>
>
2015年02月01日号 16面
  • 東進タイムズ 2015年02月01日号 16面

高1の今 受験勉強スタートで、センター試験本番44.8点差!

先輩たちの受験が本格化している2月、来年に向けて多くの新高3生がすでに受験勉強を始めている。「受験勉強の開始時期が合否を大きく左右する」と重ねて紙面でも伝えてきたが、受験勉強のスタート時期はいったいどの程度成績に影響してくるのだろうか。また、いつから開始すれば良いのだろうか。

そこで今回は、高1で受験勉強をスタートした受験生と高2、高3から受験勉強を始めた受験生の成績を比較してみた。その結果をさっそく紹介しよう。

スタート時期の差が決定的な差を生む!

受験勉強スタート時期は、どのくらい成績に影響を与えるのだろうか。

資料1

資料1は、受験勉強の開始時期別(高1の1~3月:高1スタート、高2の1~3月:高2スタート、高3の4月以降:高3スタート)に、東進の「センター試験本番レベル模試」の成績推移とセンター試験本番の結果を調べたものである。

その結果は、高1スタート組もスタート時点の平均点は253.6点であったが、グンと成績を伸ばし、センター試験本番には417.1点となった。高2スタート組は274.8点からスタートして順調に成績推移し、395.1点まで伸ばした。

一方、高3スタート組は急ピッチに追いあげていくものの、最後まで高1、高2スタート組に追いつくことはなかった。

スタートの差で合格可能性50%から80%へ

資料2

次に、5教科7科目(文系は6教科)の平均点を調べた(資料2)。結果は、高1スタート組と高2組の差は18.5点、高3組とは44.8点の得点差であった。資料1で判明した3教科の得点差と同様に5教科でも得点差が生じていた。

これをセンター試験の合否判定ライン(東進調べ)に当てはめると、大学によって多少の違いはあるが、高1スタート組がA判定(合格可能性80%)なのに対して、高3スタート組はC判定(合格可能性20%~49.9%)に。つまり、それほどの違いを生み出す差となる(資料3)

資料3

スタートを切るのに早すぎることはない。新高3生はもちろん新高2生も、まずは今月22日(日)実施の「第1回 2月センター試験本番レベル模試」を受験して、今の実力と目標までの距離を確認しよう!

最新ニュース

京都大学は6月17日に「特色入試選抜要項」を公表した。令和3年度から、AO入試は特色入試選抜に名称を変更して行われる。特色入試は、能力、学ぶ意欲、志を多面的に評価する同大学独自の選抜方式で、学力・調査書に加え高校時代の学業報告書や「学びの設計書」も評価対象となる。「学びの設計図」とは、高校での活動内容から京大で何を学びたいか、卒業後どういった職業に就きたいかといった、志願者の将来設計を描いた書類を指す。なお、募集要項は、7月下旬頃に同大学Webサイトにて公表予定。詳細は、京都大学のウェブページから。〔2020/06/24 東進タイムズ〕
  • 2020/06/24

京都大学 「特色入試選抜要項」を掲載

京都大学は6月17日に「特色入試選抜要項」を公表した。令和3年度から、AO入試は特色入試選抜に名称を変更して行われる。特色入試は、能力、学ぶ意欲、志を多面的に評価する同大学独自の選抜方式で、学力・調査書に加え高校時代の学業報告書や「学… →もっと読む

北海道大学は5月20日に「令和3年度 総合型選抜案内」を公表した。令和3年度から、AO入試は総合型選抜に名称を変更して行われる。総合型選抜は受験生の能力や資質を多面的に評価する入試制度で、学力を含めた多様な個性・能力・資質・適性・目的意識や意欲を、提出書類、課題論文及び面接等で総合的に評価される。出願は10月上旬に開始予定。詳細は、北海道大学のウェブページから。〔2020/05/27 東進タイムズ〕
  • 2020/05/27

北海道大学 「総合型選抜案内」を掲載

北海道大学は5月20日に「令和3年度 総合型選抜案内」を公表した。令和3年度から、AO入試は総合型選抜に名称を変更して行われる。総合型選抜は受験生の能力や資質を多面的に評価する入試制度で、学力を含めた多様な個性・能力・資質・適性・目的… →もっと読む

立命館大学は2020年5月19日に立命館創始150周年、学園創立120周年の記念日を迎える。それに伴い、立命館大学教養教育センターが主催する記念シンポジウムが、2020年5月24日にストリーミング配信で開催されることとなった。社会の変化が目まぐるしい今日、あなたがどう生きるかが問われている。パネルディスカッションを通じて、研究の世界を覗いてみよう。進路選択の手助けになるかも知れない。シンポジウムは参加費無料の事前予約制で定員500名。当日は、東京大学先端科学技術研究センターの熊谷晋一郎准教授や、東京工業大学の上田紀行教授など文系・理系両分野の教授が登壇する。東西の研究者の知の終結があなたの価値観をときほぐす!この時代・社会に生きるための「知性」とは何か考えてみよう。 開催日 5月24日(日)14:00~ 参加費 無料 開催方法 ストリーミング配信・事前予約制 申込締切 5月20日(水)23:59詳細は、立命館大学のウェブページから。〔2020/05/14 東進タイムズ〕
  • 2020/05/14

立命館大学 創立120周年記念シンポジウム ライブストリーミング開催決定

立命館大学は2020年5月19日に立命館創始150周年、学園創立120周年の記念日を迎える。それに伴い、立命館大学教養教育センターが主催する記念シンポジウムが、2020年5月24日にストリーミング配信で開催されることとなった。社会の変化が目まぐるし… →もっと読む

英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は24日、世界大学ランキング 日本版を発表した。4回目にして東北大が初めて総合1位となり、京都大が2位、東京大学と東京工業大学が同率で3位となった。世界大学ランキングでは研究力が重視されるほか、日本版では教育の充実度や成果、国際性などが重視されている。東北大では国際性が重視され、東工大では国際性のほか、教育の充実度などが評価され、昨年から大きく順位を上げた。詳細は、「THE世界大学ランキング日本版2020」のウェブページから。〔2020/03/26 東進タイムズ〕
  • 2020/03/26

世界大学ランキング 日本版 東北大学1位、東京大学3位

英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は24日、世界大学ランキング 日本版を発表した。4回目にして東北大が初めて総合1位となり、京都大が2位、東京大学と東京工業大学が同率で3位となった。世界大学ランキングでは研究力… →もっと読む