶えるために、正しい「努力」の仕方を教えます。徹底した基礎修得から英語力をグイグイ伸ばし、最難関大学へナビゲート。予備校講師になるという夢を実現した慎が、今度は東進生の夢を実現。言葉に熱い想いと情熱を込めて、全国の生徒を90分間魅了する感動の授業! 慎が贈る、真の英語を君に伝授する!

演習量をこなし、ダミーの選択肢を分析する

センター試験本番では、前半のアクセントや文法で苦労する人が多いようです。まずは過去問演習講座で対策を。終えている場合は、予想問題集などで多くの問題をこなしましょう。

ポイントは、読解の問題に必ずあるダミーの選択肢です。不正解の選択肢が、なぜ間違いなのかを考えることで、ダミーの選択肢の成り立ちがわかり、見抜けるようになっていきます。例えば「all」や「never」などの単語を使用した、極端で強い表現には注意が必要。ダミーが見抜けると、問題の見方も変わってきます。量をこなしながら、自分で分析してみてください。

時間配分も大切です。英語の筆記の試験時間は80分。しかし、本番では緊張したり、普段より慎重になったりしてしまうことが想像できます。この時期の演習では70分、少しきつければ75分で終え、残り5~10分の余裕を持って、本番中にも見直しができるように意識してください。

<以下web限定>

時間は平等英語には毎日触れよう

もちろん他教科の勉強もたくさんあると思いますが、英語は毎日勉強しましょう。1日30分間、「今日は文法だけ」、「明日は長文だけ」というやり方でもいいので、とにかく毎日触れてください。

健康管理も大切です。夜中まで勉強するのではなく、朝型に切り替えていきましょう。精神的にも落ち込みやすい時期かもしれませんが、本番まで、受験生全員に与えられている時間は平等です。自信を持って、悔いのないよう本番に臨んでください。

「センター試験同日体験受験」で、まず敵を知ること

今はまだ、センター試験が少し先のことに感じられるかもしれません。だからこそ、ぜひ「センター試験同日体験受験」(1月14日~15日)にチャレンジしてほしい。なぜなら、問題の形式や難易度を体得して「敵を早く知る」ためです。

今のうちに実感しておけば、十分な対策ができます。また、ライバルに囲まれながら受験することで、普段の勉強とは異なる緊張感と臨場感を本番一年前に味わえるでしょう。目標点の目安は、難関国立大学・早慶以上なら、新高3生で140点以上、新高2生で120点以上です。

長文読解に比重を置くことは重要ですが、まずは基礎である単語と文法を理解して覚えましょう。東進生には、僕の『難度別システム英語 文法編Ⅳ』の講座をおススメします。覚えるべきポイントがまとめられた付録つきです。講座で文法を正しく理解し、同時に高速基礎マスター講座も活用して、今のうちから語彙力を強化していきましょう。

<以下web限定>

とにかく語彙力をつける

今から始めて自信にしていこう

「英語ができない」と悩んでいる生徒を分析すると、「語彙力がない」のが圧倒的です。「高3生になったら…」ではなく、今から単語を覚えていきましょう。語彙力がつくことで、成績は確実に伸びます。

東進生は、「高速基礎マスター講座」を完全修得しましょう。修得後に、My単語や単語帳で再確認をしながら、その1冊の7~8割を修得できれば、問題の理解度はもちろん、解くスピードも速くなり、自信がつきます。さらに、早期に英語で余裕ができれば、他教科を勉強する時間も確保できるようになるのです。

バックナンバー:

絞り込み検索: