>
>
2015年10月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2015年10月01日号 1面

君はあと何点伸びるか!?

 今月1日からセンター試験の出願も始まり、いよいよ受験までのカウントダウンが始まった。

 今号では、秋からセンター試験本番までに、どの科目がどれだけ伸びるのかを、昨年の受験生のデータをもとに分析した。「現役生は試験直前まで伸びる」ことを確認し、1分1秒も無駄にせず、集中して学習に取り組んでほしい。

選択科目はまだまだ伸びる!

受験生は、あと100日でどれくらい成績が伸びるのだろうか? 

まず現役合格した先輩たちの秋から入試本番までの成績の伸びを分析した。その結果が資料1である。

資料1

これによると、最も得点の伸びが大きいのは、地歴公民の15.5点、得点率も15.5%と最大であった。さらに数I・A、数II・B、理科の伸びも得点率で10%を超えていた。「現役生は試験直前まで伸びる」ことの証明と言えよう。

合格した先輩たちは、英語・国語など主要科目を中心に、夏までにある程度仕上げておき、秋からは数学と選択科目の対策をしっかりと進めることで総合得点の底上げをしていたようだ。

得意科目は二次・私大対策を進めつつ、苦手科目や対策が十分でない選択科目は、得点を伸ばすチャンスととらえ、集中して学習に取り組もう。

科目別に学習計画を立て、「量と質」を高める!

更なる得点アップを狙うには何をすればよいだろうか? そこで、得点を伸ばした合格者と伸ばせなかった不合格者をグループにわけてその違いを調べた(資料2)。

資料2

前段で紹介したとおり、合格者は秋以降に数学と選択科目の得点を大きく伸ばしていたが、数I・A、数II・B、化学、地理をみると、2つのグループの過去問の演習量に大きな開きがあった。合格者の方が不合格者のグループよりも実施年数を上回っていたのだ。このことから「量」の確保は欠かせないことがわかる。

また「質」を高めるため、すでにセンター得点率8割を安定して達成できている科目は、二次・私大対策を積極的に進めてほしい。得点率6割程度の科目は8割に向けて、基礎と苦手箇所の見直しに取り組みたい。6割未満の科目は盤石な土台作りを目指そう。焦って過去問ばかりに取り組むのではなく、基礎知識の徹底修得と出題範囲の修了も並行して行おう。

[データについて]

 ※資料1の対象:2014年8月の「センター試験本番レベル模試」と2015年度「大学入試センター試験」を両方受験し、かつ国公立大学、早慶上、理明青立法中、関関同立を受験した高3生。
※両試験の得点差を得点の伸びとした。ただし、8月に得点率が9割を超えていた科目は集計から除いた。
※資料2の対象:2015年度入試で国公立大学を受験した高3生。
※過去問演習量は、東進の「過去問演習講座センター対策」の演習を同じ年度を1年分として集計した。

最新ニュース

東北大学では、受験生とその保護者を対象とした進学説明会・相談会を6月から7月にかけて主催する。場所は札幌・静岡・東京・大阪の4ヵ所。説明会では、学部別の講演会、入試解説、学生による大学紹介があり、個別相談のコーナーも設けられる。札幌・静岡では筑波大学と新潟大学、大阪では筑波大学の説明会も同時開催されるので、ウェブページでプログラムを確認し、希望の大学・学部の時間帯をしっかりチェックして赴こう。開催概要札幌日時:6月10日(日)12:30〜16:50会場:さっぽろ芸術文化の館 3階(北海道札幌市中央区北1条西12)静岡日時:6月24日(日)12:30〜16:50会場:グランシップ 10階・11階「会議ホール風」(JR東静岡駅隣接 静岡県静岡市駿河区東静岡2-3-1)東京日時:7月16日(月・祝)12:30〜16:50会場:学術総合センター 1階・2階(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)大阪日時:7月21日(土)12:30〜16:50会場:グランフロント大阪 タワーC 8階 カンファレンスルーム(JR大阪駅前)参加方法開催日の1週間前までにウェブページから申込。参加費無料東北大学 進学説明会・相談会に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/05/21 東進タイムズ〕
  • 2018/05/21

東北大学 進学説明会・相談会を開催

東北大学では、受験生とその保護者を対象とした進学説明会・相談会を6月から7月にかけて主催する。場所は札幌・静岡・東京・大阪の4ヵ所。説明会では、学部別の講演会、入試解説、学生による大学紹介があり、個別相談のコーナーも設けられる。札幌… →もっと読む

東京大学の本郷地区キャンパスで5月19日(土)、20日(日)の2日間、第91回「五月祭」が開催される。毎年約15万人もの来場者数を誇る、国内屈指の大規模学園祭だ。東大ならではのアカデミックな学術企画をはじめとして、「観る」「聴く」「味わう」「体験する」「学ぶ」の5つのカテゴリで楽しめるプログラムは800を超える。東大が放つ個性と熱気の渦に、昂然と飛び込んでみよう!東京大学 五月祭を開催に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/05/14 東進タイムズ〕
  • 2018/05/14

東京大学 五月祭を開催

東京大学の本郷地区キャンパスで5月19日(土)、20日(日)の2日間、第91回「五月祭」が開催される。毎年約15万人もの来場者数を誇る、国内屈指の大規模学園祭だ。東大ならではのアカデミックな学術企画をはじめとして、「観る」「聴く」「味わう… →もっと読む

京都大学を中心とする関西の6つの大学と民間企業が、女子中高生を対象に理科実験教室などを行う「女子中高生のための関西科学塾」を7月から来年3月にかけて開催する。プログラムは6つの日程からなり、全部でも一部の日程だけでも参加が可能。最終回は1泊2日で実験や発表も行う。有名大学がこぞって研究の現場を公開する好評企画。得意・苦手にかかわらず、純粋に科学の楽しさに浸ろう。開催日2018年7月22日(日)、8月2日(木)、10月14日(日)、11月18日(日)、12月8日(土)、2019年3月16日(土)〜3月17日(日)開催場所京都大学、神戸大学、大阪大学、大阪府立大学、大阪市立大学、奈良女子大学、株式会社クボタ申込方法関西科学塾ウェブサイトの申込フォームから申し込み申込期間5月18日(金)〜6月18日(月)プログラム7月22日(日)「身近なロールモデルと気軽に話そう!」(京都大学)8月2日(木)「練習船をシミュレーションで体験!」(神戸大学)10月14日(日)「大学の研究を体験!」(大阪大学、大阪府立大学、大阪市立大学)11月18日(日)「大学の研究を体験!」(奈良女子大学)12月8日(土)「科学で広がる世界を見よう! 科学の現場で働く女性技術者と交流しよう!」(株式会社クボタ)2019年3月16日(土)〜3月17日(日)「実験の背景にある原理現象を理解!」(京都大学)京都大学 女子中高生のための関西科学塾に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/05/11 東進タイムズ〕
  • 2018/05/11

京都大学 女子中高生のための関西科学塾を開催

京都大学を中心とする関西の6つの大学と民間企業が、女子中高生を対象に理科実験教室などを行う「女子中高生のための関西科学塾」を7月から来年3月にかけて開催する。プログラムは6つの日程からなり、全部でも一部の日程だけでも参加が可能。最終… →もっと読む

東京大学は4月27日(金)、ウェブページに「東京大学の入学者選抜に関する考え方について―平成32年度(平成33年度入学者選抜)以降における入学者選抜方法の検討について―」を掲載した。平成32年度以降の入学者選抜で英語認定試験を利用することについて、これまで慎重な姿勢を見せていた東京大学だが、国立大学協会が発表した基本方針とガイドラインに従って、具体的な活用方策の検討に入ることになった。その結果については、今後改めて公表するという。東京大学 「入学者選抜に関する考え方について」に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/05/02 東進タイムズ〕
  • 2018/05/02

東京大学 「入学者選抜に関する考え方について」を発表

東京大学は4月27日(金)、ウェブページに「東京大学の入学者選抜に関する考え方について―平成32年度(平成33年度入学者選抜)以降における入学者選抜方法の検討について―」を掲載した。平成32年度以降の入学者選抜で英語認定試験を利用することに… →もっと読む