TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

英語 慎一之先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

英語 慎一之先生

関西の若手・実力講師が全国の受験生へ。君の夢を叶えるために、正しい「努力」の仕方を教えます。徹底した基礎修得から英語力をグイグイ伸ばし、最難関大学へナビゲート。予備校講師になるという夢を実現した慎が、今度は東進生の夢を実現。言葉に熱い想いと情熱を込めて、全国の生徒を90分間魅了する感動の授業! 慎が贈る、真の英語を君に伝授する!

センター試験は 「これまで通りの自分」で臨む

センター試験本番までは、1日1点でも得点をアップさせるためのラストスパート期間です。自分が苦手な分野をもう一度チェックしてください。例えば、第1問の発音・アクセントなら、発音とアクセントのルールを再確認するだけでも解答を絞り込むのに役に立ちます。今は新しいことをするより、過去問や模試の見直しが効果的です。特に、センター試験特有の不要文の削除問題などはピンポイントで対策しておきましょう。

もう一つのポイントは時間配分。本番と同じ80分で設定すると、実際の試験で時間が足りなくなってしまうもの。普段の演習ならスラスラ進めても、本番では慎重に解くためペースが遅くなります。できれば5分~10分前に解答できるように練習してください。

問題を頭から進めていくのは間違いではありませんが、慎重に解きすぎた結果、「まだ第4問なのに時間があと10分しかない!」と焦ってしまう人がいます。試験本番では、自分の決めた「解く順番」を明確にして臨むほうがいいでしょう。これまでやってきた通りに取り組んでください。

試験前日の心構えとしてお伝えしておきたいこと、それはけっして「気持ち」で負けてしまわないこと。受験を楽しむくらいの気持ちに切り替えましょう。君が難しいと感じる問題は、試験会場のみんなが難しいと感じているはずです。試験監督が「解答をやめてください」というまで諦めないでください。

自分の経験上、休み時間に「落ち着いて解く」「できる」と自分に言い聞かせ、暗示をかけるのも有効です。それでも焦ってしまうときにはこれまでのアドバイスを思い出してください。あの授業で、あの先生はどう話していたか、先生ならどう解くか、を考えましょう。先生の口癖でも結構。いつもの自分のペースを思い出せるはずです。

<以下Web限定>

【センター受験後は気持ちを切り替える】

センター試験がうまくいけば、振り返らずに二次試験に突っ走れます。でも、うまくできなかった人は、その気持ちを引きずってしまうとこれから受ける試験で実力が出せません。そうならないためには、これまで解いたことのある長文などの問題を解きましょう。もう一度やって解答を思い出すことで、自分の解答のプロセスを思い出せます。得点が伸び悩んでいる人は、自分の解き方、考え方を再確認しましょう。自分の解法プロセスがわかれば、新しい文章が出てきても同じことをやるだけです。実力をすべて発揮するためにも、本番の些細なミスは要注意です。自分が導いた解答を見直し、マークミスや漢字のミスなどがないかしっかりチェックしてください。

とにかく「自分は受かる」という気持ちを維持しましょう。合格する生徒に共通するのは、最後まで諦めないこと。東進で頑張ってきた実力をすべて発揮できれば、結果はついてきます。入試は最後まで何が起こるか予測できません。「絶対に受かる!」という気持ちで挑むことです。

「センター試験同日体験受験」は 点数より弱点を知ろう

「センター試験同日体験受験」は、多くの新高3生・新高2生にとって初めてセンター試験の本番を実感できる機会だと思います。大事なのは、どこが弱いかを明確にすること。文法ができていないとか、長文が読めないなど、分野ごとにしっかりと把握しましょう。第1・2問ができていなければ、「高速マスター 基礎力養成講座」などを活用して早いうちに克服してください。

長文で得点を落としているなら、解法プロセスを理解しましょう。そもそも本文が読めていないのか、選択肢の意味が読み取れていないのか、それとも問われている該当箇所がわからないのか。解説授業などを受けてしっかり分析します。模試の得点が上位の人もいますが、大半の人は100点~120点というレベルだと思います。今ここで点数を気にするより、弱点を把握して今後の方針を立てる方が、受験のためにはずっと有効です。復習はしっかり、受験勉強は1日でも早くスタートさせ、弱点をクリアしていきましょう。

この時期に押さえたいこととして、読解に関わる関係詞、接続詞、さらに不定詞と動名詞、分詞。これらを押さえておかないと、英語の学力は伸びていきません。まずは、文法をしっかりとやり込むこと。「センター試験本番レベル模試」で満点はなかなか難しいですが、10問中8問は解けるレベルを目指しましょう。

英文読解が苦手な人の共通点として、「カタマリ」として見られないことがあります。文を「カタマリ」で意識する、前から読んでいく、音読+演習を繰り返す、この3つをしっかりマスターしてください。4月の受験学年になる前の早い段階でやっておきましょう。

 それから、語彙力も大事なポイント。高3の時点で語彙力がないと受験勉強が厳しいので、今のうちから着実に語彙を増やしていきましょう。

<以下Web限定>

【毎日英語に触れ、習慣化を】

英語で早くから志望校の目標点数に到達できるようになるには、高1、2生の基礎固めが大切です。得意科目と言わないまでも、ある程度得点できるように、この時期集中的に取り組んでください。ただやみくもに進めてもすぐ投げ出してしまいます。今の生活リズムのなかに、無理のないスケジュールで毎日少しずつでも英語に触れ、習慣化しましょう。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!


バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?
世界で活躍するリーダーを目指す東進生諸君へ。
世界は、結構カンタンに近くなる。