>
>
2015年03月01日号 16面
  • 東進タイムズ 2015年03月01日号 16面

難関大合格者に聞きました!高2の3月までに「志望校決定」が多数派

年初に立てた目標に向けて計画は順調に進められているだろうか。2015年も2ヵ月が過ぎたが、進級までの1ヵ月間はチャンスだ。勉強や部活への取り組み方を改善する、あるいは将来の夢を考えるなど、今できることに全力で取り組んでほしい。

今号では、難関大に現役合格した先輩たちが、いつまでに志望校を決定していたかをその理由とともに紹介しよう。

志望校決定時期「高2の3月まで」69.4%

まずは資料1を見てほしい。これは、昨年度の難関大受験者の志望校決定時期を調査した結果である。

資料1

これによると、現役合格者の69.4%が高2の3月までに志望校を決定していた。さらにこの受験者に受験勉強開始時期を聞いたところ、約8割が「高2の3月までにスタートした」と答えている。つまり、志望校を早期に決定していた合格者は志望校決定とほぼ同時に受験勉強を開始していたと考えられる。人は目標ができれば、その目標に向かって走り出す、いわば「目標自動達成装置」を持っていると言われるが、受験においても同じと言えよう。

4月までの1カ月間は、志望校をじっくり考えるチャンスだ。今の学力からではなく、将来やりたいことから逆算して大学で何を学びたいのかを考えてほしい。

気になる大学については、東進の大学案内や『新大学受験案内』(東進ブックス)で難関大に通う先輩たちの体験記を読み、イメージを具体化するのもおススメだ。

難関大合格者の志望校決定理由1位「学べる内容・カリキュラム」

資料2

次に、難関大合格者に志望校決定理由を聞いてみた。その結果、1位は断トツで「学べる内容・カリキュラム」であり、続く第2位が「キャンパス・学生の雰囲気」、第3位が「設備・立地」であった。

難関大合格者は、進学先を大学名で決めるのではなく、学べる内容を考えたうえで大学を選ぶ傾向にあるようだ。

もし、「まだ大学で何を学びたいか具体的に決まっていない」「大学や学部の違いがよくわからない」という場合は、先輩たちが志望校を決めた理由を参考にしてほしい。

また、自分はいったい何に興味があるのか、将来の夢は何か、夢に向けてどのようなことを学びたいのか、しっかり考えてみよう。 

【データについて】

対象大学:
東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京医科歯科大学、東京工業大学、一橋大学、東京外国語大学、早稲田大学、慶應義塾大学

有効回答数:
691件(2014年に受験した現役生のみ、高卒を含まない)

最新ニュース

  • 2019/12/13

文部科学省 大学入学共通テストの記述式問題見送りへ

大学入学共通テストにおける国語・数学の記述式問題について、文部科学省が2021年1月の実施を見送る方針を固めた。詳細については、来週にも萩生田文部科学大臣が説明する見通しだ。〔2019/12/13 東進タイムズ〕 →もっと読む

  • 2019/12/09

大学入試センター 「受験上の注意」を掲載

大学入試センターは、令和2年度大学入試センター試験の「受験上の注意」「試験問題冊子の注意事項等について」「解答科目欄の不適切なマーク例」をウェブページに掲載した。「受験案内」と合わせてよく読み、落ち着いて試験が受けられるように徐々… →もっと読む

  • 2019/12/06

大学入試センター 令和2年度大学入試センター試験の志願者数を公表

大学入試センターは、令和2年度センター試験の志願者数を発表した。志願者数は前年度より19,132人減少の557,698人、高等学校卒業見込者(現役生)のうちセンター試験に出願した者の割合は、前年度より0.7ポイント減って43.3%となった。また、セン… →もっと読む

  • 2019/12/06

文部科学省 大学入学共通テスト記述式問題導入について今月中に結論

大学入学共通テストにおける国語・数学の記述式問題の導入について、5日(木)、公明党が見直しや延期を検討するよう文部科学省に提言した。これを受けて萩生田文部科学大臣は、慎重に検討し年内に結論を出す考えを示した。〔2019/12/06 東進タイ… →もっと読む