TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
学習アドバイス

日本史 山中裕典先生の学習アドバイス

バックナンバー:

絞り込み検索:

日本史 山中裕典先生

長年に渡り膨大な量の論述答案を添削してきた経験から、生徒の理解度を完全把握。それに基づく論述式問題の指導・対策により、東大をはじめとする難関国公立大への合格者を多数輩出。構造図を多用した独自の図解板書で歴史の仕組みや構造を描き出し、歴史の本質に迫る講義は、見るもの全てを魅了。歴史用語の丸暗記では得られない、深い理解と真の実力が身につくことを必ず約束する。

ヤマを張らず、時代の確認を最後まで!

センター試験は、すべての時代と分野がまんべんなく出題されます。今の時期は、得意分野を伸ばすことよりも、苦手分野を少しでもなくすことが大切です。ただ、すべての分野に穴がないようにするのは、時間に限りがあるため難しいでしょう。今まで自分があまり触れてこなかった分野をリストアップして、その中から1つでも多く、着実に習得していくようにしましょう。そうすることで、1日1点アップにもつながります。

また、出来事の時代感覚が問われるのも、センター試験の特徴です。試験前日も、ヤマを張るようなことはせず、日本史の全体的な流れが頭に浮かぶようにしておくことが大切です。私が授業で強調しているように、年表上の位置を意識しながら出来事の時代を確認したり、あるいは今まで問題集で覚えてきた歴史用語や、教科書の項目と基本的な用語などを、時代を意識しながら確認しておきましょう。

<以下web限定>

センター試験後は、すぐに二次・私大対策へと頭を切り替えること。国公立であれば論述式問題、私立であれば難易度の高い正誤問題を中心に、過去問を解いていきましょう。出願校決定に時間を取られがちですが、これまでセンター試験対策に集中していたために鈍っていた勘を、一刻も早く取り戻してください。

「冷静に判断」し、「大胆に決断」することは、受験においてだけでなく、これから生きていく上でも様々な場面で大事になってきます。これらを是非心に留めて受験に臨んでほしいと思います。

「文化史」を早めにおさえておこう

「センター試験同日体験受験」は、点数は気にせず、「まだ自分が手をつけていないために得点できなかった」時代や分野を発見する良い機会だととらえましょう。また、既習分野にもかかわらず得点できなかった部分については、「理解が不足しているのか」「解法が使えず解けなかったのか」を分析して、今後の学習に生かしましょう。

「文化史」は、覚えれば得点できる分野なので試験直前に回しがちですが、丸暗記してもすぐ忘れてしまうので、長い期間をかけてマスターすることが重要です。浪人生と現役生で圧倒的に差が出るのが「文化史」です。理解してから覚えるというよりも、ある程度重要事項を覚えたうえで、政治・社会などとの関連、時代の推移による文化の特徴の変化などを把握すれば、理解が深まり、定着させていくことができます。直前に慌てないためにも、早めに手をつけておくことをおススメします。

<以下web限定>

日本史学習において大切なのが、「忘れない」ということです。試験範囲は、教科書400ページ以上に及びますから、「覚える」のは当然として、「忘れない」ためにどうしたら良いのかを意識してください。奇を衒(てら)わず、語呂合わせだけに頼らずに、自分でじっくり時間をかけて理解し覚えていくこと。努力すれば必ず力がつくのが日本史です。センスは必要なく、日本史に触れる経験をどれだけしたかが実力の差となってあらわれるんですよ。

バックナンバー:

絞り込み検索:

大学への資料請求はこちら!